トイデジカメ・トイデジのレビュー及び作例を中心に、Tips集やニュース記事を掲載。人気機種・おすすめ機種の比較検討にもどうぞ。

Stroller - トイデジカメレビュー&作例ブログ

リンク
PickUp!

ドーナツカメラ


GIZMON NULL iCA


BONZART Lit




BONZART AMPEL


Vivitar ViviCam T135


Vi-You CJ-0523


Eazzzy Rotatory Camera


Kenko DSC mini


FUUVI Bee


GIZMON iCA




GIZMON iCA MILITARY


GH-TCAM30P






minimo-x


GH-TCAM30C


FUUVI PICK


Vivitar ViviCam 8027


VitaQuest VQ1015 R2





VQ5090 Aqua Pack


VitaQuest VQ5090


VitaQuest VQ1015 Classic


カテゴリ一覧
--年--月--日 --時--分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第回

スポンサーサイト

カテゴリ● スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年09月09日 19時33分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第658回

Polaroid E10による色効果一覧

カテゴリ● Polaroid E10 関連タグ● 撮り比べ モノクロ セピア 色効果

Polaroid E10

ポラロイドブランドのトイデジカメ、Polaroid E10のEffect機能による作例です。
画像クリックで大きなサイズの画像を別窓に表示します。

左から順にEffect無し、B&W、Sepia


左から順にNegative、Red、Green


左から順にBlue、Binarize、Sunset


左から順にWarm、Cold、Contrast


先日の本体レビューにも書いた通り、複数のEffectの掛け合わせも可能です。左はB&W+Contrast、右はWarm+Contrast


このトイデジカメ、Effect無しでの写真は正直言ってどうってことはないのですが、Effectの賭け合わせで思わぬ仕上がりになったりするのが面白いのです。


2012年08月19日 00時37分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第647回

Eazzzy Rotatory Camera 動画モード試写

カテゴリ● Eazzzy Rotatory Camera 関連タグ● 動画 撮り比べ セピア モノクロ 色効果

Eazzzy Rotatory Camera

4種類のカラーモードを搭載した真四角ボディのトイデジカメ「Eazzzy Rotatory Camera」の動画モード試写です。カラーモードノーマル、セピア、モノクロ、ネガの順で再生されます。



小型軽量のトイデジカメながら、なかなかしっかりとした動画が撮れるのです。


2012年08月18日 01時36分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第646回

Eazzzy Rotatory Camera でイラスト調写真

カテゴリ● Eazzzy Rotatory Camera 関連タグ● 撮り比べ セピア モノクロ 色効果

Eazzzy Rotatory Camera

昨日レビューした真四角ボディのトイデジカメ、「Eazzzy Rotatory Camera」による屋外作例です。5cm四方の小さなボディながらに4種類のカラーモードを搭載。今回はこれらのカラーモードでの撮り比べです。

Normal mode

日中屋外での初撮影となりますが、自宅に帰ってから撮影データのチェックをしてびっくり。このトイデジカメ、普通に撮影しただけで、まるで絵の具で塗りつぶしたようなイラスト調の写真が撮れるのです。


Sepia mode

恐らく単に解像力の高くないレンズと撮像素子で撮影した結果を、荒が目立たぬように内部でソフト的に加工しているだけなのでしょうけど。


Monochrome mode

それにしてもこの出方は面白いです。ディテール潰しまくり何ぼのもんじゃい!みたいな(笑)


Negative mode

ネガモードもめっちゃミステリアスです。


正直、昨日のレビュー記事を書いた時点では、もう一つ個性に欠けるトイデジカメだなぁ、などと思っていましあが、日中撮り歩いてみて評価が一変。数あるトイデジカメの中でも、かなり個性的な写りです。

これは色々と撮ってみたくなっちゃうなぁ。

2012年08月17日 02時00分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第645回

真四角トイデジカメ Eazzzy Rotatory Camera レビュー

カテゴリ● カメラ本体レビュー 関連タグ● 色効果
NeinGrenze 5000Tでおなじみの輸入カメラ、トイデジカメ専門店「プレミアムギア」さんが販売しているトイデジカメ「Eazzzy Rotatory Camera」のレビューです。真四角な小型軽量ボディに4種類のカラーモードを搭載したトイデジカメなのです。尚、ボディカラーは今回ご紹介するブルーのほかにイエローとピンクがあります。


基本スペック

  • 撮像素子:130万画素 CMOSセンサー
  • 外部メモリ:SD/SDHCメモリカード(32GBまで対応)
  • 静止画解像度:1280×1024px
  • 動画解像度:720×480px/30fps/音声あり
  • 電源:内蔵リチウムイオン電池
  • 外形寸法:W50×D17×H50(mm)
  • 重量:約26g


パッケージ

マットな質感の紙製のパッケージです。このトイデジカメのキャラクター(?)的に、ブリスターパックで来るだろうと思っていただけに意外です。


裏面には英語で操作説明が書かれています。


セット内容

トイデジカメ本体の他に取扱説明書(モノクロ一枚刷り、中国語、英語)、USBケーブル。そしてこのクラスのトイデジカメとしては珍しく、ACアダプターが付属しています。尚、プレミアムギアで購入すると日本語で書かれた「真四角トイデジ簡単マニュアル」も送ってきてくれます。


カメラ外観

正面。レンズの左上はLEDインジケータ。レンズのリングは一瞬、マグネットレンズのマウントになっているのかと思い試してみましたが、残念ながら磁石はくっつきませんでした。


背面。何もありません。すっきりしたもんです。


左側面。USBポート、カラーモードの切替えボタン、マイクロSDカードのスロットが並びます。


右側面はグリップのみ。


上面。スライド式の電源スイッチとシャッターボタンが並びます。


底面。説明書には明記されていませんが、小さな穴は恐らくマイクっぽいです。リセットボタンではなさそう(そーっとピンを差し込んで押してみましたが、手ごたえがなかったので)。


回転式ファインダー

特徴的なのが回転式のファインダー。本体の外周からクルリと展開します。


大方のみなさんのご想像どおり、過信は禁物。トイデジカメのファインダーなんて飾りです(笑)。でもこれ、クリンクリンと弄っているのが何だか楽しいのです。


LEDインジケータ

本体側面のカラーモードボタンを押すたびに赤(ノーマル)、黄(セピア)、青(モノクロ)、緑(ネガ反転)が切り替わります。静止画と動画はシャッターボタンの長押しで切替えます。動画撮影時にはLEDが点滅します。電源ON時の全色点灯のデモンストレーションがなかなか綺麗だったりします。


室内作例

左上から標準、セピア、モノクロ、ビビッドです。画像クリックで長辺500pxの画像が別窓に表示されます。ファインダー中心に被写体を収めるのが難しいため、若干トリミングしています。



最後に

ボディの造りに関しては高級感こそありませんが、すぐに壊れてしまいそうな脆さも感じません。が、小型軽量なカメラだけにストラップホールが欲しかったところ。また、LED表示自体は難解では無いのですが、カメラ正面に付いているのが難点です。撮影中に確認できないんですよね。シャッターボタンを押してもビープ音が鳴らず、撮影枚数も確認できない機種なので、きちんと撮れているのか少し不安になります。

・・・とここまで書いて「FUUVI Pick」のレビューでも同じことを書いたのを思い出しました。そういえば「Eazzzy USB Camera」っていう「FUUVI Pick」のOEMが売られていますね。
今回はPickの時みたいに短期間で壊れてしまうことがありませんように・・・(-人-)


2012年08月09日 01時21分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第641回

AIPTEKで目玉?

カテゴリ● 準レギュラー&ゲスト機種作例 関連タグ● 色効果

AIPTEK slim 3200 - Solarize

今日のトイデジカメはAIPTEK社の「slim 3200」です。



目玉・・・ではなく
近所にある、とある施設の天井です。


2012年08月05日 23時35分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第640回

ViviCam T135で3Dな路地

カテゴリ● Vivitar ViviCam T135 関連タグ● 色効果

Vivitar ViviCam T135 - 3D mode

アナグリフ方式の3D写真撮影が可能なトイデジカメ、「ViviCam T135」で路地裏写真。



なかなかバキッと飛び出す感じの写真を撮るのが難しいです。
こまめに3Dキャリブレーションしないと駄目なのかな。

2011年09月02日 23時09分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第621回

AIPTEKでサイクリングロード

カテゴリ● 準レギュラー&ゲスト機種作例 関連タグ● 色効果

AIPTEK slim 3200 - Solarize

今日のトイデジカメはAIPTEK社の「slim 3200」です。



Solarizeの撮影が楽しいのですが、先日も書いたとおり非常に電池食いなトイデジカメなので、撮影中以外は電池を抜いて持ち歩いています。

って、なんだか「VQ1005」みたいですね(^^;


2011年08月29日 20時48分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第618回

AIPTEKでSunray

カテゴリ● 準レギュラー&ゲスト機種作例 関連タグ● 色効果

AIPTEK slim 3200 - Solarize

今日のトイデジカメはAIPTEK社の「slim 3200」です。
色効果(Effect)のSolarizeで撮影。



このトイデジカメ、燃費が悪いことは先日のレビュー記事にも書きましたが、どうやら待機電力がとても大きいようです。本体にエネループを一晩入れっぱなしにしておいただけで、翌朝には起動しなくなっていたりといった具合。



2011年08月23日 22時04分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第614回

続・NeinGrenzeで遊園地上空(撮り比べ)

カテゴリ● NeinGrenze 5000T 関連タグ● 撮り比べ モノクロ ビビッド 色効果

NeinGrenze 5000T

今回はトイデジカメ「NeinGrenze 5000T」によるカラーモードの撮り比べです。

スタンダード



ビビッド



セピア



モノクロ



既にお気づきの方も多いかと思いますが、ここ最近のNeinGrenze 5000Tの写真は、ロープウェイや観覧車から撮影したものです。適度に高度があって、ゆっくりと移動するゴンドラは、NeinGrenze 5000Tでの撮影に最適な乗物です。

過去にはモノレールに乗りながら撮影を試みたことがありましたが、ちょっと移動速度が速すぎて、ぶれてしまったり、CMOS特有の所謂「ぐにゃり写真」になってしまったりと、苦労が絶えませんでした。(^^;


2011年08月09日 20時50分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第605回

PLAZA CREATE D1000 動画モード

カテゴリ● PLAZA CREATE D1000 関連タグ● 動画 色効果

PLAZA CREATE D1000 - Movie mode

今回は「PLAZA CREATE D1000」の動画モードです。トイデジカメは動画モードに色効果を掛けることができないものが多いのですが、この機種は鮮明、セピア、モノクロ、青、赤、緑、黄、紫といった、種々の効果を楽しむことができます。



被写体はまたまたプラズマボール。
好きなんです(笑)


Welcome!
ご訪問ありがとうございます。



新着記事
タグ一覧
全記事表示リンク
カメラ本体レビュー(新着順)
GEANEE ドーナツデジカメ

モッチリ触感に5種類の色効果、スクウェアフォーマット撮影


PLAZA CREATE D1650 WIDE

Lomoモードを搭載した多機能お手軽デジカメ


Vi-You CJ-0523

180度回転可能な目玉を持った小型トイデジ


Qlix QLD001

写真の楽しさを求め続け、シンプルと感性に辿りついた野心作


BONZART Lit

プリティリトルな30万画素トイデジカメ


minimo-x (新ファーム)

新ファームウェアについて知っておくべきこと


BONZART AMPEL

チルトレンズを搭載した二眼レフ風トイデジカメ


Polaroid E10

AGFAでYASHICAなPolaroidのトイデジカメ


Kenko DSC mini

クラカメ風デザインで動画もOKな小型トイデジカメ


Eazzzy Rotatory Camera

真四角ボディに4種類のカラーモードを搭載


FUUVI Bee

8mm映画風の動画撮影が可能な、ノスタルジックムービーカム


Vivitar ViviCam T135

赤青メガネ方式の3D撮影が可能なトイデジカメ


ウルトラ・コンパクト・カメラ

ダイソー・カメラくん以来、驚きの100円トイカメラ


AIPTEK slim3200

思わずビジュアル・ブックマークしたくなるトイデジカメ


minimo-x (旧ファーム)

シンガポール発、二重露光撮影が可能な小型トイデジカメ


MINI DIGI GH-TCAM30C

クラシカルなデザインの30万画素機、レザーストラップ付き


gizmon HALF D

豊富な色効果・アスペクト比、GIZMONレンズマウント搭載


VistaQuest VQ8950 Sport

1万円を切る3メートル防水仕様のトイデジカメ


LEGO DIGITAL CAMERA

レゴブロックで組み立てたようなカラフルなトイデジカメ


DSC-V6

強烈なビビッドモードを搭載したコンパクトなトイデジカメ


NeinGrenze 5000T

チルトレンズ搭載、ミニチュア風撮影が可能なトイデジカメ


PLAZA CREATE D1000

タッチパネル搭載、街の写真屋さんが本気で造った野心作


ViviCam8027(新ファーム)

スマイルキャッチにViviLink、新ファームの追加機能とは?


MINOX DCC Lieica M3(5.0)

親譲りのギミックが楽しい名門ライカのトイデジカメ


FUUVI PICK

冷蔵庫にもくっつく!動画撮影も可能な小型トイデジカメ


Polaroid a200

内蔵メモリオンリーのポラロイド製200万画素機


MyCA DC-500A

今は亡きシーグランド社の500万画素機


Groovy EMDC-113

グルービーな300万画素トイデジカメ


ViviCam8027(旧ファーム)

クラシカルなトイデジカメの初期ファームウェアの能力は?


VistaQuest VQ5015

多くのOEM機が存在する300万画素トイデジカメ


Voigtlander Vitoret RM6.0

ビビッドモードを搭載した独フォクトレンダー製のコンデジ


ポケデジ SQ30m

光沢ボディが美しいSQ28m後継機


FS-MD200

モーションセンサー搭載の超小型トイデジカメ


Xiaostyle TDG-501

根強い人気を誇るトミー製の真正トイデジカメ


VistaQuest VQ7228

青み掛かった独特な発色のビビッドモードを搭載


MINI DIGI GH-TCAM30

一眼ライクなデザインの30万画素機


EXEMODE DC318

フェイスプレート交換可能な着せ替えトイデジカメ


VistaQuest VQ1015 R2

ファームウェア交換で複数のシャッター速度やカラーモードに対応


ダイソー カメラくん

100円ショップで売られていた正真正銘のトイカメラ


NHJ 400万画素デジカメ

NHJの忘れ形見の「名無し」のデジカメ


EXEMODE DC132

Exifに「SQ Tech」を冠するVQ10X5の兄弟機?


ポケデジ SQ28m

ほぼ真四角な写真が撮れる小型トイデジカメ


Genius G-Shot P5143

ビビッドモード搭載の隠れた「天才」


大人の科学 二眼レフ

懐かしいのに新しい、組立て式の35mm二眼レフカメラ


YASHICA EZ F521

デジタルフィルタが充実したクラシックなトイデジカメ


AGFA sensor 505-D

真っ赤なシャッターボタンの独アグファフォト製トイデジ


KingOcean Z520

RGB調整機能と4種類のゲーム機能を搭載


VistaQuest VQ3007

まん丸ボディと青被り気味の発色が特徴


Polaroid a520

未だ根強いファンを持つ旧日本ポラロイド社の名機


VistaQuest VQ1015 ENTRY

ファームウェア交換が楽しいVQ1005後継機


VistaQuest VQ5090

ビビッドモードを搭載し、防水ハウジングにも対応した500万画素機


VQ2000

赤青黄色の小さなボディにCSTN液晶を搭載


VQ1005 (2008年型)

ビスタクエスト製定番トイデジカメの2008年モデル


プロフィール

FOX

不肖写真サイト"Stroller"を数年ぶりに再開いたしました。セカンドシーズン突入です。少数精鋭の選りすぐりの写真とはいきませんが、右のポッケにトイデジカメ、左のポッケに乾電池をつめこんで、何てことない日常の中でも気軽に撮影を楽しみながら、ゆったりまったりと続けていきます。(FOX)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。