トイデジカメ・トイデジのレビュー及び作例を中心に、Tips集やニュース記事を掲載。人気機種・おすすめ機種の比較検討にもどうぞ。

Stroller - トイデジカメレビュー&作例ブログ

リンク
PickUp!

ドーナツカメラ


GIZMON NULL iCA


BONZART Lit




BONZART AMPEL


Vivitar ViviCam T135


Vi-You CJ-0523


Eazzzy Rotatory Camera


Kenko DSC mini


FUUVI Bee


GIZMON iCA




GIZMON iCA MILITARY


GH-TCAM30P






minimo-x


GH-TCAM30C


FUUVI PICK


Vivitar ViviCam 8027


VitaQuest VQ1015 R2





VQ5090 Aqua Pack


VitaQuest VQ5090


VitaQuest VQ1015 Classic


カテゴリ一覧
2010年10月06日 21時52分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第408回

夢心地ジャックランタン

カテゴリ● Groovy EMDC-113 関連タグ● 静物 イベント

Groovy EMDC-113

EMDC-113のソフトフォーカス機能でなんともファンタジックな雰囲気に。
…というのは嘘で、レンズが曇ってただけだと思います。たぶん。

Groovy EMDC-113

我が家ではハロウィンの時期になるとティム・バートンの The Nightmare Before Christmas を見るのが、
なんとなく恒例になっています。

もちろんお盆の時期には Corpse Bride が恒例です。
これは嘘です。

なんだか今日は嘘が多いです。


2010年10月04日 21時59分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第407回

ゆけゆけハッチ

カテゴリ● Groovy EMDC-113 関連タグ● 静物

Groovy EMDC-113

頭ん中に砂利を詰め込んで、
あまつさえ番いのウサギを住まわせる。

なかなか無茶なやつです。

Groovy EMDC-113

今回の写真は、いかにもこのトイデジカメらしい写りです。
ちょっと青味がかって、ほわーんとした感じ。

悪くないでしょ?


2010年08月28日 20時20分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第381回

カレーでチャージ

カテゴリ● Vivitar ViviCam 8027 関連タグ● 静物 ビビッド

Vivitar ViviCam 8027 - Vivid mode

今まで入ったことがなかった近所のカレー屋に行ってきました。
味はまぁまぁだったのですが、まさかのテーブルチャージ発生。
「えぇ?この場所柄で、この店構えで?」と耳を疑いましたよ。

Vivitar ViviCam 8027

てか、チャージ料取るカレー屋なんて聞いたこと無いよ…。
あ、上の写真とは全く関係のないお話です。


2010年08月24日 20時50分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第377回

レトロ系カメラ集結

カテゴリ● 準レギュラー&ゲスト機種作例 関連タグ● 静物

Ricoh R8

手持ちのちょっとレトロっぽいデザインのカメラを集結させてみました。
暑さに負けて、外で撮影していないのがバレバレですね。



トイデジカメが3つに、大手コンデジが1つ、アナログカメラが1つ。
こうして眺めてみると、アタリもあればハズレもあったなぁ、と。
どれがどれとは敢えて明言しませんが。

因みに今回の写真は「Ricoh R8」でアスペクト比1:1を選択して撮影。
スカッと真四角なのです。


2010年08月15日 20時12分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第371回

終戦記念日

カテゴリ● Vivitar ViviCam 8027 関連タグ● 静物

Vivitar ViviCam 8027

「地球は狙われているんだ。今の我々の力では守りきれないような強大な侵略者がきっと現れる。その時のために…」
「超兵器が必要なんですね。」
「決まってるじゃないか。」
「侵略者は超兵器に対抗して、もっと強烈な破壊兵器を造りますよ。」
「我々はそれよりも強力な兵器を、また造ればいいじゃないか。」

Vivitar ViviCam 8027

「…それは、血を吐きながら続ける悲しいマラソンですよ。」

特撮番組が子供のものだった当時の脚本とは思えない、痛烈な風刺が込められたこのエピソードの放送から42年。未だ血を吐きながら、悲しいマラソンが続けられている現状を思うと、なんともやりきれない気持ちになります。


Vivitar ViviCam 8027

Vivitar ViviCam 8027の旧ファームウェアによるカラーモードでの撮り比べです。
画像クリックで別ウィンドウに大きな画像(長辺500px)が表示されます。

左はノーマルモード、右はセピアモード。
Vivitar ViviCam 8027 Vivitar ViviCam 8027

左はモノクロモード、右はビビッドモード。
Vivitar ViviCam 8027 Vivitar ViviCam 8027

今回はマクロモードで撮影したのですが、昨日のレビュー記事にも書いたとおり、AFが合焦してもちょっとピントがきていない感じがします。これは個体差の範囲なのか、ファームウェアの特性によるものなのか…。それと、ビビッドモードはホワイトバランスが赤に転んでいる感じがします。もう一回撮ったら違う色調になってたかも。


2010年08月01日 22時29分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第356回

よなよなカエル

カテゴリ● PENTAX Optio I-10 関連タグ● 静物

PENTAX Optio I-10

ちょくちょく撮らせてもらっている、
近所のバーの店先の、カエルちゃん。
今回は夜のお仕事の様子をお届けします。

PENTAX Optio I-10

最近、飲み代をケチっているので、
随分と長いこと、バーなんて行ってません。

デフレ不況の影響は深刻なのです。


2010年07月30日 21時41分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第355回

鍋、二つ

カテゴリ● VistaQuest VQ1015 R2 関連タグ● ビビッド 静物

Vista Quest VQ1015 R2 - Vivid mode

VQ1015 R2 のビビッドモードは、
およそマッチ箱サイズのトイデジカメらしからぬ、
良い雰囲気の色を出してくれることがあります。

まっこと気まぐれなトイデジです。

Vista Quest VQ1015 R2

何気なく撮った鍋ふたつで、気まぐれを発揮。
「ここでかよ」って感じ(笑)


2010年07月25日 20時06分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第350回

江ノ電のおもちゃ

カテゴリ● Polaroid a520 関連タグ● 静物

Polaroid a520

江ノ島展望台近くのお土産屋さんの店頭にて。
強い日差しの中、涼しげな色に惹かれてふらふらと。

Polaroid a520

できればもっと寄って撮りたかったのですが、
マクロ機能のない Polaroid a520 では、ここらが限界でした。


Voigtlander Vitoret RM6.0

23回目のカメラ本体レビュー。今回は世界的に屈指の老舗光学メーカー「フォクトレンダー」のブランドを冠するコンデジ、VITORET RM 6.0 をご紹介します。恐らくは国内未発売の機種です。


基本スペック

Voigtlander Vitoret RM6.0
  • 撮像素子:1/2.5型CCD/610万画素(有効画素)

  • レンズ:35mm-105mm(35mm換算)/F2.6-F4.8/光学3倍ズーム

  • モニタ:2.4インチTFT

  • 最短撮影距離:6cm(マクロ)/40cm(ノーマル)

  • 露出補正:±2.0EV(1/3ステップ)

  • ISO感度:オート/80/160/320/400

  • 撮影モード:オート/マニュアル/ポートレート/風景/夜景/スポーツ/逆光

  • カラーモード:ノーマル/モノクロ/セピア/ビビッド

  • ホワイトバランス:オート/晴れ/曇り/電球/蛍光灯

  • 動画:640×480pix/320×240pix/160×128pix(30fps、音声あり)

  • 外部メモリ:SDメモリカード

  • 電源:単三電池×2本

  • 本体サイズ:90×59.8×27.9mm


パッケージ

普通にカッコいい、紙製の化粧箱です。
Voigtlander Vitoret RM6.0

セット内容

取扱説明書(モノクロ26頁、英語、ドイツ語)、保証書、CD-ROM、USBケーブル、AVケーブル
Voigtlander Vitoret RM6.0

ポーチ、ハンドストラップ、テスト用単三電池×2本が付属します。
Voigtlander Vitoret RM6.0


カメラ概観

フラッシュの右はセルフタイマー用LED、下の小さな孔はマイクロフォンです。本体左側の凸部分は右手中指がちょうど引っかかるようにレイアウトされています。
Voigtlander Vitoret RM6.0


2.4インチのLCD、ズームボタン、再生・撮影モード切り替えボタン、上下左右+OKボタン、ディスプレイ切り替えボタン、メニューボタンが並びます。この写真では分かりませんが、Voigtlander のロゴ部分は見る角度によってホログラムのように色が変わるのです。イカす。
Voigtlander Vitoret RM6.0


左側面にはUSB/AV端子、右側面にはストラップホール。
Voigtlander Vitoret RM6.0


上面にはスピーカ、電源ボタン、ステータスLED、シャッターボタンが並びます。
Voigtlander Vitoret RM6.0


底面には電池&SDカードスロットの蓋と、プラ製の三脚穴。
Voigtlander Vitoret RM6.0



LCD表示内容

電源ON時に一瞬表示される起動画面。撮影画像による差し替えも可能です。
Voigtlander Vitoret RM6.0

撮影画面。ヒストグラム表示も可能です。
Voigtlander Vitoret RM6.0

再生画面。ファイルサイズ、シャッター速度、ISO感度等の表示が可能。ここで音声を吹き込むことも出来ます。
Voigtlander Vitoret RM6.0

静止画撮影時のメニュー。撮影モード、記録サイズ、AFエリア、日付表示、測光方式、ISO感度、カラーモード、ホワイトバランス、インターバル撮影間隔、画質の設定が可能。メニューアイコンは方向ボタン操作に応じて上下に回転するという、ちょっと凝った表示になっています。
Voigtlander Vitoret RM6.0

こちらは動画撮影時のメニュー。記録サイズ、ホワイトバランス、カラーモード、タイマー時間の設定が可能です。モノクロ、セピア、ビビッドの各モードによる動画撮影が可能なのが嬉しいのです。動画は音声付きで記録され、カメラ本体での再生時にも音声が出力されます。
Voigtlander Vitoret RM6.0

再生モードのメニュー。プロテクト、プリント、スライドショウ、リサイズ、トリミングの設定が可能です。サイズ変更(リサイズ)や切り取り(トリミング)といった、ちょっとした画像編集が可能なのです。
Voigtlander Vitoret RM6.0

最後は全モード共通のセッティングメニュー。フォーマット、起動画面、クイックビュー、システム音、日時、ビデオ出力(NTSC/PAL)、ファイル番号リセット、ファームウェアバージョン確認、言語、日付形式、LCD明度、ボリューム、デジタルズームON/OFF、省電力の設定が可能です。
Voigtlander Vitoret RM6.0



カラーモード作例

画像クリックで別ウィンドウに大きな画像(長辺500px)が表示されます。

左はノーマルモード、右はセピアモード。


左はモノクロモード、右はビビッドモード。



総評

最後は単三電池とサイズ比較。
Voigtlander Vitoret RM6.0

海外サイト等の情報によると、発売は2007年頃でしょうか。恐らくはドイツ製ということで、ボディの造りやユーザーインタフェースなどからは、ドイツ然とした生真面目な印象を受けるコンデジです。強力な「売り」になるような機能こそないものの、ちょっとコントラストが強め、かつ微妙にレトロ感をかもし出すような発色には、「ツボ」を突かれることも多く油断ができません。但し、ちょっと逆光気味になるだけでハレ切りが必要になる程に、逆光には弱いです。これからのシーズン、夏の日差しの中ではちょっと苦労するかも。


Welcome!
ご訪問ありがとうございます。



新着記事
タグ一覧
全記事表示リンク
カメラ本体レビュー(新着順)
GEANEE ドーナツデジカメ

モッチリ触感に5種類の色効果、スクウェアフォーマット撮影


PLAZA CREATE D1650 WIDE

Lomoモードを搭載した多機能お手軽デジカメ


Vi-You CJ-0523

180度回転可能な目玉を持った小型トイデジ


Qlix QLD001

写真の楽しさを求め続け、シンプルと感性に辿りついた野心作


BONZART Lit

プリティリトルな30万画素トイデジカメ


minimo-x (新ファーム)

新ファームウェアについて知っておくべきこと


BONZART AMPEL

チルトレンズを搭載した二眼レフ風トイデジカメ


Polaroid E10

AGFAでYASHICAなPolaroidのトイデジカメ


Kenko DSC mini

クラカメ風デザインで動画もOKな小型トイデジカメ


Eazzzy Rotatory Camera

真四角ボディに4種類のカラーモードを搭載


FUUVI Bee

8mm映画風の動画撮影が可能な、ノスタルジックムービーカム


Vivitar ViviCam T135

赤青メガネ方式の3D撮影が可能なトイデジカメ


ウルトラ・コンパクト・カメラ

ダイソー・カメラくん以来、驚きの100円トイカメラ


AIPTEK slim3200

思わずビジュアル・ブックマークしたくなるトイデジカメ


minimo-x (旧ファーム)

シンガポール発、二重露光撮影が可能な小型トイデジカメ


MINI DIGI GH-TCAM30C

クラシカルなデザインの30万画素機、レザーストラップ付き


gizmon HALF D

豊富な色効果・アスペクト比、GIZMONレンズマウント搭載


VistaQuest VQ8950 Sport

1万円を切る3メートル防水仕様のトイデジカメ


LEGO DIGITAL CAMERA

レゴブロックで組み立てたようなカラフルなトイデジカメ


DSC-V6

強烈なビビッドモードを搭載したコンパクトなトイデジカメ


NeinGrenze 5000T

チルトレンズ搭載、ミニチュア風撮影が可能なトイデジカメ


PLAZA CREATE D1000

タッチパネル搭載、街の写真屋さんが本気で造った野心作


ViviCam8027(新ファーム)

スマイルキャッチにViviLink、新ファームの追加機能とは?


MINOX DCC Lieica M3(5.0)

親譲りのギミックが楽しい名門ライカのトイデジカメ


FUUVI PICK

冷蔵庫にもくっつく!動画撮影も可能な小型トイデジカメ


Polaroid a200

内蔵メモリオンリーのポラロイド製200万画素機


MyCA DC-500A

今は亡きシーグランド社の500万画素機


Groovy EMDC-113

グルービーな300万画素トイデジカメ


ViviCam8027(旧ファーム)

クラシカルなトイデジカメの初期ファームウェアの能力は?


VistaQuest VQ5015

多くのOEM機が存在する300万画素トイデジカメ


Voigtlander Vitoret RM6.0

ビビッドモードを搭載した独フォクトレンダー製のコンデジ


ポケデジ SQ30m

光沢ボディが美しいSQ28m後継機


FS-MD200

モーションセンサー搭載の超小型トイデジカメ


Xiaostyle TDG-501

根強い人気を誇るトミー製の真正トイデジカメ


VistaQuest VQ7228

青み掛かった独特な発色のビビッドモードを搭載


MINI DIGI GH-TCAM30

一眼ライクなデザインの30万画素機


EXEMODE DC318

フェイスプレート交換可能な着せ替えトイデジカメ


VistaQuest VQ1015 R2

ファームウェア交換で複数のシャッター速度やカラーモードに対応


ダイソー カメラくん

100円ショップで売られていた正真正銘のトイカメラ


NHJ 400万画素デジカメ

NHJの忘れ形見の「名無し」のデジカメ


EXEMODE DC132

Exifに「SQ Tech」を冠するVQ10X5の兄弟機?


ポケデジ SQ28m

ほぼ真四角な写真が撮れる小型トイデジカメ


Genius G-Shot P5143

ビビッドモード搭載の隠れた「天才」


大人の科学 二眼レフ

懐かしいのに新しい、組立て式の35mm二眼レフカメラ


YASHICA EZ F521

デジタルフィルタが充実したクラシックなトイデジカメ


AGFA sensor 505-D

真っ赤なシャッターボタンの独アグファフォト製トイデジ


KingOcean Z520

RGB調整機能と4種類のゲーム機能を搭載


VistaQuest VQ3007

まん丸ボディと青被り気味の発色が特徴


Polaroid a520

未だ根強いファンを持つ旧日本ポラロイド社の名機


VistaQuest VQ1015 ENTRY

ファームウェア交換が楽しいVQ1005後継機


VistaQuest VQ5090

ビビッドモードを搭載し、防水ハウジングにも対応した500万画素機


VQ2000

赤青黄色の小さなボディにCSTN液晶を搭載


VQ1005 (2008年型)

ビスタクエスト製定番トイデジカメの2008年モデル


プロフィール

FOX

不肖写真サイト"Stroller"を数年ぶりに再開いたしました。セカンドシーズン突入です。少数精鋭の選りすぐりの写真とはいきませんが、右のポッケにトイデジカメ、左のポッケに乾電池をつめこんで、何てことない日常の中でも気軽に撮影を楽しみながら、ゆったりまったりと続けていきます。(FOX)