トイデジカメ・トイデジのレビュー及び作例を中心に、Tips集やニュース記事を掲載。人気機種・おすすめ機種の比較検討にもどうぞ。

Stroller - トイデジカメレビュー&作例ブログ

リンク
PickUp!

ドーナツカメラ


GIZMON NULL iCA


BONZART Lit




BONZART AMPEL


Vivitar ViviCam T135


Vi-You CJ-0523


Eazzzy Rotatory Camera


Kenko DSC mini


FUUVI Bee


GIZMON iCA




GIZMON iCA MILITARY


GH-TCAM30P






minimo-x


GH-TCAM30C


FUUVI PICK


Vivitar ViviCam 8027


VitaQuest VQ1015 R2





VQ5090 Aqua Pack


VitaQuest VQ5090


VitaQuest VQ1015 Classic


カテゴリ一覧
--年--月--日 --時--分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第回

スポンサーサイト

カテゴリ● スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


通算21回目のカメラ本体レビュー。今回はモーションセンサー機能を搭載した小型トイデジカメ「FS-MD200」をレビューします。

FS-MD200

改版履歴

【第一版:2010年6月23日】
 初版公開。初期不良品を使って泣く泣くレビュー。

【第ニ版:2010年6月25日】
 交換品到着に伴い記述の一部を更新。

パッケージ

なんとティン缶製のパッケージです。蓋の文字部分がエンボス加工されていたりと、なんだか妙にカッコいいのです。
FS-MD200


裏面も抜かりなし。でも「FS-MD200」という文字が全く見当たらないという胡散臭さ(笑)。
FS-MD200


蓋を開けると内箱に収められたカメラ本体とご対面。この凝りようは一体、何?
FS-MD200
トイデジカメでは前代未聞の凝りに凝ったパッケージです。どうしちゃったんだい?



セット内容

取扱説明書(モノクロ1枚刷り)、充電用USBケーブル、データ転送用USBケーブル、CD-ROM、ハンドストラップ、旅行充電器セットが付属します。CD-ROMは8mmサイズの上下を切り落とした変形判なので、PCのドライブによってはセットできないかも。
FS-MD200


USBケーブルは充電用とデータ転送用の2本に分かれているという謎仕様。一本にまとめられない筈は無いと思うのですが(笑)
FS-MD200



基本スペック

レンズやセンサーの詳細など、公表されていない情報が多いです。そもそも製造元すら謎ですし。尚、国内での販売元は「株式会社ファイアスター」とあります。家電やIT製品などの輸入卸販売をしている会社のようです。
  • センサー:500万画素(実際は130万画素程度?)

  • 静止画サイズ:2560×1920px(補間が入っているっぽい?)

  • 動画サイズ:1280×960px(音声あり、最大30fps)

  • 電源:内蔵型リチウムポリマー電池(USBケーブルまたは付属の充電器により充電)

  • 本体サイズ:約45mm×29mm×10mm

  • 本体重量:約14g



カメラ概観

正面から。光学ファインダーと小さなレンズが並びます。光学ファインダーは目を近づけてもぼやけてしまって見えません。少し離れた位置から覗き込む感じ。これは交換品でも同様だったため、仕様と思われます。まぁ、ファインダーなんて飾りです。なお写真ではわかりにくいですが、レンズ右上のLED(後述)、レンズ左下にマイクの孔があります。
FS-MD200


背面は光学ファインダーとボタンの説明のみで、他は何も無し。画像表示用はおろか、枚数表示用のLCDすら付いていません。つんつるてん。
FS-MD200


左側面にはUSB端子。カメラ本体の内蔵電池への充電は、このUSB端子に充電用USBケーブルか後述の充電器を接続することで行います。右側面にはストラップホールとマイクロSDカードスロット。出し入れの際にカードを奥までグッと押し込むのですが、このロック機構が硬くてちょっと大変。
FS-MD200


カメラ上面にはモードボタンとシャッターボタン。
FS-MD200


底面には何もなし。シリアル番号のシールなども貼られていません。
FS-MD200


文字部分はシールなので剥がしてしまうことも可能。ちょっと目立つシールなので、私は剥がしてしまいました。
FS-MD200


マイクロSDはこのような向きでセットします。
FS-MD200



旅行充電器セット

個人的にそのチープなルックスに惹かれていた充電器。旅行充電器というネーミングかまた(笑)
FS-MD200


こんな感じに単三電池をセットして使います。
FS-MD200


カメラ本体に接続するとLEDが点灯。地味にカッコいい。
FS-MD200

ところで友人から聞いた話では、この充電器って単体売りもされていたりするみたいです。FS-MD200用に設計されたものではないということは、ある程度の汎用性が見込めるということなのかな?今後、色々と試してみよう。



気になるステータス表示は?

液晶画面が一切ついてないこのトイデジカメでは、ステータス表示は本体正面のLEDの点灯状態で行います。例えば赤LEDの点灯は動画モード、
FS-MD200


MODEボタンを押して青LEDの点灯状態にすると静止画モード、
FS-MD200


更にMODEボタンを押して赤LED、青LEDの両方を点灯状態にするとボイスレコーダ、といった具合。
FS-MD200


これはほんの一例で、この2色のLEDの点灯状態と点滅状態の組み合わせにより、待機中、録画中、撮影中、録音中、データ転送中、充電中といった様々なステータスが表示されるのです。…って分かり難い!!!



サイズ比較

とりあえずVQ1015、マイクロSDとサイズ比較。カメラ本体のサイズはびっくりするほど小さいです。マッチ箱サイズのVQ1015が巨大に見えます。
FS-MD200


MINI DIGI GH-TCAM30、FS-MD200、VQ1015の三台でサイズ比較。FS-MD200は突出して小さく、そして軽いです。気をつけないとすぐにどこかへ無くしてしまいそう。
FS-MD200



静止画作例

動作確認を重ねているうちに日が暮れてしまったため、今回は日中の写真はありません。
FS-MD200


この色味は嫌いじゃないのですが、画質は明らかにソフトウェア補間が入っている感じですね。静止画のサイズこそ500万画素(固定)ですが、センサー自体はいいとこ130万画素といったところじゃないでしょうか。
FS-MD200



おしまい

最初に我が家に届いた個体はマイクロSDがどれも認識されず、撮影結果のファイルの多くがクラッシュしてしまう不良を抱えた初期不良品でしたが、販売店のサポート担当さんがてきぱきと動いてくれたおかげで、2日後には交換品にすることができました。こちらは先述のような不具合は無く、快適に動作しています。ロット単位での不良だったらどうしようと、不安に思ったりもしましたが、そのようなことはありませんでした。

いやー、よかったよかった。

ところでこのカメラ、起動直後は動画モードになっていることと、箱や本体に「MiNi DV」「HD Video Recorder」などと書かれていることから、商品カテゴリとしてはデジカメ型のビデオレコーダというのがメーカーの思惑なのかも?しかも、静止画はなぜか常に3連射になってしまう謎仕様。またシャッター押下や記録完了時に全く音がせず(ビープ音すらならない)、LED表示だけが頼りになるわけですが、その肝心なLEDはカメラ正面についているために確認できないという、これまた謎な仕様になっています。

なんというか、一般的なデジカメとはそもそも設計思想が異なるような気がします。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年09月01日 22時20分 - [ 編集 ]

Re: お聞きしたいです。

※管理人のみ閲覧可能なコメントへの回答です。

> 私もこの商品を購入したのですが、充電の仕組みがよくわかりません。

付属の充電用ケーブル経由でPCとカメラ本体を接続することで、
USBのバスパワーによる充電が可能です。

> 充電時は何色のランプが点灯しますか?  

充電中は青点灯+赤点滅、充電完了後は青点灯+赤点灯になります。

> あと充電器も壊れていました(泣)

購入時からの不良であれば、交換してもらえると思いますよ。
最近のトイデジカメは、結構不良率が高いです。

2010年09月02日 20時46分 FOX [ 編集 ]

モーションセンサーについて

モーションセンサーの設定方法が説明では、赤LEDの点灯は動画モード時3秒長押し名のですが、動作していないようです。色々試しては見ましたが動作しません。動作方法知っていたら教えてください。
2010年09月23日 08時27分 lark [ 編集 ]

あいにく取説をどこかに仕舞い込んでしまったので確認できないのですが、
購入時に取説通りに一通りの動作確認はしたと思います。
なので、モーションセンサの動作確認も出来たはずです。

2010年09月23日 22時44分 FOX [ 編集 ]

Re.モーションセンサーについて

おそらくFS-MD200と一緒の商品だと思いますがMVC-500MSDというカメラを先週購入しました
モードボタン長押しでモーションセンサーモードに切り替わらないため、購入店に持ちこんだ結果ロットによる仕様変更があったようです
切り替え方法は

・電源を入れる
・赤いLEDが灯ったら電源ボタンを長押しすると赤・青のLEDが点灯
※この際長押ししすぎると電源が切れてしまうので最初から
・赤・青点灯でスタンバイ 点滅で撮影 一定時間で待機状態

端折りましたがこんな感じだそうです
2010年10月14日 16時53分 こみ [ 編集 ]

Re: Re.モーションセンサーについて

おお!またまたOEM品情報ですね。
MVC-500MSD…知りませんでした。

見た目が同じなのに操作方法が違うとは…
ステータス表示用のLCDすらないこの機種では、
知らなかったらなかなか気付かない仕様変更ですね。

貴重な情報をお寄せいただいて有難うございました。(^-^)

2010年10月14日 21時20分 FOX [ 編集 ]

ありがとうございました。
アレはOEM増殖だったんですねっ。
お手数かけましたぁ。
2011年02月19日 10時11分 トリンポ [ 編集 ]

いえいえ、お手数なんてことはありませんよ。(^^)
OEMも確信があるわけではなく、サンプルの静止画と動画の画質から、
そうなんじゃないかなぁと感じている程度のもので。

形としてはアレの方が面白そうなので、FS-MD200を持ってなかったら
買っていたと思います。

2011年02月19日 10時30分 FOX [ 編集 ]

日付の変更

はじめまして。早速ですがおしえてください。
このカメラを買い、早速使ったのですが、日付変更ができません。time.txtをつくってディスクの直下におけばよいと取説には書いてあるのですが2007年のままです。さらに、txtファイルが消えてしまうし・・・

どのようにしたら日付を変更できるのでしょうか。
2011年03月17日 22時38分 まし [ 編集 ]

Re: 日付の変更

返事が遅れてすみません。
説明書をどこかにしまいこんでしまったもので、確実なことは言えないのですが、
確か付属のCD-ROMにtime.txtの見本が入っていたと思います。
その見本に従って日付を書き換え、本体にコピーすると日付設定に反映されます。
その際、time.txtは自動的に消去されるようになっていたと思います。

2011年03月31日 23時42分 FOX [ 編集 ]

待機時間

これの購入を考えているんですが
携帯型充電器を付けた状態での
動体検知時の待機時間はどのぐらいなのでしょうか?
2011年06月11日 01時46分 fs [ 編集 ]

残念ながら試したことが無いので分かりません。
充電器も今は手元にないもので…。
お役に立てずにすみません。


2011年06月11日 10時39分 FOX [ 編集 ]

モーションセンサーの待機時間設定とPCカメラとしての使用

型番 LT091 モーションセンサーの動作確認済。ただ、待機時間を1,3,5分と設定できるようなことを宣伝で見たが、やり方が分からず、販売者もサポートしてくれない。当方の感覚では3~5分正面に変化なければ待機になる気がします。またPCカメラとして使用を目的に購入したが、PCでデバイスとして認識してない。(リムーバルディスクとしては認識してますが。)これに関しても、やはり販売者はサポートしてくれない。使い方を割り切ったほうがいい商品である。
2011年10月10日 18時46分 shydra [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

Welcome!
ご訪問ありがとうございます。



新着記事
タグ一覧
全記事表示リンク
カメラ本体レビュー(新着順)
GEANEE ドーナツデジカメ

モッチリ触感に5種類の色効果、スクウェアフォーマット撮影


PLAZA CREATE D1650 WIDE

Lomoモードを搭載した多機能お手軽デジカメ


Vi-You CJ-0523

180度回転可能な目玉を持った小型トイデジ


Qlix QLD001

写真の楽しさを求め続け、シンプルと感性に辿りついた野心作


BONZART Lit

プリティリトルな30万画素トイデジカメ


minimo-x (新ファーム)

新ファームウェアについて知っておくべきこと


BONZART AMPEL

チルトレンズを搭載した二眼レフ風トイデジカメ


Polaroid E10

AGFAでYASHICAなPolaroidのトイデジカメ


Kenko DSC mini

クラカメ風デザインで動画もOKな小型トイデジカメ


Eazzzy Rotatory Camera

真四角ボディに4種類のカラーモードを搭載


FUUVI Bee

8mm映画風の動画撮影が可能な、ノスタルジックムービーカム


Vivitar ViviCam T135

赤青メガネ方式の3D撮影が可能なトイデジカメ


ウルトラ・コンパクト・カメラ

ダイソー・カメラくん以来、驚きの100円トイカメラ


AIPTEK slim3200

思わずビジュアル・ブックマークしたくなるトイデジカメ


minimo-x (旧ファーム)

シンガポール発、二重露光撮影が可能な小型トイデジカメ


MINI DIGI GH-TCAM30C

クラシカルなデザインの30万画素機、レザーストラップ付き


gizmon HALF D

豊富な色効果・アスペクト比、GIZMONレンズマウント搭載


VistaQuest VQ8950 Sport

1万円を切る3メートル防水仕様のトイデジカメ


LEGO DIGITAL CAMERA

レゴブロックで組み立てたようなカラフルなトイデジカメ


DSC-V6

強烈なビビッドモードを搭載したコンパクトなトイデジカメ


NeinGrenze 5000T

チルトレンズ搭載、ミニチュア風撮影が可能なトイデジカメ


PLAZA CREATE D1000

タッチパネル搭載、街の写真屋さんが本気で造った野心作


ViviCam8027(新ファーム)

スマイルキャッチにViviLink、新ファームの追加機能とは?


MINOX DCC Lieica M3(5.0)

親譲りのギミックが楽しい名門ライカのトイデジカメ


FUUVI PICK

冷蔵庫にもくっつく!動画撮影も可能な小型トイデジカメ


Polaroid a200

内蔵メモリオンリーのポラロイド製200万画素機


MyCA DC-500A

今は亡きシーグランド社の500万画素機


Groovy EMDC-113

グルービーな300万画素トイデジカメ


ViviCam8027(旧ファーム)

クラシカルなトイデジカメの初期ファームウェアの能力は?


VistaQuest VQ5015

多くのOEM機が存在する300万画素トイデジカメ


Voigtlander Vitoret RM6.0

ビビッドモードを搭載した独フォクトレンダー製のコンデジ


ポケデジ SQ30m

光沢ボディが美しいSQ28m後継機


FS-MD200

モーションセンサー搭載の超小型トイデジカメ


Xiaostyle TDG-501

根強い人気を誇るトミー製の真正トイデジカメ


VistaQuest VQ7228

青み掛かった独特な発色のビビッドモードを搭載


MINI DIGI GH-TCAM30

一眼ライクなデザインの30万画素機


EXEMODE DC318

フェイスプレート交換可能な着せ替えトイデジカメ


VistaQuest VQ1015 R2

ファームウェア交換で複数のシャッター速度やカラーモードに対応


ダイソー カメラくん

100円ショップで売られていた正真正銘のトイカメラ


NHJ 400万画素デジカメ

NHJの忘れ形見の「名無し」のデジカメ


EXEMODE DC132

Exifに「SQ Tech」を冠するVQ10X5の兄弟機?


ポケデジ SQ28m

ほぼ真四角な写真が撮れる小型トイデジカメ


Genius G-Shot P5143

ビビッドモード搭載の隠れた「天才」


大人の科学 二眼レフ

懐かしいのに新しい、組立て式の35mm二眼レフカメラ


YASHICA EZ F521

デジタルフィルタが充実したクラシックなトイデジカメ


AGFA sensor 505-D

真っ赤なシャッターボタンの独アグファフォト製トイデジ


KingOcean Z520

RGB調整機能と4種類のゲーム機能を搭載


VistaQuest VQ3007

まん丸ボディと青被り気味の発色が特徴


Polaroid a520

未だ根強いファンを持つ旧日本ポラロイド社の名機


VistaQuest VQ1015 ENTRY

ファームウェア交換が楽しいVQ1005後継機


VistaQuest VQ5090

ビビッドモードを搭載し、防水ハウジングにも対応した500万画素機


VQ2000

赤青黄色の小さなボディにCSTN液晶を搭載


VQ1005 (2008年型)

ビスタクエスト製定番トイデジカメの2008年モデル


プロフィール

FOX

不肖写真サイト"Stroller"を数年ぶりに再開いたしました。セカンドシーズン突入です。少数精鋭の選りすぐりの写真とはいきませんが、右のポッケにトイデジカメ、左のポッケに乾電池をつめこんで、何てことない日常の中でも気軽に撮影を楽しみながら、ゆったりまったりと続けていきます。(FOX)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。