トイデジカメ・トイデジのレビュー及び作例を中心に、Tips集やニュース記事を掲載。人気機種・おすすめ機種の比較検討にもどうぞ。

Stroller - トイデジカメレビュー&作例ブログ

リンク
PickUp!

ドーナツカメラ


GIZMON NULL iCA


BONZART Lit




BONZART AMPEL


Vivitar ViviCam T135


Vi-You CJ-0523


Eazzzy Rotatory Camera


Kenko DSC mini


FUUVI Bee


GIZMON iCA




GIZMON iCA MILITARY


GH-TCAM30P






minimo-x


GH-TCAM30C


FUUVI PICK


Vivitar ViviCam 8027


VitaQuest VQ1015 R2





VQ5090 Aqua Pack


VitaQuest VQ5090


VitaQuest VQ1015 Classic


カテゴリ一覧
月別アーカイブ  [ 2010年03月 ] 
--年--月--日 --時--分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第回

スポンサーサイト

カテゴリ● スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年03月30日 22時45分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第263回

ご飯あります。

カテゴリ● Xiaostyle TDG-501 関連タグ● 看板

Xiaostyle TDG-501

一見お食事処とは思えない店の前に立ててあった看板。

Xiaostyle TDG-501

次回、鎌倉に行ったらここでお昼を食べてみたい。
スポンサーサイト


2010年03月29日 20時26分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第262回

カメラくんで国道駅ホーム #01

カテゴリ● ダイソー カメラくん 関連タグ● 鉄道

ダイソー カメラくん

前回に続いて、恐らくは7,8年前に撮ったと思われる国道駅の写真。意外とよく写るなぁ、カメラくん。微妙なピントの甘さがいかにもプラレンズといった感じで素敵です。100円のカメラでこれだけ写れば上々だよね。

ダイソー カメラくん

国道駅といえば構内の方がずっと特徴的なのですが、流石にカメラくんでは光量的に厳しかったようで、撮影していなかったみたいです。同日に撮影したと思われる、デジカメの撮影データは残っておりました。

うーん、久々に行ってみたくなってきた…。
トイデジカメを持って。

2010年03月28日 17時56分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第261回

大昔にカメラくんで撮った写真

カテゴリ● ダイソー カメラくん 関連タグ● 静物

ダイソー カメラくん

先日のレビュー記事に書いた通り、カメラくん本体に長年(7~8年?)入れっぱなしにしていたフィルムを現像に出してきました。まぁ色々と写っていたのですが、その中からお見せできそうなものだけ、少しずつアップします。

ダイソー カメラくん

これはおそらく、鶴見線の国道駅で撮った写真。
こうしてみると作風に進歩が見られませんね、私。

2010年03月26日 23時14分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第260回

黄砂に吹かれて

カテゴリ● PENTAX Optio I-10 関連タグ● 色効果 植物

PENTAX Optio I-10 - Toy camera filter

昨日に引き続き、嵐の後の湘南の写真。

PENTAX Optio I-10

黄砂まみれの空はなんともいえない色でした。

…て、今回もトイカメラフィルタを掛けてるので元の色じゃなくなってますけど。


2010年03月25日 21時45分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第259回

トイカメラフィルタにはまる

カテゴリ● PENTAX Optio I-10 関連タグ● 色効果 静物

PENTAX Optio I-10 - Toy camera filter

Optio I-10のトイカメラフィルタによる作例を。最近、このカメラでばっかり遊んでいます。購入前に店頭で少し触った印象では、フィルタ効果は「思ったほどでもないかな…?」という感じだったのですが、購入してみて実際に使い込んでみると「使いどころ」が肌で分かってくるようで、非常に楽しいのです。

PENTAX Optio I-10

写真は先日の大嵐の翌日に、鎌倉を撮り歩いた時のもの。
黄砂まみれの空に大荒れの海と、なかなか凄い風景でした。


2010年03月20日 21時10分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第258回

ご心配をおかけしました

カテゴリ● SAMSUNG Digimax 201

SAMSUNG Digimax 201 - Macro mode


しばらく更新をサボっちゃいました。
ご心配頂いた皆様、どうも有難うございます。

SAMSUNG Digimax 201

まぁ、色々とあったのですが、どうにか少しずつ落ち着きを取り戻してきましたので、
徐々に今までの更新ペースに戻していければ、と思っています。

気分を変えるために、今日は思い切って新機種を購入しちゃいました。
今回は本当に新機種です。いつもの古デジカメではありません(笑)
明日はこれで鎌倉、江ノ島あたりをぶらぶら撮り歩く予定です。

・・・あー、海が見たい・・・



2010年03月14日 16時57分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第257回

ダイソー カメラくん レビュー

カテゴリ● カメラ本体レビュー
部屋を整理していたら、とんでもないものを掘り出してまった。どうしよう…。

ダイソー カメラくん

2002年から2003年頃に、100円ショップ「ダイソー」で販売されていた伝説の(笑)銀塩カメラ、「カメラくん」です。より正式な名称は「ザ・カメラ おもちゃのカメラくん」になるのかな?当時、知人が地方のダイソーから買ってきてくれたものです。たしか「狐(FOX)っぽい色だから」と黄色をチョイスしてくれたんだったと思う。



パッケージ

このようなウィンドウタイプのパッケージに収められています。パッケージのサイズは約130mm×78mm×50mm。「※室内・夜間・曇天では写りません。」の注意書きにぞっこんラヴ。

ダイソー カメラくん


裏面には取り扱い方法が書かれています。
ダイソー カメラくん


この他にペラ紙一枚の取扱説明書も封入されています。こちらにはフィルムの装填方法が書かれています。
ダイソー カメラくん



大まかなスペック


このカメラ、所謂「使い捨てカメラ」ではなくフィルム交換ができる優れものなのです。35mmフィルム専用(つくづく110じゃなくて良かった…)。当時はダイソーの100円フィルム+100円現像と合わせてよく利用していたもんです。画角は35mmといったところでしょうか。撮影距離は1mから。フィルムの巻上げは手巻き式でフラッシュもないので、電池は使用しません。材質はABS製で笑ってしまうほど軽いです。本体サイズは120mm×65m×38mm。本体色は黄色の他に、黒、赤、青もあったみたい。
ダイソー カメラくん



カメラ概観


正面から。「No.309」は商品管理用(発注用?)の番号らしく、本体色によらず共通のようです。
ダイソー カメラくん


背面には親指用の指置きが。意味ありげな中央の四角い枠には特に意味はありません(笑)。名前でも貼っておきましょうかね。下はフィルム巻き上げ用のギア。
ダイソー カメラくん


左側面には裏蓋を開けるためのレバーがあります。右側面からはストラップが生えています(後述)。
ダイソー カメラくん


本体上面。フィルム巻き戻し用のレバーとシャッターボタン。すっきりしたもんです。
ダイソー カメラくん


本体底面には巻き戻し用のボタン(これを押しながら先述のレバーで巻き戻します)と撮影枚数のカウンター。
ダイソー カメラくん



各部アップ


ファインダーは中央についています。レンズ周りはCameraの"C"を模した意匠?
ダイソー カメラくん


ちゃんと撮影枚数のカウント表示があるのは驚きです。が、目安程度の精度しかありませんので油断は禁物です。
ダイソー カメラくん


先述の通り、ストラップはカメラ側面から直接生えています。斬新な設計にしびれます。
ダイソー カメラくん


そこにムダなラインはひとつもない(by Optio H90)ような気がしないでもない。
ダイソー カメラくん


裏蓋を開けるとこんな具合になってます。
ダイソー カメラくん



サイズ比較


今回は、現在改良機の配送待ちの VQ1015R2 とサイズ比較。手になじむサイズです。たしか同時期にはヨドバシカメラなどでプラモデルカメラも売られていたと思うのですが、「完成品のカメラが100円で買えるのに?」などと思ってスルーしていました。最近は中国の人件費の上昇が加速していることもあり、今後、この商品が復活することはないんじゃないかと思います。

ダイソー カメラくん

ところで、最初に「部屋を整理したら出てきた」と書きましたが、実は掘り出したのはカメラ本体だけでなく、撮影済みのフィルムが本体にセットされたままになっていました。8年前に何を撮ったのか全く覚えていないのですが、ちょっと面白そうなので現像に出してみます。ここで公開できそうなものがあったら、近日中にアップしますね。


2010年03月13日 00時10分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第256回

名無しのカメラで東京スカイツリー

カテゴリ● NHJ 400万画素デジカメ 関連タグ● 建物 セピア

NHJ 400万画素デジタルカメラ - Sepia mode

この写真を撮影したときのスカイツリーの高さは298メートル。
約一ヶ月が経過した現在の高さは311メートルだそうです。

NHJ 400万画素デジタルカメラ

ついに300メートル代に到達しました。結構なペースで伸び続けていますね。
もうちょっと暖かくなったら、もう一度撮りに行きたいと思っています。

それにしても、このカメラのセピアの写りは好きだ…。
最近では殆どセピア撮影専用機になってます。


2010年03月11日 22時56分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第255回

gimmick

カテゴリ● VistaQuest VQ3007 関連タグ● 静物

Vista Quest VQ3007

昨日の記事の続き。VQ1015R2は「よい具合に青をだすように」現在、ファームウェアの調整中とのこと。ビスタクエストで青ときたら、真っ先に連想するのがVQ3007。奇をてらった感のない青みがかった写りがツボなのです。この色調がVQ1015R2でも得られたら嬉しいなぁ。過去にVQ1015ENTRYのファームをカスタマイズして、VQ3007っぽい色味を目指したことがありましたが、無理だったもので…。

Vista Quest VQ3007

…てなことを書いてたら、今日もビスタクエスト公式ブログが更新されていました。「比較写真 VQ1015 シリーズ」という題で、VQ1015 CLASSIC、ENTRY、R2の画像サンプルの比較が掲載されています。やはりR2の色味は、VQ3007それとは全くの別物ですね。そりゃそうだ。余談ですが、並べてみるとENTRYの周辺光量落ちのわざとらしさが際立ってます(笑)。

それにしても、テスト機の調整の過程をここまでこまめにレポートしてくれるメーカーって、そうそうないですよね。これを初版のVQ1015R2の発売前にやってくれてたら、周囲の評価もだいぶ変わっていたんじゃないかと思います。


2010年03月10日 22時06分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第254回

ビスタクエスト、VQ1015R2改良機による作例を公開

カテゴリ● ニュース 関連タグ● トラブル
本日もビスタクエストの公式ブログが更新されていました(「VQ1015R2 テスト状況について#2」)。

現在「各種ファームの微調整を行っております。」とのことで、改良機で本日の東京の青空を撮った写真が掲載されています。撮影に使われたファームウェアは「よい具合に青をだすように」意識して調整されているみたいですが、個人的には「各種ファームウェア」という言い回しの方が気になったり。既に発表済みのモノクロ&セピアファームを指す言葉なのか、あるいは複数のシャッター速度を選択可能にしたものなのか…。

以前の記事にも書いたことですが、画像の確認機能が無いVQ1015R2でシャッター速度を選択できても、殆ど使わない(使えない)と思うんですよね。それどころか意図せず真っ白な写真ばかり撮れたりして、不具合再発と勘違いされやしないかと…。ならばいっそのこと、「赤被り」「青被り」「緑被り」が選択可能とか、自分で設定した「お気に入り」の色調を複数選択可能とかの方がありがたいなぁ。

なお、改良機では電力不足によるハングやダウンは全く出なくなったみたいです。ただしSDカードとの相性ばかりは如何ともしがたいようで、キングストン社製の Micro SD と SDアダプターの組み合わせだとC1エラーが高確率で発生するのだとか。

初期ロット購入者への改良機の無償配送は、ちょうど一週間後(3/17)に迫っていますが、テスト機と同等の性能が得られることを願って止みません。来週こそはVQ1015R2のレビュー記事を書けますように。(-人-)


Welcome!
ご訪問ありがとうございます。



新着記事
タグ一覧
全記事表示リンク
カメラ本体レビュー(新着順)
GEANEE ドーナツデジカメ

モッチリ触感に5種類の色効果、スクウェアフォーマット撮影


PLAZA CREATE D1650 WIDE

Lomoモードを搭載した多機能お手軽デジカメ


Vi-You CJ-0523

180度回転可能な目玉を持った小型トイデジ


Qlix QLD001

写真の楽しさを求め続け、シンプルと感性に辿りついた野心作


BONZART Lit

プリティリトルな30万画素トイデジカメ


minimo-x (新ファーム)

新ファームウェアについて知っておくべきこと


BONZART AMPEL

チルトレンズを搭載した二眼レフ風トイデジカメ


Polaroid E10

AGFAでYASHICAなPolaroidのトイデジカメ


Kenko DSC mini

クラカメ風デザインで動画もOKな小型トイデジカメ


Eazzzy Rotatory Camera

真四角ボディに4種類のカラーモードを搭載


FUUVI Bee

8mm映画風の動画撮影が可能な、ノスタルジックムービーカム


Vivitar ViviCam T135

赤青メガネ方式の3D撮影が可能なトイデジカメ


ウルトラ・コンパクト・カメラ

ダイソー・カメラくん以来、驚きの100円トイカメラ


AIPTEK slim3200

思わずビジュアル・ブックマークしたくなるトイデジカメ


minimo-x (旧ファーム)

シンガポール発、二重露光撮影が可能な小型トイデジカメ


MINI DIGI GH-TCAM30C

クラシカルなデザインの30万画素機、レザーストラップ付き


gizmon HALF D

豊富な色効果・アスペクト比、GIZMONレンズマウント搭載


VistaQuest VQ8950 Sport

1万円を切る3メートル防水仕様のトイデジカメ


LEGO DIGITAL CAMERA

レゴブロックで組み立てたようなカラフルなトイデジカメ


DSC-V6

強烈なビビッドモードを搭載したコンパクトなトイデジカメ


NeinGrenze 5000T

チルトレンズ搭載、ミニチュア風撮影が可能なトイデジカメ


PLAZA CREATE D1000

タッチパネル搭載、街の写真屋さんが本気で造った野心作


ViviCam8027(新ファーム)

スマイルキャッチにViviLink、新ファームの追加機能とは?


MINOX DCC Lieica M3(5.0)

親譲りのギミックが楽しい名門ライカのトイデジカメ


FUUVI PICK

冷蔵庫にもくっつく!動画撮影も可能な小型トイデジカメ


Polaroid a200

内蔵メモリオンリーのポラロイド製200万画素機


MyCA DC-500A

今は亡きシーグランド社の500万画素機


Groovy EMDC-113

グルービーな300万画素トイデジカメ


ViviCam8027(旧ファーム)

クラシカルなトイデジカメの初期ファームウェアの能力は?


VistaQuest VQ5015

多くのOEM機が存在する300万画素トイデジカメ


Voigtlander Vitoret RM6.0

ビビッドモードを搭載した独フォクトレンダー製のコンデジ


ポケデジ SQ30m

光沢ボディが美しいSQ28m後継機


FS-MD200

モーションセンサー搭載の超小型トイデジカメ


Xiaostyle TDG-501

根強い人気を誇るトミー製の真正トイデジカメ


VistaQuest VQ7228

青み掛かった独特な発色のビビッドモードを搭載


MINI DIGI GH-TCAM30

一眼ライクなデザインの30万画素機


EXEMODE DC318

フェイスプレート交換可能な着せ替えトイデジカメ


VistaQuest VQ1015 R2

ファームウェア交換で複数のシャッター速度やカラーモードに対応


ダイソー カメラくん

100円ショップで売られていた正真正銘のトイカメラ


NHJ 400万画素デジカメ

NHJの忘れ形見の「名無し」のデジカメ


EXEMODE DC132

Exifに「SQ Tech」を冠するVQ10X5の兄弟機?


ポケデジ SQ28m

ほぼ真四角な写真が撮れる小型トイデジカメ


Genius G-Shot P5143

ビビッドモード搭載の隠れた「天才」


大人の科学 二眼レフ

懐かしいのに新しい、組立て式の35mm二眼レフカメラ


YASHICA EZ F521

デジタルフィルタが充実したクラシックなトイデジカメ


AGFA sensor 505-D

真っ赤なシャッターボタンの独アグファフォト製トイデジ


KingOcean Z520

RGB調整機能と4種類のゲーム機能を搭載


VistaQuest VQ3007

まん丸ボディと青被り気味の発色が特徴


Polaroid a520

未だ根強いファンを持つ旧日本ポラロイド社の名機


VistaQuest VQ1015 ENTRY

ファームウェア交換が楽しいVQ1005後継機


VistaQuest VQ5090

ビビッドモードを搭載し、防水ハウジングにも対応した500万画素機


VQ2000

赤青黄色の小さなボディにCSTN液晶を搭載


VQ1005 (2008年型)

ビスタクエスト製定番トイデジカメの2008年モデル


プロフィール

FOX

不肖写真サイト"Stroller"を数年ぶりに再開いたしました。セカンドシーズン突入です。少数精鋭の選りすぐりの写真とはいきませんが、右のポッケにトイデジカメ、左のポッケに乾電池をつめこんで、何てことない日常の中でも気軽に撮影を楽しみながら、ゆったりまったりと続けていきます。(FOX)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。