トイデジカメ・トイデジのレビュー及び作例を中心に、Tips集やニュース記事を掲載。人気機種・おすすめ機種の比較検討にもどうぞ。

Stroller - トイデジカメレビュー&作例ブログ

リンク
PickUp!

ドーナツカメラ


GIZMON NULL iCA


BONZART Lit




BONZART AMPEL


Vivitar ViviCam T135


Vi-You CJ-0523


Eazzzy Rotatory Camera


Kenko DSC mini


FUUVI Bee


GIZMON iCA




GIZMON iCA MILITARY


GH-TCAM30P






minimo-x


GH-TCAM30C


FUUVI PICK


Vivitar ViviCam 8027


VitaQuest VQ1015 R2





VQ5090 Aqua Pack


VitaQuest VQ5090


VitaQuest VQ1015 Classic


カテゴリ一覧
月別アーカイブ  [ 2012年09月 ] 
--年--月--日 --時--分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第回

スポンサーサイト

カテゴリ● スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




デジタルカメラ、トイデジカメ、コンピューター周辺機器や雑貨関連などの卸売りや直売を行う流通会社、株式会社GLOBAL・DCから、今年(2012年)の7月11日に発売された、二眼レフスタイルのトイデジカメ、「BONZART AMPEL」の本体レビューです。「AMPEL」(アンペル)は、同社が手がける「BONZART」(ボンザート)ブランドのトイデジカメの第一弾で、希望小売価格は1万4,700円(税込)。



基本スペック

  • 撮像素子:500万画素 CMOSセンサー 1/3.2インチ×2
  • 液晶モニター:2インチTFT LCD 4:3、解像度:960×240ドット
  • レンズ:F2.8 , f=9mm , 0.5m ~ ∞, スタンダードレンズ/チルトレンズ切り替え
  • ズーム:デジタルズーム4倍
  • マウント:マグネットマウントリング
  • フォーカス:固定焦点
  • 静止画解像度:2592×1944、2048×1536、1024×768、640×480
  • 動画解像度:1280×720(HD)、720×480、640×480、320(320×240)、音声あり
  • カラーモード:STANDARD / VIVID /B&WH(白黒)/ SEPIA / REFRESHING
  • 記録メディア:SD/SDHC 最大32GB
  • 電源:単3電池×3本
  • 外形寸法:約(W)64.86mm×(H)101.88mm×(D)61.15mm
  • 質量:約145g (本体のみ) / 約215g(電池を入れた場合)



パッケージ

ボディのデザインと同様、黒ベースに赤と緑のアクセントが入った紙製のパッケージです。カメラ部分の印刷だけ光沢があったりして、トイデジカメのパッケージらしからぬ高級感があるのです。


セット内容

カメ本体の他に、モノクロ一枚刷りの取扱説明書、保証書、USBケーブルと・・・


二眼レフのカメラには欠かせない、ネックストラップが付属します。肩から斜めに掛けることもできる程度の、十分な長さがあります。



ボディ外観

正面には特徴的な二つのレンズが並びます。赤の縁取りはノーマルレンズ、緑の縁取りはチルトレンズ。これらはLENSボタンで切替が可能で、チルトレンズを使うと所謂「ミニチュア風写真」を撮ることが出来ます。シャッターボタンと動画撮影用のマイクも正面に並びます。背面は電源ボタン、上下ボタン、決定ボタン、メニューボタン、LEDインジケータ、電池ボックスが並びます。


左側面は何もなし。右側面にはモード切替ダイアル(動画、静止画、再生)と、エフェクト切替ダイアルが並びます。このダイアル式のエフェクト切替が斬新で、STANDARD、VIVID、B&W(白黒)、SEPIA、REFRESHINGの5種類の色効果を、撮影中に即座に切り替えることが出来るのです。メニュー操作の手間が不要で非常に快適!動画撮影の最中にもガチャガチャと切り替えることができる優れものです。


上面はファインダーカバー、底面にはUSB+メモリカードスロットと、金属製の三脚穴があります。



ファインダーカバー

上面のレバーをスライドさせると、折りたたみ式のファインダーカバーを展開することができます。「二眼レフスタイル」ということで、ファインダー(というか液晶モニタ)を上面から覗き込む撮影スタイルを採っているわけです。この、トイデジカメで上から覗き込む感覚というのはかなり新鮮。また、カバーの開閉のパカパカ感が楽しくて、ついつい繰り返してしまいます(笑)。




各部アップ

底面のUSBポートとSDカードスロットはラバー製のカバーに覆われています。


背面の電池カバーを開けた様子。電源は単三電池3本です。やっぱり乾電池で使えるトイデジカメって良いですね。長く付き合えそうです。



モニタ表示内容

左:電源ON時に表示される起動画面。メニュー設定でOFFにすることも可能。
右:LENSボタンでノーマルレンズを選択した際の表示。静止画撮影モードの画面です。


左:同様にチルトレンズ選択時の表示。カメラアイコンが選択に応じて色が変わるのが分かりやすいのです。
右:動画撮影モードの画面。撮影可能時間が表示されます。


左:再生モードの画面。
右:静止画撮影メニュー。解像度、アスペクト比(4:3、1:1)、シャープネス、測光方式、ホワイトバランス、露出補正、セルフタイマー+連写、日付スタンプの設定が可能。


左:動画撮影メニュー。解像度、フレームレート、測光方式、ホワイトバランスの設定が可能。解像度HDはソフトウェア補間となり、フレームレートは19fps固定となるようです。HD以外の設定では15fpsと30fpsの切替が可能です。
右:本体設定メニュー。操作音、電源周波数、オートパワーオフ、日付、表示言語(日英)、USB(ストレージ、webカム)、起動画面ON/OFF、フォーマット、設定初期化といった設定が可能です。
操作音の設定には一癖あるようで、音量(0~3)を0に設定すると基本的に動画撮影時の音声がOFFになるようです。が、0に設定した場合でも時々(恐らく起動後の最初の動画撮影時)には音声が撮れてしまうようで混乱を招きます。そもそも表示は「操作音の設定」メニューなのに、動画の録音レベルがが変わってしまう点がややこしいです。ここらは今後のファームウェアアップデートでの改善されるかも知れませんね。大いに期待したいところです。


左:再生メニュー。保護、削除、スライドショー、回転、サイズ変更、ボイスメモの設定が可能。
右:電源OFF時の表示。こちらはOFFにすることはできないようです。この「ByeBye」には見覚えが・・・と思ったら、「YASHICA EZ F521」と同じですね。メニュー画面のデザインもそっくり。またもや親類発見かも?


作例

カラーモードを変えながら、ノーマルレンズで撮り比べ。設定はデフォルト。先ずはスタンダード。


ビビッド。かなり鮮やかな発色になります。


B&W(モノクロ)。


セピア。


リフレッシング。これは耳慣れないモードですね。青味がかったような、所謂「寒色系」の発色になるようです。


チルトレンズ、ビビッド、露出-1で撮影。露出はプラス側に転びがちな傾向があるので、アンダー側に設定しておくと良い感じ。なのですが、電源ONにするたびに毎回設定し直す必要があります。ここは記憶しておいて欲しいなぁ。(ちらっちらっ)


ノーマルレンズ、ビビッド、露出-1、アスペクト比1:1で撮影。アスペクト比を1:1に設定した場合は、撮影時には4:3表示、再生時には1:1で記録された画像を4:3に引き伸ばした状態で表示されます。うっかり1:1に設定したままなのを忘れていて、両端が切れた写真を量産してしまうことも。出来れば1:1表示に対応して欲しいなぁ。(ちらっちらっ)



まとめ

色々書きましたが、二種類のレンズの切り替えや、色効果のダイアル操作、上面から覗き込む撮影スタイルなど、弄ることが楽しい+撮影する行為自体が楽しいトイデジカメです。各種スマホ系のカメラアプリが台頭する昨今、このようなボディのデザインの面白さや、触ることの楽しさに重きを置いたトイデジカメというアプローチは一つの答えではないかと。先日発表された第二弾の「BONZART Lit」も、"触ってみたくなるトイデジカメ"という点で共通しており、グローバルDCさんの企画チームとしては、恐らくここらを重視されているのではないかと想像します。「BONZART」ブランドで今後、どのような製品が展開されていくのか、非常に楽しみです。

というわけで今回はこの辺で。今後こちらのカテゴリに、コンバージョンレンズを使った作例や、動画の作例なども随時追加していく予定ですので、どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト


2012年09月28日 00時28分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第664回

GLOBAL・DC、新型トイデジカメ「BONZART Lit」を発表

カテゴリ● ニュース 関連タグ● 機材
二眼レフスタイルのトイデジカメ「BONZART AMPEL」が好調な、株式会社GLOBAL・DCから、ボンザートブランドのオリジナルトイデジカメの第二弾として「BONZART Lit(ボンザート・リト)」が発表されました。10月4日発売予定。希望小売価格2,980円(税込)。




コンセプト





「ほとんど油絵」のような写りというと、Eazzzy Rotatory Cameraとか、Kenko DSC miniが記憶に新しいですが、果たしてリトではどんな雰囲気の写真が撮れるのでしょう。興味津々ですねぇ。

基本スペック



何と言っても、この価格でカラーTFTモニターを搭載しているのが驚きです。記録メディア(MicroSD)にもしっかり対応している点もポイント高いです。トイデジカメ好きの心理が良く分かっていらっしゃる(笑)。


ボディ外観

ボディカラーはレッド、ブラック、ホワイトの3色。今後、カラバリ展開などもあるかも知れませんね。無駄のないソリッドなデザインが素敵です。クラシカルなLitのロゴデザインにもグッときます。


モニタはほぼ真四角に見えますが、静止画データのアスペクト比は4:3になっているようです。ここらは果たしてどのように処理されるのか。操作系はAMPELとちょっと似ていますね。


見た目といい価格といい、完全に玩具感覚で遊べそうなトイデジカメです。AMPELと同様、いじって楽しいトイデジカメに仕上がりそうで、今から発売が楽しみです。




2012年09月23日 00時16分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第663回

minimo-xで秋の海

カテゴリ● WINGroup minimo-x 関連タグ●

WINGroup minimo-x

久々にWINGroupのトイデジカメ、minimo-xで。



鋭い人は、過去の作例とちょっと写りが違っていることにお気づきかも。
コントラストが高くなった感じ?実はバージョンが変わっているのです。

ここらの詳細はいずれまた。

2012年09月13日 23時01分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第662回

FUUVI Beeでスカイツリー

カテゴリ● FUUVI Bee 関連タグ● 建物

FUUVI Bee

8mm映画風の動画撮影が可能なトイデジカメ「FUUVI Bee」の静止画モードで撮影。
何度も書きますが、これが通常の写りです。リサイズと文字乗せ以外の加工なし。



記録的な写真を撮る用途には全く向かないトイデジカメです。
が、この突出した個性が素敵なのです。


2012年09月12日 23時44分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第660回

tiltpod for コンパクトデジタルカメラ レビュー

カテゴリ● その他レビュー 関連タグ● 機材
二眼レフ型トイデジカメ「BONZART AMPEL」で知られるグローバル・DCから発売された「tiltpod」のレビューです。ちょっと変わった三脚、というかカメラスタンドなのです。

パッケージ

マットな質感の紙製のパッケージです。


ただの四角い箱ではなく、ちょっと斜めになっていたりして小洒落ています。



セット内容

カメラベース本体の他に小さな包みが入っており、


包みの中に付属品が納められ、包みの裏面が取扱説明書になっているという珍しい梱包です。


カメラベースの他にリストストラップ、screw-on pivot、stick-on pivotが付属します。


左がscrew-on pivot。三脚穴にねじ込む金属製の接続パーツです。右はstick-on pivot。こちらは粘着テープで貼り付けるタイプ。三脚穴がない機種や、三脚穴が端に寄っている機種で使います。



カメラベース外観

ベース部分はこのようにストラップに取り付けることができるのです。ピボットとの接合部分はマグネットになっています。


底面は滑り止めのラバーになっています。



GIZMON iCAで使用

ピボットをトイデジカメやコンデジの底面に取り付けて、


このように磁力でベースにペタンとくっつけます。


ピボットは半球型になっているので、自由雲台のように上下左右に首を振らせることができます。


が、「GIZMON iCA」+iPhone本体だとちょっと重すぎるようで、ぎりぎり支えられている感じ。途中の角度で保持することができません。



Vivitar ViviCam T135で使用

こちらは重量的にも全く問題ありません。ベースの向きに気をつければ、自由な角度で保持できます。



FUUVI Beeで使用

これ、なんだか見た目がめっちゃ可愛いです(笑)。こちらも楽々支えられます。見た目も機能性も抜群。



Polaroid E10で使用

この機種は三脚穴が端にあるので、screw-on pivotだと写真のように傾いてしまいます。こういう機種にはstick-on pivotえば無問題。


因みに、カメラベースはこのように磁石がくっつくところならどこでもくっつきます。冷蔵庫とか自動車のボディとか。もちろん、事前に加重に耐えられるかどうかを確認する必要がありますが。


三脚って普段は地味に荷物になるのでなかなか持ち歩かないんですよね。で、使いたいと思うときには大抵持っていないという…。その点、このtiltpodはストラップに取り付けておけば邪魔にならないし、カメラ本体への取り付けもサクっと行えるのが素晴らしいのです。特にトイデジカメは軽量な機種が多く、保持力の点でもtiltpodとの相性が良さそう。価格もお手軽なのが嬉しいのです。





2012年09月11日 21時42分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第661回

ViviCam T135で中央線

カテゴリ● Vivitar ViviCam T135 関連タグ● 色効果 鉄道

Vivitar ViviCam T135 - 3D mode

アナグリフ(赤青メガネによる立体視)方式の写真撮影が可能なトイデジカメ、「ViviCam T135」で撮影。





このトイデジカメで3D的に取るコツは、近景すぎず遠景すぎずといった被写体を狙うこと、のような気がします。単に私が3Dマニュアルシフトを使いこなせていないだけかも知れませんが。


2012年09月10日 23時18分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第659回

GIZMON iCA CENTER FOCUS FILTER & CROSS SCREEN FILTER レビュー

カテゴリ● その他レビュー 関連タグ● 機材
トイデジカメ関連商品を扱うギズモショップさんが展開する、「GIZMON iCA」の関連商品のレビューです。今回は、本日9月10日に発売された「GIZMON iCA CENTER FOCUS FILTER」と「GIZMON iCA CROSS SCREEN FILTER」をご紹介します。



このような樹脂製のクリップが付属しています。クリップ側のベースにネジが切られており、フィルターをねじ込む構造になっています。マグネット式ではないので「gizmon HALF D」等に装着することはできません。



クリップで挟むことが出来るのはiPhone4/4S、iPad2/new iPadと同等の厚さまで。手持ちのAndroidタブレットは挟むことが出来ませんでした。無理をするとクリップ側か液晶画面側が割れてしまいそうで怖い。



フィルタ本体。左がセンターフォーカス、右がクロススクリーン。それぞれフィルター先端部分を回転させることで、フォーカ位置やクロスの角度を調整することができます。またフィルター先端にもネジが切られているので、フィルター同士を重ねることも出来るようです。ちょっと試してみたところ盛大にケラれますので実用性はさて置き。



クリップでiPhone4(厚さ9.3mm)を挟んだ様子。残念ながら手持ちのAndroidタブレット(厚さ11.95mm)を挟むことはできませんでした。



iPhone用ケース「GIZMON iCA」の左下のレンズ枠部分には、付属のクリップと同じ系のネジが切られているので、フィルターを直接取り付けることが出来ます。



すっきりと一体化した感じになります。



CENTER FOCUS FILTER 作例

ざるうっど~~~ん!


かいがっか~~~ん!

と、このように中央にピントが合い、周辺部分が流れた感じに撮れるわけです。


CROSS SCREEN FILTER

強い光に向けると、その部分が十字(クロス)状に輝いて映ります。


今回は夜の写真だけになっちゃいましたけど、太陽光や水面の照り返しなどでもOKです。


直径2cm程度とかなり小さなフィルタなので取り回しが楽なのが良いです。欲を言えばクリップでもう少し厚手のものを挟めるようにして欲しいのと、マグネットマウント用のアダプタ的なものがあると嬉しいかな、と。




2012年09月09日 19時33分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第658回

Polaroid E10による色効果一覧

カテゴリ● Polaroid E10 関連タグ● 撮り比べ モノクロ セピア 色効果

Polaroid E10

ポラロイドブランドのトイデジカメ、Polaroid E10のEffect機能による作例です。
画像クリックで大きなサイズの画像を別窓に表示します。

左から順にEffect無し、B&W、Sepia


左から順にNegative、Red、Green


左から順にBlue、Binarize、Sunset


左から順にWarm、Cold、Contrast


先日の本体レビューにも書いた通り、複数のEffectの掛け合わせも可能です。左はB&W+Contrast、右はWarm+Contrast


このトイデジカメ、Effect無しでの写真は正直言ってどうってことはないのですが、Effectの賭け合わせで思わぬ仕上がりになったりするのが面白いのです。


恒例のトイデジカメレビューです。今回ご紹介するトイデジカメは「Polaroid E10」。ポラロイドブランドの海外モデルのトイデジカメなのですが、その実態はこちらの記事にも書いたとおり、見た目は「AGFA sensor 505-D」、中身は「YASHICA EZ F521」、銘はポラロイドという、なんとも節操の無いトイデジカメだったりするのです(笑)。

基本スペック

  • 撮像素子:500万画素 CMOSセンサー
  • スーム:デジタル4倍
  • ディスプレイ:2.4インチLCD
  • 外部メモリ:SD/SDHCメモリカード(16GBまで対応)
  • 動画撮影(音声あり)/LEDライト/セルフタイマー
  • 電源:単4形乾電池×2
  • 外形寸法:W95×D22×H58(mm)
  • 重量:約85g


パッケージ

意外にキチンとした紙製のパッケージです。写真がちょっと怖いのを除けば、本当にキチンとしてます。


裏面には各国語で簡単なスペックの説明が並んでいますが、日本語はありません。


セット内容

カメラ本体の他に、説明書(モノクロ一枚刷り)、CD-ROM、USBケーブルが付属します。私が購入した店では簡単な日本語の説明書も付けてくれました。まぁ、英語表示にしておけば操作で詰まることはないと思います。


ボディ外観

先述の通りAGFAのトイデジカメ「sensor 505-D」とそっくりなボディです。


背面は液晶画面と再生ボタン、方向ボタン、メニューボタン。


左側面にUSBポート、右側面にストラップホール。ストラップは付属しません。


本体上面には電源ボタン、モード切替ボタン(静止画/動画/再生)、シャッターボタン。背面に専用の再生ボタンがあるのに、モード切替ボタンでもいちいち再生モードに飛ぶのが地味にストレス。


底面には樹脂製の三脚穴。


本体正面のLEDライト(フラッシュではありません)を点灯。背面の方向ボタン右で、ON/OFFを切替えます。青白い光だし、あまり遠くまで届かない感じなので、実用性に欠けるかも。暗がりで手元を照らすのには使える、というレベル。


画面表示内容

左:起動時に表示されるタイトル画面。
右:静止画撮影画面。


左:静止画メニュー。解像度、画質、測光方式、WB、露出、連写、色効果、日付スタンプの設定が可能。
右:動画メニュー。解像度、フレームレート、測光方式、WBの設定が可能。動画撮影時には色効果は使えません。


左:設定メニュー。プレビュー時間、照明周波数、節電、日付、言語(日本語非対応)、USBカメラモード、フォーマット、設定リセットといった項目が並びます。
右:電源OFF時に表示される画面。クールです。カッコいいです。


AGFA sensor 505-Dと比較

折角なので並べてみました。505-Dのフラッシュ部分が、E10ではLEDライトに変更されています。レンズ周りの刻印も違いますね。


505-Dの操作レバーは、E10では方向ボタンに変更されました。写真では分かり難いですが、LEDインジケータの位置も変更されています。


側面のUSBポートは、E10ではより一般的な形状のミニ端子になりました。


上面。505-Dは真っ赤なボタンがカッコいいですが、「5MEGAPIXEL」がいただけません。メガドライブの「16BIT」みたい。(あ、分かる人だけ分かってくれれば。)


作例

こちらに順次アップしていく予定ですのでお楽しみに。

まとめ

このトイデジカメは、先述の通り中身はほぼ「YASHICA EZ F521」と同等品です。なので、撮影時に選択可能な色効果は白黒/セピア/ネガ/赤/緑/青に限定され、撮影後の再生モードではこれに加えて2値化/夕暮れ/暖色/寒色/コントラストを設定することができる、という点も同じです。



最初の印象では撮影時に全ての色効果が選択できないことに不満を感じますが、実際に使い込んでみると、とりあえずノーマルで撮影した後で、複数の色効果を掛け合わせたり、同じ効果を何重にも掛けたりという使い方が増えてきます。これに慣れてしまうと、他のトイデジカメにもこの機能が欲しくなってきたり。

エグゼモード社がトイデジ事業から撤退してしまった昨今、「AGFA sensor 505-D」も「YASHICA EZ F521」も入手し難くなっていますので、このような形で復活?を遂げてくれたのは喜ばしいことだと思います。


2012年09月02日 20時08分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第656回

ケンコー・トキナー Kenko DSC mini レビュー

カテゴリ● カメラ本体レビュー
写真・光学製品などの製造・輸入を手がけるケンコー・トキナー社のトイデジカメ、「DSC mini」のレビューです。クラシックカメラ風デザインの、超小型のトイデジカメなのです。ボディカラーは今回レビューするブラウンの他に、ブラック、グリーン、オレンジ、パープル、ホワイトを加えた全6色となっています。

静止画に加えて音声付きのムービーも撮影可能。カメラ背面にはマグネットを内蔵しており、冷蔵庫などにもくっつきます。

基本スペック

パッケージ裏のスペック表より。




パッケージ

トイデジカメではお馴染みの、外周切開型のブリスターパックです。

セット内容

トイデジカメ本体の他に、両吊りタイプのネックストラップ、USBケーブル、モノクロ一枚刷りの取説(日本語)が付属します。


ボディ外観

正面から。光学ファインダーにマイク穴とレンズが並びます。このファインダーは透明な樹脂製で、覗いてみても像がグニャグニャに歪んでしまっている困りモノ。レンズ外枠部分には思わせぶりなギザギザがありますが、しっかりと固定されており回転するわけではありません。


背面。小さな穴はLEDインジケーター。静止画=赤、動画=青、そしてなぜか説明書に書かれていませんが、赤青同時点灯でボイスレコーダモードになっているみたいです。


左側面にUSBポート、右側面にMicroSDカードスロット。


上面。モードボタン、電源ボタンを兼ねたシャッターボタンが並びます。


底面にはなにもなし。


作例

こちらにアップ済みですのでご覧下さい。
Kenko DSC mini で夏の空
Kenko DSC mini で電波塔


まとめ

先日レビューした「Eazzzy Rotatory Camera」と、静止画のExif情報のコメント「GP Ender」が共通しており、基本スペックや静止画や動画の写りも良く似ていることから、両者は恐らく同一のエンジンで作られたトイデジカメではないかと思います。カラーモードで遊びたい人は「Eazzzy Rotatory Camera」、オマケのネックストラップが欲しい人は「DSC mini」をどうぞ。



また、ボディのレイアウトやLEDインジケータ表示、何よりあのグニャグニャなファインダーから、どうも「FS-MD200」とも、遠からぬ因縁があるように思われます。「FS-MD200」が「CHOBi CAM」のOEMであることや発売時期から想像するに、「ちょビッカム・クラシック」あたりが同等品なのかも。違いはマグネットレンズ用のマウントの有無程度かな?

あくまでも私の個人的な想像ですが。





Welcome!
ご訪問ありがとうございます。



新着記事
タグ一覧
全記事表示リンク
カメラ本体レビュー(新着順)
GEANEE ドーナツデジカメ

モッチリ触感に5種類の色効果、スクウェアフォーマット撮影


PLAZA CREATE D1650 WIDE

Lomoモードを搭載した多機能お手軽デジカメ


Vi-You CJ-0523

180度回転可能な目玉を持った小型トイデジ


Qlix QLD001

写真の楽しさを求め続け、シンプルと感性に辿りついた野心作


BONZART Lit

プリティリトルな30万画素トイデジカメ


minimo-x (新ファーム)

新ファームウェアについて知っておくべきこと


BONZART AMPEL

チルトレンズを搭載した二眼レフ風トイデジカメ


Polaroid E10

AGFAでYASHICAなPolaroidのトイデジカメ


Kenko DSC mini

クラカメ風デザインで動画もOKな小型トイデジカメ


Eazzzy Rotatory Camera

真四角ボディに4種類のカラーモードを搭載


FUUVI Bee

8mm映画風の動画撮影が可能な、ノスタルジックムービーカム


Vivitar ViviCam T135

赤青メガネ方式の3D撮影が可能なトイデジカメ


ウルトラ・コンパクト・カメラ

ダイソー・カメラくん以来、驚きの100円トイカメラ


AIPTEK slim3200

思わずビジュアル・ブックマークしたくなるトイデジカメ


minimo-x (旧ファーム)

シンガポール発、二重露光撮影が可能な小型トイデジカメ


MINI DIGI GH-TCAM30C

クラシカルなデザインの30万画素機、レザーストラップ付き


gizmon HALF D

豊富な色効果・アスペクト比、GIZMONレンズマウント搭載


VistaQuest VQ8950 Sport

1万円を切る3メートル防水仕様のトイデジカメ


LEGO DIGITAL CAMERA

レゴブロックで組み立てたようなカラフルなトイデジカメ


DSC-V6

強烈なビビッドモードを搭載したコンパクトなトイデジカメ


NeinGrenze 5000T

チルトレンズ搭載、ミニチュア風撮影が可能なトイデジカメ


PLAZA CREATE D1000

タッチパネル搭載、街の写真屋さんが本気で造った野心作


ViviCam8027(新ファーム)

スマイルキャッチにViviLink、新ファームの追加機能とは?


MINOX DCC Lieica M3(5.0)

親譲りのギミックが楽しい名門ライカのトイデジカメ


FUUVI PICK

冷蔵庫にもくっつく!動画撮影も可能な小型トイデジカメ


Polaroid a200

内蔵メモリオンリーのポラロイド製200万画素機


MyCA DC-500A

今は亡きシーグランド社の500万画素機


Groovy EMDC-113

グルービーな300万画素トイデジカメ


ViviCam8027(旧ファーム)

クラシカルなトイデジカメの初期ファームウェアの能力は?


VistaQuest VQ5015

多くのOEM機が存在する300万画素トイデジカメ


Voigtlander Vitoret RM6.0

ビビッドモードを搭載した独フォクトレンダー製のコンデジ


ポケデジ SQ30m

光沢ボディが美しいSQ28m後継機


FS-MD200

モーションセンサー搭載の超小型トイデジカメ


Xiaostyle TDG-501

根強い人気を誇るトミー製の真正トイデジカメ


VistaQuest VQ7228

青み掛かった独特な発色のビビッドモードを搭載


MINI DIGI GH-TCAM30

一眼ライクなデザインの30万画素機


EXEMODE DC318

フェイスプレート交換可能な着せ替えトイデジカメ


VistaQuest VQ1015 R2

ファームウェア交換で複数のシャッター速度やカラーモードに対応


ダイソー カメラくん

100円ショップで売られていた正真正銘のトイカメラ


NHJ 400万画素デジカメ

NHJの忘れ形見の「名無し」のデジカメ


EXEMODE DC132

Exifに「SQ Tech」を冠するVQ10X5の兄弟機?


ポケデジ SQ28m

ほぼ真四角な写真が撮れる小型トイデジカメ


Genius G-Shot P5143

ビビッドモード搭載の隠れた「天才」


大人の科学 二眼レフ

懐かしいのに新しい、組立て式の35mm二眼レフカメラ


YASHICA EZ F521

デジタルフィルタが充実したクラシックなトイデジカメ


AGFA sensor 505-D

真っ赤なシャッターボタンの独アグファフォト製トイデジ


KingOcean Z520

RGB調整機能と4種類のゲーム機能を搭載


VistaQuest VQ3007

まん丸ボディと青被り気味の発色が特徴


Polaroid a520

未だ根強いファンを持つ旧日本ポラロイド社の名機


VistaQuest VQ1015 ENTRY

ファームウェア交換が楽しいVQ1005後継機


VistaQuest VQ5090

ビビッドモードを搭載し、防水ハウジングにも対応した500万画素機


VQ2000

赤青黄色の小さなボディにCSTN液晶を搭載


VQ1005 (2008年型)

ビスタクエスト製定番トイデジカメの2008年モデル


プロフィール

FOX

不肖写真サイト"Stroller"を数年ぶりに再開いたしました。セカンドシーズン突入です。少数精鋭の選りすぐりの写真とはいきませんが、右のポッケにトイデジカメ、左のポッケに乾電池をつめこんで、何てことない日常の中でも気軽に撮影を楽しみながら、ゆったりまったりと続けていきます。(FOX)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。