トイデジカメ・トイデジのレビュー及び作例を中心に、Tips集やニュース記事を掲載。人気機種・おすすめ機種の比較検討にもどうぞ。

Stroller - トイデジカメレビュー&作例ブログ

リンク
PickUp!

ドーナツカメラ


GIZMON NULL iCA


BONZART Lit




BONZART AMPEL


Vivitar ViviCam T135


Vi-You CJ-0523


Eazzzy Rotatory Camera


Kenko DSC mini


FUUVI Bee


GIZMON iCA




GIZMON iCA MILITARY


GH-TCAM30P






minimo-x


GH-TCAM30C


FUUVI PICK


Vivitar ViviCam 8027


VitaQuest VQ1015 R2





VQ5090 Aqua Pack


VitaQuest VQ5090


VitaQuest VQ1015 Classic


カテゴリ一覧
--年--月--日 --時--分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第回

スポンサーサイト

カテゴリ● スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年07月03日 23時09分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第52回

プレビューなしマクロ撮影に挑戦

カテゴリ● Tips集
先日、VQ2000と虫眼鏡を使ったマクロ写真をアップしました。VQ2000のようにプレビュー用の液晶画面を持っている機種であれば、虫眼鏡をかざしてプレビュー画面を眺めながら、被写体とカメラの距離を前後させてピントを合わせることができるのですが、VQ1005(2008年型)、VQ1015 ENTRY、VQ3007のようにプレビュー機能を持たない機種では、そうはいきません。あらかじめピントの合う範囲を把握したうえで、撮影に臨む必要があります。

今回は、それらプレビュー機能を持たないトイデジを対象として、虫眼鏡撮影時のピントの範囲を「ざっくりと」調べるための方法をご紹介したいと思います。尚、虫眼鏡に限らず、ギズモショップケンコー光学ショップ上海問屋などで売られているマグネット式のレンズでも、同様の手順でピントの範囲を掴むことができると思います。

※あくまでも「ざっくりと」です。目安程度にお考えください。


手順の概要


用意するのはトイデジカメ本体、虫眼鏡、定規。定規は今回は30cmのものを用意しました(長年使い込んでいるもので、少々汚れていますがご勘弁を)。この定規の0cm側に虫眼鏡をそえてカメラを構え、写真を撮ります。撮影データをPC画面などに表示し、画像上の定規の目盛りの何cmから何cmの範囲にピントがあっているかを確認しようというわけでです。


ご参考までに、私が愛用している虫眼鏡は、ダイソーで購入した、倍率約2倍、約8倍のもの。柄の部分が金属製でなんとなく高級感があります。まぁ、写りには関係ありませんけど。。。


では早速、倍率約2倍の虫眼鏡を使って、ピント範囲を確認してみましょう。


VQ1005 2008年型の場合


これは分かりやすいですね。8cm近辺にピントが合っているのがわかります。



VQ1015 ENTRYの場合


ピントの範囲は8cmから10cmあたりでしょうか。VQ1005と比べてやや絞り気味のようですね。



VQ3007の場合


こちらも8cmから10cmあたりにピントが合っているようです。



ピント範囲の検証


おおまかなピントの範囲が掴めたところで、適当な被写体で試し撮りを行ってみます。今回は手近なところにあったVQ3007のパッケージの台紙を接写してみます。


まずはVQ1005 2008年型で。8cm近辺でシャッターを押して、カメラを少し前後に動かしては、再度シャッターを押し、を数回繰り返して撮影したのが下の写真です。うんうん、概ね8cmあたりでピントが合っているみたい。


VQ1005 ENTRYにて。こちらも同様の手順で、期待通りの結果が得られていることを確認できました。印刷物のモアレが見えてます。


最後はVQ3007にて。こちらも良好な結果。VQ1005,VQ1015と比べると、やや広角気味に写るみたいです。



倍率約8倍にて


虫眼鏡を倍率約8倍のものに交換して、同手順での検証を行いました。まずはVQ1005。この台紙に印刷された猫の顔は、8mm×5mm程度の大きさです。


こちらはVQ1015。あ、猫の顔が入ってない。。。


最後にVQ3007。やっぱりやや広角気味に写るようです。



総括


概ね期待通りの結果が得られたように思います。あとは数をこなしていくうちに、慣れるんじゃないでしょうか(楽観的?)。手持ちのトイデジの活用範囲が広がって嬉しい限りです。あとは、何を撮るかが問題なんですけどね。。。(^^;



参考になります!

8cm前後ですね!
いっつも適当に何枚も撮ってるので何センチでピントが合ってるのかわかりませんでした
プレビュー無しだとピント以外に狙ったところが撮れない辛さもありますよね
まぁそこがトイデジの楽しさですけどね
2009年07月04日 20時22分 tokiwa [ 編集 ]

はい。今回使ったダイソーの虫眼鏡(倍率約2倍)で、
8cm前後です。虫眼鏡なしだと50~60cmといった感じ
ですので、ずいぶんと寄れるようになります。

ピントの合う範囲が分かっても、狙ったところに
フレームが定まらないのが辛いところですが。(^^;



2009年07月04日 22時03分 FOX [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

Welcome!
ご訪問ありがとうございます。



新着記事
タグ一覧
全記事表示リンク
カメラ本体レビュー(新着順)
GEANEE ドーナツデジカメ

モッチリ触感に5種類の色効果、スクウェアフォーマット撮影


PLAZA CREATE D1650 WIDE

Lomoモードを搭載した多機能お手軽デジカメ


Vi-You CJ-0523

180度回転可能な目玉を持った小型トイデジ


Qlix QLD001

写真の楽しさを求め続け、シンプルと感性に辿りついた野心作


BONZART Lit

プリティリトルな30万画素トイデジカメ


minimo-x (新ファーム)

新ファームウェアについて知っておくべきこと


BONZART AMPEL

チルトレンズを搭載した二眼レフ風トイデジカメ


Polaroid E10

AGFAでYASHICAなPolaroidのトイデジカメ


Kenko DSC mini

クラカメ風デザインで動画もOKな小型トイデジカメ


Eazzzy Rotatory Camera

真四角ボディに4種類のカラーモードを搭載


FUUVI Bee

8mm映画風の動画撮影が可能な、ノスタルジックムービーカム


Vivitar ViviCam T135

赤青メガネ方式の3D撮影が可能なトイデジカメ


ウルトラ・コンパクト・カメラ

ダイソー・カメラくん以来、驚きの100円トイカメラ


AIPTEK slim3200

思わずビジュアル・ブックマークしたくなるトイデジカメ


minimo-x (旧ファーム)

シンガポール発、二重露光撮影が可能な小型トイデジカメ


MINI DIGI GH-TCAM30C

クラシカルなデザインの30万画素機、レザーストラップ付き


gizmon HALF D

豊富な色効果・アスペクト比、GIZMONレンズマウント搭載


VistaQuest VQ8950 Sport

1万円を切る3メートル防水仕様のトイデジカメ


LEGO DIGITAL CAMERA

レゴブロックで組み立てたようなカラフルなトイデジカメ


DSC-V6

強烈なビビッドモードを搭載したコンパクトなトイデジカメ


NeinGrenze 5000T

チルトレンズ搭載、ミニチュア風撮影が可能なトイデジカメ


PLAZA CREATE D1000

タッチパネル搭載、街の写真屋さんが本気で造った野心作


ViviCam8027(新ファーム)

スマイルキャッチにViviLink、新ファームの追加機能とは?


MINOX DCC Lieica M3(5.0)

親譲りのギミックが楽しい名門ライカのトイデジカメ


FUUVI PICK

冷蔵庫にもくっつく!動画撮影も可能な小型トイデジカメ


Polaroid a200

内蔵メモリオンリーのポラロイド製200万画素機


MyCA DC-500A

今は亡きシーグランド社の500万画素機


Groovy EMDC-113

グルービーな300万画素トイデジカメ


ViviCam8027(旧ファーム)

クラシカルなトイデジカメの初期ファームウェアの能力は?


VistaQuest VQ5015

多くのOEM機が存在する300万画素トイデジカメ


Voigtlander Vitoret RM6.0

ビビッドモードを搭載した独フォクトレンダー製のコンデジ


ポケデジ SQ30m

光沢ボディが美しいSQ28m後継機


FS-MD200

モーションセンサー搭載の超小型トイデジカメ


Xiaostyle TDG-501

根強い人気を誇るトミー製の真正トイデジカメ


VistaQuest VQ7228

青み掛かった独特な発色のビビッドモードを搭載


MINI DIGI GH-TCAM30

一眼ライクなデザインの30万画素機


EXEMODE DC318

フェイスプレート交換可能な着せ替えトイデジカメ


VistaQuest VQ1015 R2

ファームウェア交換で複数のシャッター速度やカラーモードに対応


ダイソー カメラくん

100円ショップで売られていた正真正銘のトイカメラ


NHJ 400万画素デジカメ

NHJの忘れ形見の「名無し」のデジカメ


EXEMODE DC132

Exifに「SQ Tech」を冠するVQ10X5の兄弟機?


ポケデジ SQ28m

ほぼ真四角な写真が撮れる小型トイデジカメ


Genius G-Shot P5143

ビビッドモード搭載の隠れた「天才」


大人の科学 二眼レフ

懐かしいのに新しい、組立て式の35mm二眼レフカメラ


YASHICA EZ F521

デジタルフィルタが充実したクラシックなトイデジカメ


AGFA sensor 505-D

真っ赤なシャッターボタンの独アグファフォト製トイデジ


KingOcean Z520

RGB調整機能と4種類のゲーム機能を搭載


VistaQuest VQ3007

まん丸ボディと青被り気味の発色が特徴


Polaroid a520

未だ根強いファンを持つ旧日本ポラロイド社の名機


VistaQuest VQ1015 ENTRY

ファームウェア交換が楽しいVQ1005後継機


VistaQuest VQ5090

ビビッドモードを搭載し、防水ハウジングにも対応した500万画素機


VQ2000

赤青黄色の小さなボディにCSTN液晶を搭載


VQ1005 (2008年型)

ビスタクエスト製定番トイデジカメの2008年モデル


プロフィール

FOX

不肖写真サイト"Stroller"を数年ぶりに再開いたしました。セカンドシーズン突入です。少数精鋭の選りすぐりの写真とはいきませんが、右のポッケにトイデジカメ、左のポッケに乾電池をつめこんで、何てことない日常の中でも気軽に撮影を楽しみながら、ゆったりまったりと続けていきます。(FOX)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。