トイデジカメ・トイデジのレビュー及び作例を中心に、Tips集やニュース記事を掲載。人気機種・おすすめ機種の比較検討にもどうぞ。

Stroller - トイデジカメレビュー&作例ブログ

リンク
PickUp!

ドーナツカメラ


GIZMON NULL iCA


BONZART Lit




BONZART AMPEL


Vivitar ViviCam T135


Vi-You CJ-0523


Eazzzy Rotatory Camera


Kenko DSC mini


FUUVI Bee


GIZMON iCA




GIZMON iCA MILITARY


GH-TCAM30P






minimo-x


GH-TCAM30C


FUUVI PICK


Vivitar ViviCam 8027


VitaQuest VQ1015 R2





VQ5090 Aqua Pack


VitaQuest VQ5090


VitaQuest VQ1015 Classic


カテゴリ一覧
月別アーカイブ  [ 2010年10月 ] 
--年--月--日 --時--分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第回

スポンサーサイト

カテゴリ● スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年10月31日 19時38分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第426回

トイデジタルカメラ 「MyCA DC-500A」 レビュー

カテゴリ● カメラ本体レビュー
MyCA

先日、中古で入手した謎多きトイデジカメ「MyCA DC-500A」のレビューです。シーグランド株式会社(2007年に破産申し立て)から2006年に発売されたもので、ボディカラーは私が入手したシルバーの他に、ホワイト、ブラックがラインナップされていました。

MyCA

改版履歴

【第一版:2010年10月31日】
 初版公開。
【第ニ版:2010年11月3日】
 taking it slowの管理人、mhさんよりご提供頂いた情報を反映。


基本スペック

  • 撮像素子:CMOS(1/2インチ型 500万画素)
  • レンズ:f=8.4mm F2.8
  • 焦点範囲:1.2m~∞
  • 記録媒体:SDメモリカード
  • 液晶モニタ:1.5インチ TFT
  • 電源:単三電池×2本
  • 外寸:92mmx53mmx26mm
  • 4倍デジタルズーム
  • 音声なし動画撮影が可能


カメラ概観

従来のレビューとは趣きを変えて、こんな説明形式にしてみましたが、どうでしょう。MyCA DC-500Aのボディの質感は、とてもプラスチッキーで高級感は全くありませんが、このソリッドなデザインのままに素材を金属製にしたら、非常にカッコよくなりそうな気がします。

【正面】
MyCA

【背面】
MyCA

【側面】
MyCA

【上面】
MyCA

【下面】
MyCA


各部アップ

個人的に気に入っているのが、電源ON/OFFに連動するレンズカバー。写真左が閉じている状態(電源OFF)。写真右が開いている状態(電源ON)。トイデジカメでこれが付いている機種はあまり多くないのです。
MyCA

電池&SDカードスロット。電池ボックスのクリアランスは結構きつめで、エネループ等のちょっと太目な電池を入れると引っかかる感じです。
MyCA


液晶モニタ表示内容

写真左:起動画面。WELCOMEの下にファームウェアバージョンが表示されます。ちょっと珍しいです。
写真右:撮影画面。撮影枚数、画質、電池残量など見慣れた構成です。
MyCA MyCA

写真左:静止画・動画の撮影はメニュー画面で行います。
写真右:セルフタイマーの設定も同様。
MyCA MyCA

写真左:露出、ホワイトバランス、シャープネスの設定も可能ですが、マクロモードはありません。
写真右:再生画面。9画像分のサムネイル表示が可能です。
MyCA MyCA

写真左:再生画面から画像の回転編集を行うことも可能。
写真右:電源OFF時の画面。青地に「Good Bye」はトイデジカメの定番ですね。
MyCA MyCA


総評

トイデジカメの中でもレリーズタイムラグは大きい方だと思いますが、メニュー操作などにもたついてイライラするようなことはありません。本体背面の方向ボタンは上下がデジタルズーム、左は記録サイズ変更、右は画質変更にアサインされています。左右ボタンにはセルフタイマーや削除機能が割り当てられることが多いのですが、ちょっと変わった仕様ですね。

MyCA

画質については月並みな言い方をすれば「レトロっぽい」感じ。地味とか、個性が無いとか、一言では片付け難い雰囲気の発色で、私は嫌いじゃありません。惜しむらくはマクロ機能が無い点。レンズには「DIGITAL MACRO LENZ」と刻印されているんですけどねぇ。
スポンサーサイト


2010年10月30日 23時18分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第425回

VistaQuest VQ1015 R2 の仕様変更

カテゴリ● ニュース 関連タグ● 機材 ファームウェア
つい最近、諸事情で手持ちの VQ1015 R2を、プロキッチンさんに頼んで交換してもらったのですが、その際に若干の仕様変更がされていることに気付きました。

初期ロットでは「1123ファーム(※1)」が書き込まれた状態で販売されていましたが、最近のロットでは「0825ファーム(※2)」が書き込まれた状態で販売されているようです。パケージや取扱説明書の表記も、これに合わせて変更されています。

※1:2010年2月の先行販売当初から公開されているファーム。シャッター速度をクイック/スロー/オートから選択可能。
※2:2010年5月末に追加公開されたファーム。カラーモードをビビッド/モノクロ/セピアから選択可能。



パッケージの表記

新旧パッケージ背面の写真です。変更箇所を赤で囲ってみました。まずは初期ロットのパッケージ。シャッタースピードが選択可能な旨が記述されています。



続いて最新ロットのパッケージ。こちらはカラーモードの選択が可能な旨が記述されています。また、ビデオモードについてもモノクロ/セピアの選択について追記されています。



取扱説明書の表記

こちらも同様に、modeボタンによる切替え内容の記述が変更されています。左が初期ロット、右が最新ロットの取扱説明書です。



販売当初はシャッター速度の切替が可能であることをセールスポイントの一つにしていたVQ1015 R2ですが、やはりあまり実用的でなかったということでしょうか。私も当初から、画像確認用の液晶が無いこの機種で、シャッター速度の切替が出来ても使い道がないと考えており、実際に0825ファームをメインで使い続けていたのですが、同様の意見が多く寄せられたのかも知れませんね。

0825ファームを標準設定にしたのは悪くないと思いますが、ノーマルカラーが搭載されていないというのは、トイデジカメにしても随分と思い切った仕様ですよね…。


2010年10月29日 22時45分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第424回

清水寺 境内

カテゴリ● VistaQuest VQ5090 関連タグ● 京都 ビビッド

VistaQuest VQ5090 - Vivid mode

清水寺の境内です。
次の目的地に向けて、ずんずん移動中。

VistaQuest VQ5090


2010年10月28日 20時56分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第423回

世界遺産で画像比較

カテゴリ● Tips集 関連タグ● 京都 建物 撮り比べ
ありがちな構図と分かっちゃいるけど、その場に行ったら撮らずにおれない、清水寺のお馴染みのアングルで撮り比べです。最初は画像ごとに別記事にしようかと思ったのですが、清水寺5連発というのもどうかと思いましたので、撮り比べ記事として一つにまとめました。

画像クリックで大き目の画像が別窓に表示されます。

PENTAX Optio I-10 & VistaQuest VQ5090

写真左:Optio I-10でアスペクト比16:9で撮影。画角が広いので彼方の京都タワーまで写っています。
写真右:VistaQuest VQ5090のビビッドモードで撮影。鮮やかさが突出しています。
PENTAX Optio I-10 VistaQuest VQ5090

Vista Quest VQ1015 ENTRY - 0906 Firmware

VQ1015 ENTRYの0906ファームウェアで撮影。左から順に、ノーマル、モノクロ、セピアモードです。
なんとも昭和っぽい写真になりました。
Vista Quest VQ1015 ENTRY Vista Quest VQ1015 ENTRY Vista Quest VQ1015 ENTRY

やはり世界遺産が相手となるとテンションが上がってじゃんじゃん撮っちゃいますね。
この場所にも様々な機種のデジカメを持った人が居て、手元を見ているだけで面白かったです。


2010年10月27日 20時35分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第422回

YASHICA EZ F521 のOEM機を発見

カテゴリ● ニュース 関連タグ● 機材
またまた怪しげなOEM機ネタを。私も愛用しているEXEMODE製のトイデジカメ「YASHICA EZ F521」のOEM機が、アリババ等の海外のサプライヤーで取り扱われているのを偶然発見しました。

こちらはボディカラーが青+シルバーのモデル。本体上部のBRANDと文字がある部分には銘入れができるのかな?



続いて黒+シルバーのモデル。上写真と色違いのようですね。レンズ周りやモードダイヤル、レンズ右のマイク部分、グリップ部分などの形状が、EZ F521とは若干異なるようです。



最後は黒+水色のモデル。斬新なカラーリングからかもし出される、この上ないパチモン臭がたまりません。あろうことか今回の3機種の中では、形状が最もEZ F521に近いようです。


アリババでは「5.0 メガ ピクセルズ デジタルカメラ (TDC-5010) OEM可」と紹介されてるようです。基本的にBtoBなサイトなので小売はしていないと思いますが、大量に仕入れてBRAND部分に「Stroller」とか「FOX」とか銘入れするのが当面の私の夢です。

嘘です。


2010年10月27日 19時16分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第421回

右メニューのリンク表示について

カテゴリ● お知らせ
諸事情により、右メニューに表示していた個人サイト様向けのリンクを、暫く非表示とさせて頂きます。
決して悪意によるものではありませんので、どうぞご了承ください。
リンクは非表示にしても、皆様のサイトは今後も拝見させて頂きます。

もちろん、当ブログへのリンクもご遠慮なく解除して頂いても結構です。
決して恨んだりしませんので、どうぞお気遣いなされませぬよう…。


2010年10月26日 22時01分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第420回

16:9で西陣織店

カテゴリ● PENTAX Optio I-10 関連タグ● 京都 建物 モノクロ

PENTAX Optio I-10 - Monochrome & High Contrast

この旅では少し意識しながらアスペクト比16:9で写真を撮ってみました。
これはこれで便利だったり、逆に凄く悩んだりで新鮮です。

今後はテレビ画面に合わせて、このアスペクト比が多用されるようになるんでしょうか。
食わず嫌いしないで慣れないとね…。

PENTAX Optio I-10

写真は清水新道の西陣織の店「岡本織物店」さん。
創業天保元年(1830年)というから驚きです。
そして店構えがカッコいいのです。

今回はカメラ本体のデジタルフィルタ機能で
「白黒」→「ハイコントラスト」と加工しています。


2010年10月25日 19時07分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第419回

清水寺 仁王門

カテゴリ● VistaQuest VQ1015 ENTRY 関連タグ● 京都 建物

VistaQuest VQ1015 ENTRY

ちょっこし家族旅行などに出かけたもので、更新を休んでました。
ぼちぼち再開します。

VistaQuest VQ1015 ENTRY

こちらは京都一人旅で訪れた清水寺の仁王門。
朝もはよからデジタル一眼レフを持った中国人観光客を大勢見かけました。
そんな中、私ときたらVQ1015 ENTRYの「ほぼ真四角ファーム」なのです。

少数派もいいところです。


2010年10月20日 23時05分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第418回

ENTRYで京都タワー

カテゴリ● VistaQuest VQ1015 ENTRY 関連タグ● 京都 建物

Vista Quest VQ1015 ENTRY

京都タワー3連発。
前回、前々回と同じ時刻に、VQ1015 ENTRYで撮影しました。

Vista Quest VQ1015 ENTRY

朝の空の爽快感は全くありませんが、
これが真のENTRY風味。


2010年10月19日 19時05分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第417回

秋晴れ京都タワー

カテゴリ● VistaQuest VQ5090 関連タグ● 京都 ビビッド

Vista Quest VQ5090 - Vivid mode

昨日に続いて京都タワーと秋空を絡めて。
丸一日、身軽にぶらぶら歩きをするために、
京都駅のコインロッカーに荷物を預けに行く途中で一枚。

Vista Quest VQ5090

こういった鮮やかな発色は、
まさにVQ5090のビビッドモードの真骨頂。
このトイデジ、やっぱり好きです。


Welcome!
ご訪問ありがとうございます。



新着記事
タグ一覧
全記事表示リンク
カメラ本体レビュー(新着順)
GEANEE ドーナツデジカメ

モッチリ触感に5種類の色効果、スクウェアフォーマット撮影


PLAZA CREATE D1650 WIDE

Lomoモードを搭載した多機能お手軽デジカメ


Vi-You CJ-0523

180度回転可能な目玉を持った小型トイデジ


Qlix QLD001

写真の楽しさを求め続け、シンプルと感性に辿りついた野心作


BONZART Lit

プリティリトルな30万画素トイデジカメ


minimo-x (新ファーム)

新ファームウェアについて知っておくべきこと


BONZART AMPEL

チルトレンズを搭載した二眼レフ風トイデジカメ


Polaroid E10

AGFAでYASHICAなPolaroidのトイデジカメ


Kenko DSC mini

クラカメ風デザインで動画もOKな小型トイデジカメ


Eazzzy Rotatory Camera

真四角ボディに4種類のカラーモードを搭載


FUUVI Bee

8mm映画風の動画撮影が可能な、ノスタルジックムービーカム


Vivitar ViviCam T135

赤青メガネ方式の3D撮影が可能なトイデジカメ


ウルトラ・コンパクト・カメラ

ダイソー・カメラくん以来、驚きの100円トイカメラ


AIPTEK slim3200

思わずビジュアル・ブックマークしたくなるトイデジカメ


minimo-x (旧ファーム)

シンガポール発、二重露光撮影が可能な小型トイデジカメ


MINI DIGI GH-TCAM30C

クラシカルなデザインの30万画素機、レザーストラップ付き


gizmon HALF D

豊富な色効果・アスペクト比、GIZMONレンズマウント搭載


VistaQuest VQ8950 Sport

1万円を切る3メートル防水仕様のトイデジカメ


LEGO DIGITAL CAMERA

レゴブロックで組み立てたようなカラフルなトイデジカメ


DSC-V6

強烈なビビッドモードを搭載したコンパクトなトイデジカメ


NeinGrenze 5000T

チルトレンズ搭載、ミニチュア風撮影が可能なトイデジカメ


PLAZA CREATE D1000

タッチパネル搭載、街の写真屋さんが本気で造った野心作


ViviCam8027(新ファーム)

スマイルキャッチにViviLink、新ファームの追加機能とは?


MINOX DCC Lieica M3(5.0)

親譲りのギミックが楽しい名門ライカのトイデジカメ


FUUVI PICK

冷蔵庫にもくっつく!動画撮影も可能な小型トイデジカメ


Polaroid a200

内蔵メモリオンリーのポラロイド製200万画素機


MyCA DC-500A

今は亡きシーグランド社の500万画素機


Groovy EMDC-113

グルービーな300万画素トイデジカメ


ViviCam8027(旧ファーム)

クラシカルなトイデジカメの初期ファームウェアの能力は?


VistaQuest VQ5015

多くのOEM機が存在する300万画素トイデジカメ


Voigtlander Vitoret RM6.0

ビビッドモードを搭載した独フォクトレンダー製のコンデジ


ポケデジ SQ30m

光沢ボディが美しいSQ28m後継機


FS-MD200

モーションセンサー搭載の超小型トイデジカメ


Xiaostyle TDG-501

根強い人気を誇るトミー製の真正トイデジカメ


VistaQuest VQ7228

青み掛かった独特な発色のビビッドモードを搭載


MINI DIGI GH-TCAM30

一眼ライクなデザインの30万画素機


EXEMODE DC318

フェイスプレート交換可能な着せ替えトイデジカメ


VistaQuest VQ1015 R2

ファームウェア交換で複数のシャッター速度やカラーモードに対応


ダイソー カメラくん

100円ショップで売られていた正真正銘のトイカメラ


NHJ 400万画素デジカメ

NHJの忘れ形見の「名無し」のデジカメ


EXEMODE DC132

Exifに「SQ Tech」を冠するVQ10X5の兄弟機?


ポケデジ SQ28m

ほぼ真四角な写真が撮れる小型トイデジカメ


Genius G-Shot P5143

ビビッドモード搭載の隠れた「天才」


大人の科学 二眼レフ

懐かしいのに新しい、組立て式の35mm二眼レフカメラ


YASHICA EZ F521

デジタルフィルタが充実したクラシックなトイデジカメ


AGFA sensor 505-D

真っ赤なシャッターボタンの独アグファフォト製トイデジ


KingOcean Z520

RGB調整機能と4種類のゲーム機能を搭載


VistaQuest VQ3007

まん丸ボディと青被り気味の発色が特徴


Polaroid a520

未だ根強いファンを持つ旧日本ポラロイド社の名機


VistaQuest VQ1015 ENTRY

ファームウェア交換が楽しいVQ1005後継機


VistaQuest VQ5090

ビビッドモードを搭載し、防水ハウジングにも対応した500万画素機


VQ2000

赤青黄色の小さなボディにCSTN液晶を搭載


VQ1005 (2008年型)

ビスタクエスト製定番トイデジカメの2008年モデル


プロフィール

FOX

不肖写真サイト"Stroller"を数年ぶりに再開いたしました。セカンドシーズン突入です。少数精鋭の選りすぐりの写真とはいきませんが、右のポッケにトイデジカメ、左のポッケに乾電池をつめこんで、何てことない日常の中でも気軽に撮影を楽しみながら、ゆったりまったりと続けていきます。(FOX)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。