トイデジカメ・トイデジのレビュー及び作例を中心に、Tips集やニュース記事を掲載。人気機種・おすすめ機種の比較検討にもどうぞ。

Stroller - トイデジカメレビュー&作例ブログ

リンク
PickUp!

ドーナツカメラ


GIZMON NULL iCA


BONZART Lit




BONZART AMPEL


Vivitar ViviCam T135


Vi-You CJ-0523


Eazzzy Rotatory Camera


Kenko DSC mini


FUUVI Bee


GIZMON iCA




GIZMON iCA MILITARY


GH-TCAM30P






minimo-x


GH-TCAM30C


FUUVI PICK


Vivitar ViviCam 8027


VitaQuest VQ1015 R2





VQ5090 Aqua Pack


VitaQuest VQ5090


VitaQuest VQ1015 Classic


カテゴリ一覧
--年--月--日 --時--分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第回

スポンサーサイト

カテゴリ● スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年12月09日 21時07分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第455回

PLAZA CREATE プラザクリエイト D1000 レビュー

カテゴリ● カメラ本体レビュー
全国でプリントショップ「パレットプラザ」「55ステーション」を展開するプラザクリエイトから発売されている、「D1000」のレビューです。メーカー小売価格9,800円のところ、今なら発売記念特別価格5,980円で販売されています(記事執筆現在)。
PLAZA CREATE D1000
写真屋さんのデジタルカメラ、Dシリーズ」として発売されたモデルの1つで、スリムボディに光学3倍ズームとタッチパネルを搭載しているのが特徴です。「パレットプラザ」「55ステーション」の店頭販売のみとなっているようです。

基本仕様

取扱説明書から引用。この価格でにCCD、光学3倍ズームに加えて3インチのタッチパネルも搭載というのは、かなりの頑張りようだと思います。
PLAZA CREATE D1000

パッケージ

紙製のシンプルなデザインです。
PLAZA CREATE D1000 PLAZA CREATE D1000

付属品

取扱説明書(日本語、モノクロ42頁)、クイックスタートガイド、CD-ROM、保証書。
PLAZA CREATE D1000

充電器とACアダプターは非常にコンパクト。タッチパネル用のスタイラスペンも付属しますが、本体に収納することはできません。USBケーブルも付属。
PLAZA CREATE D1000

専用バッテリー、ハンドストラップ。
PLAZA CREATE D1000


カメラ外観

正面。マイク、フラッシュ、セルフタイマーLED、レンズが並びます。レンズは指で触りやすい位置にあるのか、ふと気付いたら指紋で汚れていることが多いです。
PLAZA CREATE D1000

背面。3インチのタッチパネルの脇には、再生/MENU/顔検出/削除ボタン。ボタンといっても機械的なスイッチではなく、タッチパネル上に配置されています。タッチパネルは感圧式で、ニンテンドーDSと良く似た操作感です。マルチタッチには非対応。
PLAZA CREATE D1000

上面。状態表示LED、電源ボタン、シャッターボタン、ズームレバー。レバーは小さくて少々固めなのが難。指が痛いので爪を立てるようにして操作することが多いです。
PLAZA CREATE D1000

底面。USBコネクターのみで、三脚穴はありません。
PLAZA CREATE D1000

左側面には何もありません。
PLAZA CREATE D1000

右側面。ストラップ穴とバッテリー/MicroSDカードスロットの蓋があります。
PLAZA CREATE D1000

蓋を開けた様子。外部メモリがMicroSD/MicroSDHCのみというのは、極小サイズのトイデジカメ的で面白いです。
PLAZA CREATE D1000


液晶モニタ表示内容

起動画面。D1000ロゴが表示されます。終了画面はありません。
PLAZA CREATE D1000

静止画撮影画面。画面下部に並ぶアイコンをタッチすると、フォーカスモード、フラッシュ、露出等の設定をダイレクトに変更することができます。写真は露出設定時の様子。こういった操作をタッチ操作で行えるのは便利です。
PLAZA CREATE D1000

フォーカスモードから「複数焦点」を選択した様子。9つのフォーカスポイントから1点をタッチすると、そこにピント合わせが行われるようになります。ここらもタッチパネルを活かした操作方法です。
PLAZA CREATE D1000

シーンモードの選択画面。アイコンが妙に可愛い(笑)。フルオート、ビデオ、笑顔検出、手ぶれ軽減、パノラマ、人物(男性)、人物(女性)、遠景、スポーツ、夜(人物)、夜景、キャンドル、花火、文字、夕陽、朝日、スプラッシュ、流水、スノー、ビーチ、ペット、自然な緑、プログラムオート撮影の選択が可能。
PLAZA CREATE D1000

撮影メニュー。ISO感度、画質、ホワイトバランス、シャープネス、色彩(後述)、彩度、測光モード、撮影モード、クイック撮影、デジタルズーム、ピンボケ検出、プレビュー、日付プリント、セットアップの各メニュー項目が表示されます。クイック撮影は、AFをOFFに機能。フォーカス∞設定と組み合わせると、単焦点デジカメのようにサクサク撮影できます。ピンボケ検出は3枚の写真を連射し、その中からピンボケしたものを検出するという、ちょっとユニークな機能です。
PLAZA CREATE D1000

セットアップメニュー。日付・時刻、言語(日本語、英語)、オートオフ、操作音、コマ番号リセット、発光周波数、液晶の明るさ、フォーマット、メディア情報、システム、設定リセットの各メニュー項目が表示されます。発光周波数はCMOS搭載のトイデジカメにはお馴染みの、50Hz・60Hzの周波数設定。CCD搭載機では見たことがない設定項目ですが、はて…。
PLAZA CREATE D1000

動画撮影画面。640x480ピクセル、320x240ピクセルの動画撮影が可能です。いずれも30fpsで音声の有無を選択できます。
PLAZA CREATE D1000

再生画面。横フリックで前後の画像が表示され、縦フリックで前後10画像分をスキップすることができます。面白いのが画面右下のアイコンで、ここをタッチしながら本体を傾けると前後の画像が表示されます。傾けた角度に応じて画像送りの速度が変わります。また、画像の2回タッチでズーム操作が行えます。マルチタッチには非対応のため、ピンチイン・ピンチアウトの操作は行えません。
PLAZA CREATE D1000

撮影時のカメラ位置(縦・横)も記録されているようで、再生時には自動的に画像の縦横が回転表示されます。また、再生時に本体を縦に持った場合にも、それに追従する形で画像が回転表示されます。地味に嬉しい機能です。
PLAZA CREATE D1000

再生モードでのメニューには赤目補正、ダイナミックライト(露出補正)、スライド、DPOF、画像の保護、音声メモの添付、リサイズ、画質変更、カードへのコピーといった項目が表示されます。
PLAZA CREATE D1000

サンプル画像

各「色彩」設定による各色効果のサンプル画像です。画像クリックで別窓に長辺500ピクセルの画像を表示します。

左:標準、右:鮮明。鮮明は「Vivid」ということになるのでしょうが、効果は控えめです。


左:セピア、右:モノクロ


左:青、右:赤


左:緑、右:黄。緑のみ元の色が少し残ります。


紫。緑以外はモノクロ変換後、青、赤、黄、紫のフィルタを掛けたような効果が得られます。


総評

最近、作り手の心意気が感じられないトイデジカメが増えた所為か、今回のD1000には価格面での頑張りや、タッチパネルを用いた操作面での拘りが感じられて、かなりの好印象を持ちました。某スマートフォンをちょっとチープにした感じで面白いですよ、コレは。ガジェット好きな方は、店頭でちょっと触ってみてはいかがでしょう。おもわず「ニヤリ」としちゃうかも。

PLAZA CREATE D1000

と持ち上げるだけでなく敢えて気になる点も書いておきます。
まずは電池もちがあまりよくありません。満充電の状態から、半日ほど撮り歩いて帰宅後に、画像や設定のチェックを行っている最中に電池切れ、という具合。またAEに難あり。撮影画像全体が真っ白に飛ぶことが時々あります。露出マイナス補正しても追いつかない感じです。再生モードにサムネイル表示の機能がないのも不自由。フリック操作や傾き検出による画像閲覧は楽しい反面、サムネイルに代わる物とは言い難いです。また、欲を言い出せばキリがないですが、せっかく傾きセンサを内蔵しているのなら、リコーのコンデジの様に電子水準器が付いてたら嬉しかったな、とか。

最後のは贅沢言い過ぎですね。


おぉ

こんちは、Foxさん。パレットも頑張りますね!

実はカメラ好きになるきっかけが。。
パレット直営店でのバイトでした(笑。

三年近く昼間だけバイトしてたんですよ(笑
おかげでフィルムカットから何から何まで
ベテランです(笑。

トイデジも出すようになったんですね~。
当時はトイカメラの写真を持ち込まれた時は
ぴ、ピンぼけ過ぎるけど。。これはプリント
ハネるべきなのかと・・悩まされたのを
思い出しました。

結構おもしろそうなカメラですね!
ほしくなってきたなぁ
2010年12月10日 15時12分 ヒグレ [ 編集 ]

おお、ヒグレさんにそんな過去が。
タダモンじゃないと思ってましたよ(笑)
プリント云々は耳が痛いなぁ…(^^;

今だと下取りのカメラを持っていけば更に2000円引きだとか。
いっとくなら今ですぜ(と、またまた背中を押してみたり)。

2010年12月10日 21時06分 FOX [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

Welcome!
ご訪問ありがとうございます。



新着記事
タグ一覧
全記事表示リンク
カメラ本体レビュー(新着順)
GEANEE ドーナツデジカメ

モッチリ触感に5種類の色効果、スクウェアフォーマット撮影


PLAZA CREATE D1650 WIDE

Lomoモードを搭載した多機能お手軽デジカメ


Vi-You CJ-0523

180度回転可能な目玉を持った小型トイデジ


Qlix QLD001

写真の楽しさを求め続け、シンプルと感性に辿りついた野心作


BONZART Lit

プリティリトルな30万画素トイデジカメ


minimo-x (新ファーム)

新ファームウェアについて知っておくべきこと


BONZART AMPEL

チルトレンズを搭載した二眼レフ風トイデジカメ


Polaroid E10

AGFAでYASHICAなPolaroidのトイデジカメ


Kenko DSC mini

クラカメ風デザインで動画もOKな小型トイデジカメ


Eazzzy Rotatory Camera

真四角ボディに4種類のカラーモードを搭載


FUUVI Bee

8mm映画風の動画撮影が可能な、ノスタルジックムービーカム


Vivitar ViviCam T135

赤青メガネ方式の3D撮影が可能なトイデジカメ


ウルトラ・コンパクト・カメラ

ダイソー・カメラくん以来、驚きの100円トイカメラ


AIPTEK slim3200

思わずビジュアル・ブックマークしたくなるトイデジカメ


minimo-x (旧ファーム)

シンガポール発、二重露光撮影が可能な小型トイデジカメ


MINI DIGI GH-TCAM30C

クラシカルなデザインの30万画素機、レザーストラップ付き


gizmon HALF D

豊富な色効果・アスペクト比、GIZMONレンズマウント搭載


VistaQuest VQ8950 Sport

1万円を切る3メートル防水仕様のトイデジカメ


LEGO DIGITAL CAMERA

レゴブロックで組み立てたようなカラフルなトイデジカメ


DSC-V6

強烈なビビッドモードを搭載したコンパクトなトイデジカメ


NeinGrenze 5000T

チルトレンズ搭載、ミニチュア風撮影が可能なトイデジカメ


PLAZA CREATE D1000

タッチパネル搭載、街の写真屋さんが本気で造った野心作


ViviCam8027(新ファーム)

スマイルキャッチにViviLink、新ファームの追加機能とは?


MINOX DCC Lieica M3(5.0)

親譲りのギミックが楽しい名門ライカのトイデジカメ


FUUVI PICK

冷蔵庫にもくっつく!動画撮影も可能な小型トイデジカメ


Polaroid a200

内蔵メモリオンリーのポラロイド製200万画素機


MyCA DC-500A

今は亡きシーグランド社の500万画素機


Groovy EMDC-113

グルービーな300万画素トイデジカメ


ViviCam8027(旧ファーム)

クラシカルなトイデジカメの初期ファームウェアの能力は?


VistaQuest VQ5015

多くのOEM機が存在する300万画素トイデジカメ


Voigtlander Vitoret RM6.0

ビビッドモードを搭載した独フォクトレンダー製のコンデジ


ポケデジ SQ30m

光沢ボディが美しいSQ28m後継機


FS-MD200

モーションセンサー搭載の超小型トイデジカメ


Xiaostyle TDG-501

根強い人気を誇るトミー製の真正トイデジカメ


VistaQuest VQ7228

青み掛かった独特な発色のビビッドモードを搭載


MINI DIGI GH-TCAM30

一眼ライクなデザインの30万画素機


EXEMODE DC318

フェイスプレート交換可能な着せ替えトイデジカメ


VistaQuest VQ1015 R2

ファームウェア交換で複数のシャッター速度やカラーモードに対応


ダイソー カメラくん

100円ショップで売られていた正真正銘のトイカメラ


NHJ 400万画素デジカメ

NHJの忘れ形見の「名無し」のデジカメ


EXEMODE DC132

Exifに「SQ Tech」を冠するVQ10X5の兄弟機?


ポケデジ SQ28m

ほぼ真四角な写真が撮れる小型トイデジカメ


Genius G-Shot P5143

ビビッドモード搭載の隠れた「天才」


大人の科学 二眼レフ

懐かしいのに新しい、組立て式の35mm二眼レフカメラ


YASHICA EZ F521

デジタルフィルタが充実したクラシックなトイデジカメ


AGFA sensor 505-D

真っ赤なシャッターボタンの独アグファフォト製トイデジ


KingOcean Z520

RGB調整機能と4種類のゲーム機能を搭載


VistaQuest VQ3007

まん丸ボディと青被り気味の発色が特徴


Polaroid a520

未だ根強いファンを持つ旧日本ポラロイド社の名機


VistaQuest VQ1015 ENTRY

ファームウェア交換が楽しいVQ1005後継機


VistaQuest VQ5090

ビビッドモードを搭載し、防水ハウジングにも対応した500万画素機


VQ2000

赤青黄色の小さなボディにCSTN液晶を搭載


VQ1005 (2008年型)

ビスタクエスト製定番トイデジカメの2008年モデル


プロフィール

FOX

不肖写真サイト"Stroller"を数年ぶりに再開いたしました。セカンドシーズン突入です。少数精鋭の選りすぐりの写真とはいきませんが、右のポッケにトイデジカメ、左のポッケに乾電池をつめこんで、何てことない日常の中でも気軽に撮影を楽しみながら、ゆったりまったりと続けていきます。(FOX)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。