トイデジカメ・トイデジのレビュー及び作例を中心に、Tips集やニュース記事を掲載。人気機種・おすすめ機種の比較検討にもどうぞ。

Stroller - トイデジカメレビュー&作例ブログ

リンク
PickUp!

ドーナツカメラ


GIZMON NULL iCA


BONZART Lit




BONZART AMPEL


Vivitar ViviCam T135


Vi-You CJ-0523


Eazzzy Rotatory Camera


Kenko DSC mini


FUUVI Bee


GIZMON iCA




GIZMON iCA MILITARY


GH-TCAM30P






minimo-x


GH-TCAM30C


FUUVI PICK


Vivitar ViviCam 8027


VitaQuest VQ1015 R2





VQ5090 Aqua Pack


VitaQuest VQ5090


VitaQuest VQ1015 Classic


カテゴリ一覧
--年--月--日 --時--分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第回

スポンサーサイト

カテゴリ● スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年02月24日 21時15分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第759回

GIZMON iCA5 を iPod Touch 5G で使ってみました

カテゴリ● Tips集 関連タグ● 機材
先日、「GIZMON iCA5 fot iPhone5」をレビューした際に、ふと思いました。
「iCA5ってiPhone5専用だけど、もしもiPod Touch 5Gに使ったらどんな感じになるんだろう…」
というわけで、早速実践してみました。

※今回の記事の内容については、メーカーが推奨するものではありません。もし実践される場合には自己責任でどうぞ。


iPod Touch 5G と iPhone5 のボタンレイアウト比較

まずは「iPod Touch 5G」と「iPhone5」のボタンレイアウトを比較してみます。左が「iPod Touch 5G」、右が「iPhone5」です。本体のサイズは殆ど同じですが、iPod Touchの方が僅かに薄いです。


側面の比較。上が「iPod Touch 5G」、下が「iPhone5」です。「iPod Touch 5G」にはマナーモードのスイッチが無い分、ボリュームボタンが上にあります。


上面のロックボタンや、底面のイヤホン端子、ライトニングケーブル端子はほぼ同じ位置にあります。



GIZMON iCA5に収納した状態の比較

GIZMON iCA5に本体を収納した状態の比較です。先ずは上面から。トップパーツ(軍艦部分)を外した上体での比較です。下の写真はiPhone5を収納した状態です。当然ながらボリュームの+ボタン、-ボタンともきちんと操作することが可能。


続いて、iPod Touch 5Gを収納した状態。先述の通り、iPhone5と比べてボリュームボタンが本体上側にあるため、操作は不可能か?と思ったのですが、よくよく見るとiPodの-ボタンはiPhoneの+ボタンの位置に近いことが分かります。これはもしかして、もしかするのか…?


iPod Touch 5Gを収納したiCA5を、背面の液晶画面から見た様子。iPhone5より本体が薄いため、iCA5に対して若干の隙間ができていることが分かります。ちょっとカタカタしするものの、私見では許容できる範囲。


iPod Touch 5Gを収納したiCA5を、レンズフード付きカバー側から見た様子。フラッシュとレンズの位置が下にずれているのが分かります。(もちろんiPhone5を収納した場合にはこのようなことはありません。)



ICA5 + iPod Touch 5G で実写!

それでは実際に「GIZON iCA5」に「iPod Touch 5G」を収納した状態で、撮影してみましょう。先ずは標準のカメラアプリを起動した状態。先述のレンズ位置の関係で、画面下側が思いっきりケラレているのが分かります。


最も気になるボタン操作ですが、iCA5の外側のボタンを押すことで、かろうじてiPod側のボリューム-ボタンを押すことが出来ました(!)。ただし、iCA5の内側のボタンは完全に空振りするため(iPod側の-ボタンの下を突っつく形になります)、+ボタンを操作することはできません。


実際に撮影した画像がこちら。うーん、激しくケラレてますねぇ・・・。


因みに、ロックボタンも一応操作できました。また、イヤホン端子に「GIZMON iCA リモートシャッター」を取り付けて操作することも可能でした。


まとめ

iPod Touch 5G の本体自体は、iPhone5のサイズと近いので、iCA5に対して若干「遊び」があるものの、意外ときちんと収まります。ただ、この「遊び」が仇となって、-ボタンやロックボタンは少し強めに押し込まないと反応しない場合があります。この際に、iPod本体を傷付けてしまうこともあるかも知れませんね。一番の問題はレンズ位置のズレによる「ケラレ」ですが、iCA5のレンズ穴周りの材質は「ポリカーボネート」というプラスチックの一種なので、加工は比較的容易と思われます。ヤスリやドリルを使って穴を広げてやれば、普通に撮影できるようになりそうですね。

ここらの加工もいずれ試してみようかと思っています。




トイデジカメ&トイカメラの専門店「プレミアムギア」さんで予約注文した新型トイデジカメ「GEANEE ドーナツデジカメ」が、2月19日に届きましたので早速レビューします。まるで本物のようなドーナツ型トイデジカメで、市販のドーナツとほぼ同サイズ。ボディの材質には柔軟性のあるPVCが使用されており、モッチリとした感触まで再現されています。商品到着後、少し使ってみましたので、そこらの感想なども踏まえてご紹介します。



基本スペック

  • 撮像素子:1/4型 300万画素CMOSイメージセンサー
  • 対応外部記憶媒体:マイクロSDメモリーカード(SDHC対応)
  • 対応容量:32GBまで
  • 保存形式:静止画:JPEG / 動画:AVI
  • 静止画サイズ:3M:1536×1536ピクセル
  • 動画サイズ:640×480ピクセル
  • 液晶モニタ:デジタル表示のみ(画像の表示は不可能)
  • レンズ:固定焦点レンズ F2.8, f=4.06mm(35mmカメラ換算38.78mm)
  • 撮影距離:通常撮影:50cm~∞
  • シャッター:電子式 シャッタースピード:1/2~1/100秒
  • 撮影モード:静止画 / 動画(640x480)
  • カラー効果:クラシック/グリーン/ブルー/レッド/ハードクローム
  • 出力端子:USB2.0
  • マイク:内蔵
  • 電源:リチウムイオン充電池
  • 電源寿命:静止画 約150枚
  • 外形寸法:約(直径)85mm×(厚さ)27mm
  • 重量:約62g
  • 対応OS:WINDOWS XP SP2/ VISTA/ 7


パッケージ

開閉自在なタイプのブリスターパック。特徴的なボディ中央の穴(ファインダー)も覗けるようになっています。


きちんと背面も確認できます。



セット内容

ドーナツカメラ本体に、USBケーブルとモノクロ一枚刷りの取扱説明書が付属します。


ボディ外観

本物ではないとはいえ、これほどまじまじとドーナツの写真を様々な角度から撮ったことはありませんでした(笑)。先ずは正面から。特徴的なドーナツの穴(ここが素通しのファインダーになっています)と、単焦点のレンズ(35mmカメラ換算38.78mm)が並びます。


背面。右側にシャッターボタン、液晶ディスプレイ、電源ボタンが並びます。シャッターボタンと電源ボタンは柔軟性のあるPVC越しに、奥にあるスイッチをムニっと押す感じです。この材質のせいなのか塗装のせいなのか、ちょっとツンとした臭いがするのが気になります。暫くしたら消えるのかも知れませんが…。


上面。見切れていますが、キーチェインが取り付けられています。根元がしっかりと固定されており、着脱は出来ない造りになっています。


底面。マイクロSDカードスロットとミニUSBポート(PCとの接続及び充電用)、細いピンで押し込むタイプのリセットボタンが並びます。


左右の側面には何もありません。完全なるドーナツ。




液晶画面表示内容

液晶画面はステータス表示用の2桁の7セグメント表示になっており、画像の確認などは出来ません。電源ボタンを短押しする度に静止画モードのP0(クラシック)、P1(グリーン)、P2(ブルー)、P3(レッド)、P4(ハードクローム)、動画モードのV0(クラシック)、V1(グリーン)、V2(ブルー)、V3(レッド)、V4(ハードクローム)がループするようになっています。



屋外作例

画像クリックで別窓に430×430ピクセルの画像を表示します。スカイツリーの脇にうっすらと縦線が見えますが、これは屋内の壁がガラスに反射して写りこんだものです。カメラのせいではありませんので悪しからず。画像の確認ができないので、後でこういうことに気付くんですよね(苦笑)。

左:CLASSIC、右:GREEN


左:BLUE、右:RED


HARD CHROME


まとめ

普通に構えると、キーチェインがちょっと邪魔になるので、下の写真のように90度右に回転させて両手でホールドするのがお勧めです。この持ち方だと左手で電源(モード切替)ボタン、右手でシャッターボタンを押すことができますし、キーチェインも横に来るので邪魔にならず、レンズもファインダーの真上の中央に来るので、位置が合わせやすくなります。静止画データは完全な正方形なので、このように本体を回転させてしまっても問題はありません。動画モード(640x480ピクセル)の場合は駄目ですけど。



また、これは真ん丸ボディで画像確認ができないトイデジカメの宿命なのですが、水平を出すことが非常に難しいです。過去にも、同じく真ん丸ボディで画像確認ができないVQ3007で、同様に苦労たことを思い出したり。画像確認ができるデジカメでさえ、なかなか水平を出せない私の場合は、尚更のこと(笑)。それと、撮影中にフリーズすることが数回ありました。個体差だったりマイクロSDカードとの相性なども絡んだりするのかも知れませんが、ちょっと頻度が高いようなので、リセットボタンを押すためのピンを常備しておくのが良さそう。

と、正直に言ってこのように、使いこなせるようになるまでにある程度の「慣れ」を要するトイデジカメではありますが、搭載されている5種類のカラーモードはどれも個性が際立っていて面白いですし、周辺減光の具合も良い感じです。フレーミングや水平の出し方のコツが分かってくれば、かなり楽しめるのではないかと思っています。小さな子供の笑顔を撮るのにも良さそうですね。


2013年02月19日 00時29分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第757回

D1650 WIDE ロモモードで遊んでます

カテゴリ● PLAZA CREATE D1650 WIDE

PLAZA CREATE D1650 WIDE

プラザクリエイトの「D1650 WIDE」のLomoモードでぶらぶらと。


こういった、ちょっとゴチャっとした感じのものを撮るのが面白いのです。



2013年02月18日 00時26分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第756回

GIZMON iCA5 iPhone5用とiPhone4/4S用との比較レビュー

カテゴリ● その他レビュー 関連タグ● 機材
アドプラスから2月1日に発売された「GIZMON iCA5 fot iPhone5」を入手しましたので、いつものようにレビューを、と思ったのですが、先日アップした記事「アドプラス、クラシックカメラ型iPhone5ケース「GIZMON iCA5」を発売」で概観や基本スペックに関する要旨はほぼ網羅していましたので、今回は従来のiPhone4用のiCAとの比較を中心に、増補版という位置づけでまとめてみたいと思います。


パッケージ

開閉自在なタイプのブリスターパックです。縦置きのレイアウトで、従来のパッケージよりもシンプルになった印象を受けます。


背面にはオプションパーツ類がレイアウトされています。



セット内容

GIZMON iCA5本体、薄型モックレンズ、三脚穴付きスタンド、レンズフード付きカバー、GIZMONロゴホームボタン、液晶保護フィルム、クリーニングクロス、ヘラ、ストラップ用リング×2、モノクロ一枚刷りの取扱説明書が付属します。


こちらは液晶保護フィルム、クリーニングクロス、ヘラ(液晶保護フィルム用貼り付け用)。


そしてこちらがGIZMONロゴホームボタン。iPhone5本体側のホームボタンに張り付けて使用します。



レンズフード付きカバー

今回はボディの左側のパーツが2種類付属します。上が新規設計のレンズフード付きカバー。フラッシュの白とびを防止するなど、写真の画質が向上するそうです。下が従来と同じGIZMONレンズシリーズを取り付けるためのネジが付いたカバー。


薄型モックレンズと組み替えた状態。


従来品(iPhone4/4S用)との比較

上がiCA5(iPhone5用)、下が従来のiCA(iPhone4/4S用)。iCA5の方が僅かに横幅が長くなっているのが分かります。


左が従来のiCA(iPhone4/4S用)、右がiCA5(iPhone5用)。軍艦部分の厚みを見比べると分かりやすいですが、iCA5の方が若干ボディが薄いです。


右側面。iPhone5はイヤホンジャックが底面に変更されたので、iCA5のこの面にはスリープボタンだけが残りました。この写真では分かり難いですが、ケース下側に厚みが少し付けられており、画面を下向きにして置いても、LCD画面が接触して傷付かないようになっています。


左側面。iCA5ではスピーカー、イヤホンジャック、ライトニングケーブルの3つの穴に分かれました。


iCA5は若干横長になっているため、従来のiCA用のレザーケースを使用することは出来ません。きちんとiPhone5用のものを購入しましょう。



軍艦部分のロック

ヘッドパーツ(軍艦部分)がネジ式のロックにより外れにくくなりました。


上が従来のiCA。ネジ部分は飾りで固定されていました。下がiCA5。ネジ部分を締めて固定するように変更されています。



iPhone保護用のシート

ケース裏にiPhone保護用のシートが貼ってあり、着脱時にiPhone5本体が傷付きにくくなりました。下が従来のiCA。保護シートはありません。



まとめ

単に従来のiCAをiPhone5対応にしただけでなく、細かな改良が加えられている点に好感を持ちました。反面、液晶保護フィルムはグレア、アンチグレアなどで好みが分かれるところもあるので、セットにしなくても良かったのでは、とも思います。とはいえ従来のGIZMON iCAからの質感の良さや存在感は健在。一度iCAを使ってしまうと、写真アプリを使って撮影する際には、これが無いと物足りなく感じてしまうのです。




2013年02月17日 00時00分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第755回

PLAZA CREATE D1650 WIDE スケッチモード・水彩画モード

カテゴリ● PLAZA CREATE D1650 WIDE 関連タグ● 撮り比べ

PLAZA CREATE D1650 WIDE


最近はプラザクリエイトの「D1650 WIDE」を持ち歩いています。
今回は東京モード学園ビルで撮り比べです。

プログラムオート



スケッチモード

結構、輪郭をキチンと抽出してくれるので、こういった線が込み入った被写体をスケッチーモードで撮影すると面白いです。


水彩画モード

こちらは色味が残るスケッチモード、といったところですが、残るといっても僅かにうっすらという感じ。もうちょっとスケッチモードとの違いがはっきりと出ると面白かったかも。






2013年02月16日 10時43分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第754回

アドプラス、GIZMON iCA5 CASE & STRAP for iPhone5 販売開始

カテゴリ● ニュース 関連タグ● 機材
先日ご紹介したクラシックカメラ型iPhone5ケース「GIZMON iCA5」の、専用速写ケース「GIZMON iCA5 CASE & STRAP」の販売が開始されました。公式の製品ページはこちらです。



iCA5を首から下げて持ちあるけるアクセサリーで、装着したままで電話やメール、音楽を聴くなどiPhone5の機能をそのまま楽しむ事ができます。カラーは全4色で、BLACKとBROWNは2月15日発売、GREENとREDは順次発売予定とのことです。材質はポリウレタン製で、希望小売価格は2,980円(税込)。



一眼レフカメラの速写ケースを作る工場で製造しているため非常に頑丈な作りで、外見にも質感にも拘りを持ったデザインになっているそうです。また、男性にも女性にも使いやすいよう、ストラップの長さは76.5cmから94cmまでの範囲で調整でき、斜め掛けも可能とのこと。


BLACK (発売中)










BROWN (発売中)






GREEN (順次発売予定)






RED (順次発売予定)




ご購入はこちらからどうぞ。従来のiPhone4/4S用の製品とはサイズが異なる(はず)なので、購入の際にはお間違えの無いようご注意ください。







2013年02月14日 01時57分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第753回

アドプラス、クラシックカメラ型iPhone5ケース「GIZMON iCA5」を発売

カテゴリ● ニュース 関連タグ● 建物
先日行われた日本最大級のカメラと写真のイベント「CP+ 2013」で発表された、クラシックカメラ型のiPhone5用ケース「GIZMON iCA5」が、2月1日よりアドプラスさんから発売されています。希望小売価格は4,500円(税込)。今までのGIZMON iCAシリーズの魅力はそのままに、ポリカーボネート製パーツの数も50個以上に進化。さらに5つの新機能など、より楽しみが増えているそうです。公式の製品ページはこちらです。


基本スペック

  • 商品名:GIZMON iCA5
  • 対応機種:iPhone 5
  • 大きさ:78×129×30mm(標準モックレンズ使用時)、78×129×17mm(薄型モックレンズ使用時)
  • 重さ:55g(本体のみ)、169g(iPhone5装着時)
  • セット内容:GIZMON iCA5 (本体),薄型モックレンズ,三脚穴付きスタンド,レンズフード付きカバー,GIZMONロゴホームボタン,液晶保護フィルム,クリーニングクロス,ヘラ(液晶保護フィルム用貼り付け用),ストラップ用リング×2



ブラックモデル

従来モデルより、若干横長になったようです。


左下のレンズ部分に注目。レンズフード付きカバーが付属するようです。フラッシュの白とびを防止するなど、写真の画質が向上するそうです。


背面はこんな感じ。


上面。軍艦部分のgizmonロゴは健在。


今回もiPone本体のボリューム+ボタンと-ボタンに合わせて、軍艦部分のボタンが配置されています。


もちろんケースを装着したまま、ライトニングケーブルとイヤホン端子を利用することが可能。


薄型のモックレンズも付属します。


底面に取り付ける三脚アタッチメントも健在。



ミリタリーモデル

同時発売のミリタリーモデル。マットブラックの渋い仕上がりです。今回はブラックモデルと同価格。





5つの新機能

従来のiCAを単にiPhone5対応にしただけでなく、以下の新機能が盛り込まれているそうです。
  • ヘッドパーツ(軍艦部分)がネジ式のロックにより外れにくくなりました。
  • ケース裏にiPhone保護用のシートが貼ってあり、着脱時に傷付きにくくなりました。
  • レンズフード付きカバーが付属します。
  • 画面を下向きにして置いても、LCD画面が接触して傷付かないようになっています。
  • LCD画面保護フィルムと、GIZMONロゴ入りのホームボタンが付属します。



怒涛の勢いで続々とラインナップされるGIZMON iCA(アイカ)シリーズ。個人的にはiPod touch 5G用のケースも欲しいなぁ、と思ったり(ちらっちらっ)。




2013年02月12日 23時56分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第752回

プレミアムギア、GEANEE ドーナツデジカメの予約販売を開始

カテゴリ● ニュース 関連タグ● 機材
チルトレンズ搭載トイデジカメの元祖「NeinGrenze 5000T」の販売元としてお馴染みのプレミアムギアさんにて、新型トイデジカメ「GEANEE ドーナツデジカメ」の予約販売が開始されました。税込み価格6,300円で、2月下旬入荷予定。実は私、この記事を書いた直後にポチッといってしまいました。



まるで本物のようなドーナツ型トイデジカメで、市販のドーナツとほぼ同サイズ。ボディの材質には柔軟性のあるPVCが使用されており、モッチリとした感触まで再現されているのだとか。



ボディ中央のドーナツの穴がファインダーになっており、スクウェアフォーマット(真四角)の写真撮影が可能。記録媒体はマイクロSDカード。キーチェインが付いていてバッグなどに取り付けて持ち運ぶことも可能です。



クラシック、レッド、グリーン、ブルー、ハードクロームの計5種類のカラーモードを搭載。コントラストが強めなVIVIDな写真などを簡単に楽しむことができるそうです。下のサンプル画像を見ると、こてこてのトイデジカメ的な発色の写真が撮れるようですね。この写りはちょっとそそられますねぇ・・・。



基本スペックは以下の通り。
  • 撮像素子:1/4型 300万画素CMOSイメージセンサー
  • 対応外部記憶媒体:マイクロSDメモリーカード(SDHC対応)
  • 対応容量:32GBまで
  • 保存形式:静止画:JPEG / 動画:AVI
  • 静止画サイズ:3M:1536×1536ピクセル
  • 動画サイズ:640×480ピクセル
  • 液晶モニタ:デジタル表示のみ(画像の表示は不可能)
  • レンズ:固定焦点レンズ F2.8, f=4.06mm(35mmカメラ換算38.78mm)
  • 撮影距離:通常撮影:50cm~∞
  • シャッター:電子式 シャッタースピード:1/2~1/100秒
  • 撮影モード:静止画 / 動画(640x480)
  • カラー効果:クラシック/グリーン/ブルー/レッド/ハードクローム
  • 出力端子:USB2.0
  • マイク:内蔵
  • 電源:リチウムイオン充電池
  • 電源寿命:静止画 約150枚
  • 外形寸法:約(直径)85mm×(厚さ)27mm
  • 重量:約62g
  • 対応OS:WINDOWS XP SP2/ VISTA/ 7

下記プレミアムギアさんの販売ページを見ると、より詳細な製品情報や、サンプル写真、サンプル動画が掲載されています(動画がまた良い雰囲気なのです)。トイデジカメ好きな方は、是非ともご覧あれ。




PLAZA CREATE D1650 WIDE


今回もプラザクリエイトの「D1650 WIDE」に搭載された各撮影モードによる撮り比べです。

プログラムオート

露出は自動設定、それ以外はメニューで設定するモードです。ワイド端(35mm換算28mm相当)で撮影。


魚眼モード1

魚眼レンズの効果をまねて、歪んだ半球体風の効果を作り出すモードです。魚眼1~6の調整により、標準、ビビッド、セピア、緑、紫、モノクロの仕上げを選択することができます。この写真は魚眼1=標準で撮影したもの。


左右対称モード

鏡のように左右対称の画像を撮影できるモードです。一見、普通の都庁の写真に見えますが、建物の左右に太陽が写っているのがミソ。


撮影時の設定により、このように上下対称の画像を撮影することもできます。宙に浮いた謎の構造物…。


スケッチモード

画像をスケッチのように仕上げるモードです。小さな窓の輪郭を、けっこう細かく検出してくれています。上手く使いこなせば、漫画の背景の素材造りなどに使えるかも?


「PLAZA CREATE D1650 WIDE」、豊富な撮影モードのおかげで色々と遊べます。


2013年02月10日 22時40分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第748回

PLAZA CREATE D1650 WIDE ロモモード 屋外撮り比べ

カテゴリ● PLAZA CREATE D1650 WIDE 関連タグ● 撮り比べ

PLAZA CREATE D1650 WIDE

プラザクリエイトの「D1650 WIDE」に搭載されたLomoモードによる、屋外での撮り比べです。D1650 WIDEに搭載された31種類の撮影モードのうちの1つで、彩度を高めで四隅を暗くしたトイカメラ風の写真を撮ることができるのです。

Lomo1



Lomo2



Lomo3



Lomo4



Lomo5



Lomo2は取扱説明書の表記ではセピアトーンとのことなのですが、実際には赤モードの色に近い仕上がりです。Lomo4の紫トーンが、何とも独特な良い雰囲気で、個人的にお気に入りです。

Welcome!
ご訪問ありがとうございます。



新着記事
タグ一覧
全記事表示リンク
カメラ本体レビュー(新着順)
GEANEE ドーナツデジカメ

モッチリ触感に5種類の色効果、スクウェアフォーマット撮影


PLAZA CREATE D1650 WIDE

Lomoモードを搭載した多機能お手軽デジカメ


Vi-You CJ-0523

180度回転可能な目玉を持った小型トイデジ


Qlix QLD001

写真の楽しさを求め続け、シンプルと感性に辿りついた野心作


BONZART Lit

プリティリトルな30万画素トイデジカメ


minimo-x (新ファーム)

新ファームウェアについて知っておくべきこと


BONZART AMPEL

チルトレンズを搭載した二眼レフ風トイデジカメ


Polaroid E10

AGFAでYASHICAなPolaroidのトイデジカメ


Kenko DSC mini

クラカメ風デザインで動画もOKな小型トイデジカメ


Eazzzy Rotatory Camera

真四角ボディに4種類のカラーモードを搭載


FUUVI Bee

8mm映画風の動画撮影が可能な、ノスタルジックムービーカム


Vivitar ViviCam T135

赤青メガネ方式の3D撮影が可能なトイデジカメ


ウルトラ・コンパクト・カメラ

ダイソー・カメラくん以来、驚きの100円トイカメラ


AIPTEK slim3200

思わずビジュアル・ブックマークしたくなるトイデジカメ


minimo-x (旧ファーム)

シンガポール発、二重露光撮影が可能な小型トイデジカメ


MINI DIGI GH-TCAM30C

クラシカルなデザインの30万画素機、レザーストラップ付き


gizmon HALF D

豊富な色効果・アスペクト比、GIZMONレンズマウント搭載


VistaQuest VQ8950 Sport

1万円を切る3メートル防水仕様のトイデジカメ


LEGO DIGITAL CAMERA

レゴブロックで組み立てたようなカラフルなトイデジカメ


DSC-V6

強烈なビビッドモードを搭載したコンパクトなトイデジカメ


NeinGrenze 5000T

チルトレンズ搭載、ミニチュア風撮影が可能なトイデジカメ


PLAZA CREATE D1000

タッチパネル搭載、街の写真屋さんが本気で造った野心作


ViviCam8027(新ファーム)

スマイルキャッチにViviLink、新ファームの追加機能とは?


MINOX DCC Lieica M3(5.0)

親譲りのギミックが楽しい名門ライカのトイデジカメ


FUUVI PICK

冷蔵庫にもくっつく!動画撮影も可能な小型トイデジカメ


Polaroid a200

内蔵メモリオンリーのポラロイド製200万画素機


MyCA DC-500A

今は亡きシーグランド社の500万画素機


Groovy EMDC-113

グルービーな300万画素トイデジカメ


ViviCam8027(旧ファーム)

クラシカルなトイデジカメの初期ファームウェアの能力は?


VistaQuest VQ5015

多くのOEM機が存在する300万画素トイデジカメ


Voigtlander Vitoret RM6.0

ビビッドモードを搭載した独フォクトレンダー製のコンデジ


ポケデジ SQ30m

光沢ボディが美しいSQ28m後継機


FS-MD200

モーションセンサー搭載の超小型トイデジカメ


Xiaostyle TDG-501

根強い人気を誇るトミー製の真正トイデジカメ


VistaQuest VQ7228

青み掛かった独特な発色のビビッドモードを搭載


MINI DIGI GH-TCAM30

一眼ライクなデザインの30万画素機


EXEMODE DC318

フェイスプレート交換可能な着せ替えトイデジカメ


VistaQuest VQ1015 R2

ファームウェア交換で複数のシャッター速度やカラーモードに対応


ダイソー カメラくん

100円ショップで売られていた正真正銘のトイカメラ


NHJ 400万画素デジカメ

NHJの忘れ形見の「名無し」のデジカメ


EXEMODE DC132

Exifに「SQ Tech」を冠するVQ10X5の兄弟機?


ポケデジ SQ28m

ほぼ真四角な写真が撮れる小型トイデジカメ


Genius G-Shot P5143

ビビッドモード搭載の隠れた「天才」


大人の科学 二眼レフ

懐かしいのに新しい、組立て式の35mm二眼レフカメラ


YASHICA EZ F521

デジタルフィルタが充実したクラシックなトイデジカメ


AGFA sensor 505-D

真っ赤なシャッターボタンの独アグファフォト製トイデジ


KingOcean Z520

RGB調整機能と4種類のゲーム機能を搭載


VistaQuest VQ3007

まん丸ボディと青被り気味の発色が特徴


Polaroid a520

未だ根強いファンを持つ旧日本ポラロイド社の名機


VistaQuest VQ1015 ENTRY

ファームウェア交換が楽しいVQ1005後継機


VistaQuest VQ5090

ビビッドモードを搭載し、防水ハウジングにも対応した500万画素機


VQ2000

赤青黄色の小さなボディにCSTN液晶を搭載


VQ1005 (2008年型)

ビスタクエスト製定番トイデジカメの2008年モデル


プロフィール

FOX

不肖写真サイト"Stroller"を数年ぶりに再開いたしました。セカンドシーズン突入です。少数精鋭の選りすぐりの写真とはいきませんが、右のポッケにトイデジカメ、左のポッケに乾電池をつめこんで、何てことない日常の中でも気軽に撮影を楽しみながら、ゆったりまったりと続けていきます。(FOX)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。