トイデジカメ・トイデジのレビュー及び作例を中心に、Tips集やニュース記事を掲載。人気機種・おすすめ機種の比較検討にもどうぞ。

Stroller - トイデジカメレビュー&作例ブログ

リンク
PickUp!

ドーナツカメラ


GIZMON NULL iCA


BONZART Lit




BONZART AMPEL


Vivitar ViviCam T135


Vi-You CJ-0523


Eazzzy Rotatory Camera


Kenko DSC mini


FUUVI Bee


GIZMON iCA




GIZMON iCA MILITARY


GH-TCAM30P






minimo-x


GH-TCAM30C


FUUVI PICK


Vivitar ViviCam 8027


VitaQuest VQ1015 R2





VQ5090 Aqua Pack


VitaQuest VQ5090


VitaQuest VQ1015 Classic


カテゴリ一覧
月別アーカイブ  [ 2011年06月 ] 
--年--月--日 --時--分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第回

スポンサーサイト

カテゴリ● スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年06月30日 23時00分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第566回

プラズマボール

カテゴリ● gizmon HALF D

gizmon HALF D

gizmonブランドのトイデジカメ「gizmon HALF D」で。
近所の子供博物館に置かれているプラズマボール。
手を近づけると怪しげな光がうねうねと寄ってくるのが楽しいのです。



真横から。
手をかざすとスター・ウォーズの皇帝気分。
うねうね加減が気持ちいい♪



動画検索をすると、結構でてきます。
うねうねをご覧になりたい方はどうぞ。

この短い文の中で3回も「うねうね」って書きましたよ。
スポンサーサイト


2011年06月29日 21時29分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第565回

minimo-xで飛行船

カテゴリ● WINGroup minimo-x

minimo-x

シンガポール発のトイデジカメ「minimo-x」で。
飛行船が飛んでるのを見つけると、ちょっとテンションが上がりませんか?なんでも現在、日本国内には飛行船を飛ばす会社がないのだそうで、こうして飛んでいる飛行船の全ては、海外から運び込まれているのだとか。そんな背景を知ってしまうと、ますますテンションが上がって、街中でも人目もはばからず「お~い」と手を振りたくなってしまいます。



肉眼では結構低空飛行していたように見えたのですが、光学ズームはおろかデジタルズームも搭載していないトイデジカメで撮ったところで、豆粒のようにしか写りません。なので今回はピクセル等倍・トリミングのみの画像も付けてみました。カラーリングから推測するに「スヌーピーJ号」でしょうか。



インターネットなどを利用して手軽に広告を打てるようになった昨今においても、こういった飛行船による広告ってコストに見合った効果があるんでしょうか。そういえばアドバルーンも最近は見かけなくなりましたね。ちょっと寂しいなぁ。


2011年06月28日 22時24分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第564回

DSC-V6で雑貨店

カテゴリ● DSC-V6 関連タグ● ビビッド

DSC-V6 - Vivid mode

強烈なビビッドモードを誇るトイデジカメ、DSC-V6で。
赤のべったり具合が素敵です。



梅雨明け後の晴天下に、特に持ち出したいトイデジカメです。


2011年06月27日 22時20分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第561回

minimo-xで真っ直ぐな道

カテゴリ● WINGroup minimo-x

minimo-x

minimo-xの作例が少なくて寂しいので、本日二度目のアップです。
もしかしてminimo-xの記録画素数3.2MPは、ソフトウェア補間が入っているかも?



ちょっと手が空いた時にでも調べてみようかと思います。
まぁ、これもトイデジカメにはよくあることなので、あまり気にはしませんが。


2011年06月27日 20時51分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第560回

minimo-xでカエルの群れ

カテゴリ● WINGroup minimo-x

minimo-x

昨日レビュー記事をアップした、minimo-xで早速。
工事現場を取り囲むカエルの群れです。
トイデジカメ向けのかわいい被写体と思いきや、
よく見るとどてっ腹に開いた大穴がちょっと怖い…。



minimo-x、発色は決して嫌いじゃないのですが、「安全第一」の白い幕の周辺にみられるような、モスキートノイズ?が出やすいような気がします。過度な圧縮をかけている所為でしょうか。他のトイデジカメだと、メニューの画質設定で回避できたりするんですが、minimo-xにはそのようなメニュー項目がないんですよね。

というか、そもそもメニュー画面が存在しない…。




シンガポール発のトイデジカメ「minimo-x」の本体レビューです。最大の特徴は「ダブルエクスポージャー(二重露光撮影)」と、「トンネル効果」。小型ボディながらにLCDも搭載している点も見逃せません。




基本スペック

  • 画像方式:<静止画>JPEG<動画>AVI
  • 静止画解像度:2048×1536(3.2MP),1600×1200(2.0MP),1280×960(1.3MP)
  • 動画解像度640×480/30fps
  • モニター:1.1インチ
  • 画素数:320万画素 
  • レンズ:F2.8 f=9.6mm
  • シャッタースピード:1/8~1/5000 sec 
  • ISO:100 
  • バッテリー:内蔵リチウムイオン電池(PC接続で充電可能)
  • メモリ:MicroSD card(別売り、最大8GBまで対応)
  • サイズ:38×60×18mm 31.5g 
  • セルフタイマー:10秒/2秒 
  • 対応PC:windows 98SE/ME/2000/XP/7 ※Macではminimo-x内の画像データの確認不可
  • インターフェイス:USB1.1 



パッケージ

パッケージは、周囲を切り取って開封するタイプのブリスターパックになっています。


パッケージ上には「DIGITAL-OMO」なる表記が散見されますが、これの意味するところは、勘の良い人は察してください、ということなのでしょう。



セット内容

カメラ本体とUSBケーブル、ストラップ(といっても紐とリングだけ)、モノクロ一枚刷りの取扱説明書が付属します。



カメラ外観

正面はレンズのみ。シンプルです。


背面は1.1インチの液晶モニタ、MENUボタン、上下ボタン。液晶モニタは数あるトイデジカメの中でも屈指の見難さです。本当にギリギリで構図の確認ができるレベルで、付いていないよりはマシという感じです。


左側面にはMINIMO-Xのロゴのみ。右側面はストラップ穴になっています。


上面はシャッターボタン。


底面は軟質素材のソケットカバーになっています。


ソケットカバーを空けた様子。MicroSDスロット、USB端子、リセットボタンが配置されています。リセットボタンは長いピンなどで押すタイプ。幸いなことに今のところ一度も押したことがありません。動作はまずまず安定しているようです。



モニタ表示内容

写真左:起動と終了画面。MINIMO-Xのロゴが表示されます。
写真右:静止画撮影モード。「D」はダブルエクスポージャー(二重露光撮影)がONになってることを表します。起動時は常にOFFになっており、MENUボタン長押しでON/OFFを切替えます。上ボタンで画素数変更、下ボタンでセルフタイマーの秒数とON/OFF切り替え。


写真左:動画撮影モード。上ボタンで照明周波数(50Hz/60Hz)の切り替え。下ボタンは機能しません。
写真右:再生モード。シャッターボタンを押すたびに表示倍率が上がっていくのですが倍率の変化が非常に小刻みなのでストレスを感じます。上下ボタンで表示画像の送り戻し。



作例

画像クリックで別ウィンドウに長辺500pxの画像が表示されます。
写真左:屋内照明下で撮影。
写真右:ダブルエクスポージャーを使うと、こんな感じの写真が撮れるわけです。


写真左:おお、これはレビュー用の写真撮影の手間が省けるかも(笑)
写真右:ちょっとした特撮も可能です。


写真左:屋外遠景。
写真右:屋外近景。



まとめ

ダブルエクスポージャーやトンネル効果に魅力を感じるかどうか。これに尽きると思います。全般的な写りに関しては、思ったほど個性が強くないように感じました。そのダブルエクスポージャーも、ちょっと使いこなすのが難しそうです。LCD上には一枚目に撮った写真が透過表示された状態で、二枚目の写真を撮影するわけですが、先述の通りLCDが非常に見難い上に(特に屋外では殆ど何が映っているのか分かりません)、構図をあれこれ考えている最中に1分程度でオートパワーオフされてしまうのです(泣)。しかもこのオートパワーオフ機能は無効にすることができません(泣)。



またトイデジカメという括りにしても品質に少々難があるようです。私の手元にある個体では、液晶モニタとカバーの間に大きなゴミが入っていたために一度交換してもらったのですが、その後、CMOSセンサーの上のゴミが映り込んだりとトラブル続き。販売元の担当者さんいわく、ある程度の品質の悪さについては許容して欲しいとのことでしたので、このあたりを覚悟の上で購入する必要がありそうです。


2011年06月24日 22時51分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第558回

レンズ作例カテゴリ新設

カテゴリ● レンズ作例

EOS Kiss Digital X + HL_C

最近、gizmonのマグネット式のコンバージョンレンズや、キヤノンEOS用のHOLGAレンズ等の使用頻度が高くなってきましたので、これらのレンズによる作例を別カテゴリとして独立させました。これまでにアップ済みの「gizmon HALF D」+gizmonレンズシリーズによる作例や、ず~っと前にアップした、虫眼鏡による作例もこのカテゴリに移動しました。



今日の写真はEOS用のHOLGAレンズ HL-C で撮影したものです。
BC(ブラック・コーナー・エフェクター)無しなので四隅の光量落ちがありません。


2011年06月23日 22時17分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第557回

ViviCamで空

カテゴリ● Vivitar ViviCam 8027 関連タグ● ビビッド

Vivitar ViviCam 8027 - Vivid mode

困った時には空の写真です(笑)。
久々に「ViviCam 8027」で。



梅雨の晴れ間を喜んだのもつかの間、暑い暑い…。

2011年06月22日 23時00分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第556回

祇園も色々

カテゴリ● VistaQuest VQ5090 関連タグ● 京都 看板 ビビッド

VistaQuest VQ5090 - Vivid mode

祇園といえば「はんなり」といったイメージがありますが、
ぶらぶらしていると結構こんな感じの場所もあったりします。



今年もまた、トイデジ片手に京都をぶらぶらしたいなぁ。


2011年06月21日 22時24分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第555回

ワイヤー風見鶏

カテゴリ● gizmon HALF D 関連タグ● 色効果

gizmon HALF D - Yellow mode




Welcome!
ご訪問ありがとうございます。



新着記事
タグ一覧
全記事表示リンク
カメラ本体レビュー(新着順)
GEANEE ドーナツデジカメ

モッチリ触感に5種類の色効果、スクウェアフォーマット撮影


PLAZA CREATE D1650 WIDE

Lomoモードを搭載した多機能お手軽デジカメ


Vi-You CJ-0523

180度回転可能な目玉を持った小型トイデジ


Qlix QLD001

写真の楽しさを求め続け、シンプルと感性に辿りついた野心作


BONZART Lit

プリティリトルな30万画素トイデジカメ


minimo-x (新ファーム)

新ファームウェアについて知っておくべきこと


BONZART AMPEL

チルトレンズを搭載した二眼レフ風トイデジカメ


Polaroid E10

AGFAでYASHICAなPolaroidのトイデジカメ


Kenko DSC mini

クラカメ風デザインで動画もOKな小型トイデジカメ


Eazzzy Rotatory Camera

真四角ボディに4種類のカラーモードを搭載


FUUVI Bee

8mm映画風の動画撮影が可能な、ノスタルジックムービーカム


Vivitar ViviCam T135

赤青メガネ方式の3D撮影が可能なトイデジカメ


ウルトラ・コンパクト・カメラ

ダイソー・カメラくん以来、驚きの100円トイカメラ


AIPTEK slim3200

思わずビジュアル・ブックマークしたくなるトイデジカメ


minimo-x (旧ファーム)

シンガポール発、二重露光撮影が可能な小型トイデジカメ


MINI DIGI GH-TCAM30C

クラシカルなデザインの30万画素機、レザーストラップ付き


gizmon HALF D

豊富な色効果・アスペクト比、GIZMONレンズマウント搭載


VistaQuest VQ8950 Sport

1万円を切る3メートル防水仕様のトイデジカメ


LEGO DIGITAL CAMERA

レゴブロックで組み立てたようなカラフルなトイデジカメ


DSC-V6

強烈なビビッドモードを搭載したコンパクトなトイデジカメ


NeinGrenze 5000T

チルトレンズ搭載、ミニチュア風撮影が可能なトイデジカメ


PLAZA CREATE D1000

タッチパネル搭載、街の写真屋さんが本気で造った野心作


ViviCam8027(新ファーム)

スマイルキャッチにViviLink、新ファームの追加機能とは?


MINOX DCC Lieica M3(5.0)

親譲りのギミックが楽しい名門ライカのトイデジカメ


FUUVI PICK

冷蔵庫にもくっつく!動画撮影も可能な小型トイデジカメ


Polaroid a200

内蔵メモリオンリーのポラロイド製200万画素機


MyCA DC-500A

今は亡きシーグランド社の500万画素機


Groovy EMDC-113

グルービーな300万画素トイデジカメ


ViviCam8027(旧ファーム)

クラシカルなトイデジカメの初期ファームウェアの能力は?


VistaQuest VQ5015

多くのOEM機が存在する300万画素トイデジカメ


Voigtlander Vitoret RM6.0

ビビッドモードを搭載した独フォクトレンダー製のコンデジ


ポケデジ SQ30m

光沢ボディが美しいSQ28m後継機


FS-MD200

モーションセンサー搭載の超小型トイデジカメ


Xiaostyle TDG-501

根強い人気を誇るトミー製の真正トイデジカメ


VistaQuest VQ7228

青み掛かった独特な発色のビビッドモードを搭載


MINI DIGI GH-TCAM30

一眼ライクなデザインの30万画素機


EXEMODE DC318

フェイスプレート交換可能な着せ替えトイデジカメ


VistaQuest VQ1015 R2

ファームウェア交換で複数のシャッター速度やカラーモードに対応


ダイソー カメラくん

100円ショップで売られていた正真正銘のトイカメラ


NHJ 400万画素デジカメ

NHJの忘れ形見の「名無し」のデジカメ


EXEMODE DC132

Exifに「SQ Tech」を冠するVQ10X5の兄弟機?


ポケデジ SQ28m

ほぼ真四角な写真が撮れる小型トイデジカメ


Genius G-Shot P5143

ビビッドモード搭載の隠れた「天才」


大人の科学 二眼レフ

懐かしいのに新しい、組立て式の35mm二眼レフカメラ


YASHICA EZ F521

デジタルフィルタが充実したクラシックなトイデジカメ


AGFA sensor 505-D

真っ赤なシャッターボタンの独アグファフォト製トイデジ


KingOcean Z520

RGB調整機能と4種類のゲーム機能を搭載


VistaQuest VQ3007

まん丸ボディと青被り気味の発色が特徴


Polaroid a520

未だ根強いファンを持つ旧日本ポラロイド社の名機


VistaQuest VQ1015 ENTRY

ファームウェア交換が楽しいVQ1005後継機


VistaQuest VQ5090

ビビッドモードを搭載し、防水ハウジングにも対応した500万画素機


VQ2000

赤青黄色の小さなボディにCSTN液晶を搭載


VQ1005 (2008年型)

ビスタクエスト製定番トイデジカメの2008年モデル


プロフィール

FOX

不肖写真サイト"Stroller"を数年ぶりに再開いたしました。セカンドシーズン突入です。少数精鋭の選りすぐりの写真とはいきませんが、右のポッケにトイデジカメ、左のポッケに乾電池をつめこんで、何てことない日常の中でも気軽に撮影を楽しみながら、ゆったりまったりと続けていきます。(FOX)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。