トイデジカメ・トイデジのレビュー及び作例を中心に、Tips集やニュース記事を掲載。人気機種・おすすめ機種の比較検討にもどうぞ。

Stroller - トイデジカメレビュー&作例ブログ

リンク
PickUp!

ドーナツカメラ


GIZMON NULL iCA


BONZART Lit




BONZART AMPEL


Vivitar ViviCam T135


Vi-You CJ-0523


Eazzzy Rotatory Camera


Kenko DSC mini


FUUVI Bee


GIZMON iCA




GIZMON iCA MILITARY


GH-TCAM30P






minimo-x


GH-TCAM30C


FUUVI PICK


Vivitar ViviCam 8027


VitaQuest VQ1015 R2





VQ5090 Aqua Pack


VitaQuest VQ5090


VitaQuest VQ1015 Classic


カテゴリ一覧
--年--月--日 --時--分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第回

スポンサーサイト

カテゴリ● スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年02月02日 23時14分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第489回

KGP-02、KGP-04レビュー ~ 購入前に知っておくべきこと

カテゴリ● その他レビュー 関連タグ● 機材
今回はちょっとトイデジカメネタから離れて。最近、所謂「ネオ一眼」を買い換えたのですが、ふと知人から片手持用のグリップストラップを勧められていたことを思い出して、早速購入してみました。…と、事前にろくにリサーチしないまま仕事帰りにホイホイっと買いに行って、ちょっとした失敗がありましたので、今回は「前に知っておくべきこと」と題して両製品の違いを比較しながら、ここらの事情を書いてみようかと思います。

最初に購入したのがこちら。ハクバ写真産業株式会社から発売されている、「カメラグリップ LH KGP-02」という商品です。定価1800円(税別)。LHて何の略なんだろう?



二個目に購入したのがこちら。同じくハクバの「ピクスギア グリップストラップ KGP-04」という製品。定価2000円(税別)。



さて、一見何が違うのか分からないこの二種類の製品。パッケージの裏を見ると以下のような説明があります。上はKGP-02、下はKGP-04の説明です。この説明だけ見ても、違いが分かり難いかも。




続いてストラップの外側部分。左がKGP-02、右がKGP-04。パッケージに収められた状態で見えているのはこの部分だけなのですが、多少のデザインの違い以外は、やはり違いが分からないと思います。



カメラ底面のストラップ取り付け部分。上がKGP-04、下がKGP-02です。この写真では違いが一目瞭然ですね。実はこの二種類の製品、カメラ底面のストラップ取り付け部分の幅が異なるのです。



別の角度からもう一枚。KGP-02(写真下)には赤い三角で示した位置にツメ(ストッパー)があるのに対して、KGP-04にはツメがありません。



手持ちの「EOS Kiss X」にKGP-02を取り付けた様子。この組み合わせだとカメラ底面のストラップ取り付け部分の幅、ツメ(ストッパー)の位置とも概ねフィットしているのですが…



「FinePix HS10」にKGP-02を取り付けると、ストラップ取り付け部分がこのように右側にはみ出してしまいます。この状態でカメラを構えると地味に痛いのです。リサーチが不十分なままKGP-02を購入してしまった私は、ここで泣きを見ることに。



泣きながらネットで製品情報をリサーチした上でKGP-04を追加購入、早速「FinePix HS10」にKGP-04を取り付けてみると、これがジャストフィット。先述の「EOS Kiss X」にも難なく取り付けられます。初めからこっちを買っておけばよかったよ。



実は少々荒業ではありますが、KGP-02のストラップ取り付け部分を180度回転させて(前後を逆転させて)、ストラップも左右付け直せば、下の写真のように「FinePix HS10」に取り付けることができます。見た目もさほど違和感がありません。ホールド感も大差がありませんので、無駄に左側に余ったストラップ取り付け部分が気にならなければ、これで妥協する手も。



一応、うちは「トイデジカメ」ブログなのでトイデジカメへの取り付けにもトライ。「VistaQuest VQ5090」で試行してみましたが、カメラ本体側のストラップ穴が小さすぎて、取り付けられませんでした。



続いて「YASHICA EZ F521」でトライ。こちらも付属の三角環が小さすぎて、ストラップを固定できませんでしたが、大きな三角環に交換すれば取り付けられそう。まぁ、極めて軽量なトイデジカメに、グリップストラップを取り付ける意味があるか無いかは別として…。



トイデジカメかどうかはさて置き、ローライの「dp3210」には難なくKGP-04を取り付けられました。単三電池×4本駆動で地味に大きなカメラなので、この組み合わせはちょっと有効かも。…って、この情報を喜ぶ人って世界中に何人いるんだろうか。



あちこち寄り道もしましたが結論としては、これからデジタル一眼やネオ一眼用にグリップストラップの購入を検討している方には「KGP-04」をお勧めします。ミラーレス機の普及もあって、デジタル一眼本体はどんどん小型化されていますので、今後はKGP-02を取り付け可能な機種も減少傾向にあるかと。その点、KGP-04なら大柄なデジタル一眼から小ぶりなネオ一眼まで、取り付け可能な機種も多くつぶしが利きそうです。尚、KGP-02にしてもKGP-04にしてもキチンと取り付けてアジャスターで自分の手に合うように調整すれば、まずまずのホールド感、安定感を得られます。デジタル一眼レフよりは軽いがコンデジよりは重いミラーレス機には最適かも。本体が縦吊りになってしまいますが、従来のネックストラップとの併用も可能な点も地味にお勧めです。

それにしても私が購入した某大型カメラ店、KGP-02もKGP-04も一列にしてフックに吊るして売るのは勘弁して欲しかったです。売り場面積の都合があるのは分かりますが、手前の数個はKGP-02で奥のほうにKGP-04が吊るしてあるなんて、なかなか気付かないよ…。


有難うございます!

元々、HA10のストラップ孔幅が小さいことから、汎用品で使用不可のものがあると聞いていたのでグリップストラップのベルト幅の情報が欲しくて調べまわっていました。今回のHAKUBAの二品も違いが今ひとつわからず、どちらにに転んでもおかしくないところでした。全くもって「ツボ」の情報を有難うございました。
2011年02月19日 16時04分 新米HS10ユーザー [ 編集 ]

Re: 有難うございます!

私と同様に、間違ったものを買ってしまう人が出ないようにと書いた記事でしたので、お役に立て何よりです。(^^)


2011年02月19日 17時24分 FOX [ 編集 ]

180°

荒業の180度回転取り付け!
考えつかなかったです。おかげさまで、つけっぱなしでもバッテリー交換できそうです。
大変有用な情報ありがとうございました。 感謝!!!

2011年05月25日 13時15分 ベル [ 編集 ]

Re: 180°

お役にたてて嬉しいです。(^-^)
バッテリー交換が出来るのは、気付きませんでした。
これは便利かもしれませんねぇ。

2011年05月25日 21時58分 FOX [ 編集 ]

いいね

二つの違いが分からなかったので「EOS Kiss X」にKGP-02を取り付けた写真、大変参考になりました。ありがとうございました。

2012年02月21日 21時26分 ike [ 編集 ]

Re: いいね

お役に立ててなによりです。
この違い、確かに分かり難いんですよねぇ。
2012年08月04日 01時31分 FOX [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

Welcome!
ご訪問ありがとうございます。



新着記事
タグ一覧
全記事表示リンク
カメラ本体レビュー(新着順)
GEANEE ドーナツデジカメ

モッチリ触感に5種類の色効果、スクウェアフォーマット撮影


PLAZA CREATE D1650 WIDE

Lomoモードを搭載した多機能お手軽デジカメ


Vi-You CJ-0523

180度回転可能な目玉を持った小型トイデジ


Qlix QLD001

写真の楽しさを求め続け、シンプルと感性に辿りついた野心作


BONZART Lit

プリティリトルな30万画素トイデジカメ


minimo-x (新ファーム)

新ファームウェアについて知っておくべきこと


BONZART AMPEL

チルトレンズを搭載した二眼レフ風トイデジカメ


Polaroid E10

AGFAでYASHICAなPolaroidのトイデジカメ


Kenko DSC mini

クラカメ風デザインで動画もOKな小型トイデジカメ


Eazzzy Rotatory Camera

真四角ボディに4種類のカラーモードを搭載


FUUVI Bee

8mm映画風の動画撮影が可能な、ノスタルジックムービーカム


Vivitar ViviCam T135

赤青メガネ方式の3D撮影が可能なトイデジカメ


ウルトラ・コンパクト・カメラ

ダイソー・カメラくん以来、驚きの100円トイカメラ


AIPTEK slim3200

思わずビジュアル・ブックマークしたくなるトイデジカメ


minimo-x (旧ファーム)

シンガポール発、二重露光撮影が可能な小型トイデジカメ


MINI DIGI GH-TCAM30C

クラシカルなデザインの30万画素機、レザーストラップ付き


gizmon HALF D

豊富な色効果・アスペクト比、GIZMONレンズマウント搭載


VistaQuest VQ8950 Sport

1万円を切る3メートル防水仕様のトイデジカメ


LEGO DIGITAL CAMERA

レゴブロックで組み立てたようなカラフルなトイデジカメ


DSC-V6

強烈なビビッドモードを搭載したコンパクトなトイデジカメ


NeinGrenze 5000T

チルトレンズ搭載、ミニチュア風撮影が可能なトイデジカメ


PLAZA CREATE D1000

タッチパネル搭載、街の写真屋さんが本気で造った野心作


ViviCam8027(新ファーム)

スマイルキャッチにViviLink、新ファームの追加機能とは?


MINOX DCC Lieica M3(5.0)

親譲りのギミックが楽しい名門ライカのトイデジカメ


FUUVI PICK

冷蔵庫にもくっつく!動画撮影も可能な小型トイデジカメ


Polaroid a200

内蔵メモリオンリーのポラロイド製200万画素機


MyCA DC-500A

今は亡きシーグランド社の500万画素機


Groovy EMDC-113

グルービーな300万画素トイデジカメ


ViviCam8027(旧ファーム)

クラシカルなトイデジカメの初期ファームウェアの能力は?


VistaQuest VQ5015

多くのOEM機が存在する300万画素トイデジカメ


Voigtlander Vitoret RM6.0

ビビッドモードを搭載した独フォクトレンダー製のコンデジ


ポケデジ SQ30m

光沢ボディが美しいSQ28m後継機


FS-MD200

モーションセンサー搭載の超小型トイデジカメ


Xiaostyle TDG-501

根強い人気を誇るトミー製の真正トイデジカメ


VistaQuest VQ7228

青み掛かった独特な発色のビビッドモードを搭載


MINI DIGI GH-TCAM30

一眼ライクなデザインの30万画素機


EXEMODE DC318

フェイスプレート交換可能な着せ替えトイデジカメ


VistaQuest VQ1015 R2

ファームウェア交換で複数のシャッター速度やカラーモードに対応


ダイソー カメラくん

100円ショップで売られていた正真正銘のトイカメラ


NHJ 400万画素デジカメ

NHJの忘れ形見の「名無し」のデジカメ


EXEMODE DC132

Exifに「SQ Tech」を冠するVQ10X5の兄弟機?


ポケデジ SQ28m

ほぼ真四角な写真が撮れる小型トイデジカメ


Genius G-Shot P5143

ビビッドモード搭載の隠れた「天才」


大人の科学 二眼レフ

懐かしいのに新しい、組立て式の35mm二眼レフカメラ


YASHICA EZ F521

デジタルフィルタが充実したクラシックなトイデジカメ


AGFA sensor 505-D

真っ赤なシャッターボタンの独アグファフォト製トイデジ


KingOcean Z520

RGB調整機能と4種類のゲーム機能を搭載


VistaQuest VQ3007

まん丸ボディと青被り気味の発色が特徴


Polaroid a520

未だ根強いファンを持つ旧日本ポラロイド社の名機


VistaQuest VQ1015 ENTRY

ファームウェア交換が楽しいVQ1005後継機


VistaQuest VQ5090

ビビッドモードを搭載し、防水ハウジングにも対応した500万画素機


VQ2000

赤青黄色の小さなボディにCSTN液晶を搭載


VQ1005 (2008年型)

ビスタクエスト製定番トイデジカメの2008年モデル


プロフィール

FOX

不肖写真サイト"Stroller"を数年ぶりに再開いたしました。セカンドシーズン突入です。少数精鋭の選りすぐりの写真とはいきませんが、右のポッケにトイデジカメ、左のポッケに乾電池をつめこんで、何てことない日常の中でも気軽に撮影を楽しみながら、ゆったりまったりと続けていきます。(FOX)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。