トイデジカメ・トイデジのレビュー及び作例を中心に、Tips集やニュース記事を掲載。人気機種・おすすめ機種の比較検討にもどうぞ。

Stroller - トイデジカメレビュー&作例ブログ

リンク
PickUp!

ドーナツカメラ


GIZMON NULL iCA


BONZART Lit




BONZART AMPEL


Vivitar ViviCam T135


Vi-You CJ-0523


Eazzzy Rotatory Camera


Kenko DSC mini


FUUVI Bee


GIZMON iCA




GIZMON iCA MILITARY


GH-TCAM30P






minimo-x


GH-TCAM30C


FUUVI PICK


Vivitar ViviCam 8027


VitaQuest VQ1015 R2





VQ5090 Aqua Pack


VitaQuest VQ5090


VitaQuest VQ1015 Classic


カテゴリ一覧
--年--月--日 --時--分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第回

スポンサーサイト

カテゴリ● スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GEANEE ドーナツデジカメ

ちょっと本業の方が忙しかったりしたもので、暫く更新が滞っておりましたが、ぼちぼち再開いたします。

そうそう、ちょっとご報告を。なんと、プレミアムギアさんのドーナツデジカメでジカメ販売ページのサンプル写真に、うちのブログで公開した写真を使って頂いちゃったりしております。

大変光栄なことではありますが、果たして私ごときが撮った写真でよかったんでしょうか。(^^;

CLASSIC



GREEN



BLUE



RED



HARD CHROME


スポンサーサイト


GEANEE ドーナツデジカメ

前回に引き続き「GEANEE ドーナツデジカメ」の、各カラーモードによる撮り比べです。

CLASSIC



GREEN



BLUE



RED



HARD CHROME





GEANEE ドーナツデジカメ

この2月下旬にプレミアムギアから販売が開始された「GEANEE ドーナツデジカメ」を持って、軽く散歩写真してきました。

CLASSIC

コントラストが高い写真が撮れるので、こんな感じに日向と日陰を一緒に撮るのが面白いです。


GREEN

ダイナミックレンジが狭いので、白とびしやすいのはトイデジなり。


BLUE

青空はより青く…。


RED

真ん丸ボディなので、水平を出すためには細心の注意が必要です。


HARD CHROME

黒はバキッと黒く・・・。


このトイデジカメ、ボタンを押す部分が大きいので、寒い日に手袋をしたままでも使い易いです。また、先日のレビューに書いた、本体の素材の(?)臭いも大分消えて、気にならなくなりました。ただ、残念ながらフリーズは相変わらず。100枚強撮るうちに5回程度フリーズしました。

なんとなくカードスロットが怪しいような、そうでもないような・・・?
ふむん。


トイデジカメ&トイカメラの専門店「プレミアムギア」さんで予約注文した新型トイデジカメ「GEANEE ドーナツデジカメ」が、2月19日に届きましたので早速レビューします。まるで本物のようなドーナツ型トイデジカメで、市販のドーナツとほぼ同サイズ。ボディの材質には柔軟性のあるPVCが使用されており、モッチリとした感触まで再現されています。商品到着後、少し使ってみましたので、そこらの感想なども踏まえてご紹介します。



基本スペック

  • 撮像素子:1/4型 300万画素CMOSイメージセンサー
  • 対応外部記憶媒体:マイクロSDメモリーカード(SDHC対応)
  • 対応容量:32GBまで
  • 保存形式:静止画:JPEG / 動画:AVI
  • 静止画サイズ:3M:1536×1536ピクセル
  • 動画サイズ:640×480ピクセル
  • 液晶モニタ:デジタル表示のみ(画像の表示は不可能)
  • レンズ:固定焦点レンズ F2.8, f=4.06mm(35mmカメラ換算38.78mm)
  • 撮影距離:通常撮影:50cm~∞
  • シャッター:電子式 シャッタースピード:1/2~1/100秒
  • 撮影モード:静止画 / 動画(640x480)
  • カラー効果:クラシック/グリーン/ブルー/レッド/ハードクローム
  • 出力端子:USB2.0
  • マイク:内蔵
  • 電源:リチウムイオン充電池
  • 電源寿命:静止画 約150枚
  • 外形寸法:約(直径)85mm×(厚さ)27mm
  • 重量:約62g
  • 対応OS:WINDOWS XP SP2/ VISTA/ 7


パッケージ

開閉自在なタイプのブリスターパック。特徴的なボディ中央の穴(ファインダー)も覗けるようになっています。


きちんと背面も確認できます。



セット内容

ドーナツカメラ本体に、USBケーブルとモノクロ一枚刷りの取扱説明書が付属します。


ボディ外観

本物ではないとはいえ、これほどまじまじとドーナツの写真を様々な角度から撮ったことはありませんでした(笑)。先ずは正面から。特徴的なドーナツの穴(ここが素通しのファインダーになっています)と、単焦点のレンズ(35mmカメラ換算38.78mm)が並びます。


背面。右側にシャッターボタン、液晶ディスプレイ、電源ボタンが並びます。シャッターボタンと電源ボタンは柔軟性のあるPVC越しに、奥にあるスイッチをムニっと押す感じです。この材質のせいなのか塗装のせいなのか、ちょっとツンとした臭いがするのが気になります。暫くしたら消えるのかも知れませんが…。


上面。見切れていますが、キーチェインが取り付けられています。根元がしっかりと固定されており、着脱は出来ない造りになっています。


底面。マイクロSDカードスロットとミニUSBポート(PCとの接続及び充電用)、細いピンで押し込むタイプのリセットボタンが並びます。


左右の側面には何もありません。完全なるドーナツ。




液晶画面表示内容

液晶画面はステータス表示用の2桁の7セグメント表示になっており、画像の確認などは出来ません。電源ボタンを短押しする度に静止画モードのP0(クラシック)、P1(グリーン)、P2(ブルー)、P3(レッド)、P4(ハードクローム)、動画モードのV0(クラシック)、V1(グリーン)、V2(ブルー)、V3(レッド)、V4(ハードクローム)がループするようになっています。



屋外作例

画像クリックで別窓に430×430ピクセルの画像を表示します。スカイツリーの脇にうっすらと縦線が見えますが、これは屋内の壁がガラスに反射して写りこんだものです。カメラのせいではありませんので悪しからず。画像の確認ができないので、後でこういうことに気付くんですよね(苦笑)。

左:CLASSIC、右:GREEN


左:BLUE、右:RED


HARD CHROME


まとめ

普通に構えると、キーチェインがちょっと邪魔になるので、下の写真のように90度右に回転させて両手でホールドするのがお勧めです。この持ち方だと左手で電源(モード切替)ボタン、右手でシャッターボタンを押すことができますし、キーチェインも横に来るので邪魔にならず、レンズもファインダーの真上の中央に来るので、位置が合わせやすくなります。静止画データは完全な正方形なので、このように本体を回転させてしまっても問題はありません。動画モード(640x480ピクセル)の場合は駄目ですけど。



また、これは真ん丸ボディで画像確認ができないトイデジカメの宿命なのですが、水平を出すことが非常に難しいです。過去にも、同じく真ん丸ボディで画像確認ができないVQ3007で、同様に苦労たことを思い出したり。画像確認ができるデジカメでさえ、なかなか水平を出せない私の場合は、尚更のこと(笑)。それと、撮影中にフリーズすることが数回ありました。個体差だったりマイクロSDカードとの相性なども絡んだりするのかも知れませんが、ちょっと頻度が高いようなので、リセットボタンを押すためのピンを常備しておくのが良さそう。

と、正直に言ってこのように、使いこなせるようになるまでにある程度の「慣れ」を要するトイデジカメではありますが、搭載されている5種類のカラーモードはどれも個性が際立っていて面白いですし、周辺減光の具合も良い感じです。フレーミングや水平の出し方のコツが分かってくれば、かなり楽しめるのではないかと思っています。小さな子供の笑顔を撮るのにも良さそうですね。


2013年01月01日 17時14分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第736回

明けましておめでとうございます

カテゴリ● 準レギュラー&ゲスト機種作例 関連タグ● 色効果

PENTAX Optio LS465 - Toy camera & Extract Color filter

今年もよろしくお願いします。

今年最初の写真はペンタックスのOptioLS465の写真です。アスペクト比1:1で撮影後、トイカメラフィルタと色抽出フィルタを掛けて、リサイズしました。しょっぱなからトイデジカメの写真じゃなくってすみません(笑)。ペンタックスのデジカメは、カジュアルにトイデジカメ風の画像加工が楽しめる点が好きなのです。今なら価格もトイデジカメ並みモゴモゴ(関係者の方、すみません)。



そうそう、所謂「中の人」とのちょっとした縁がきっかけでblogramに参加していたのですが、昨年一杯の利用と決めていたため、予定通り退会させて頂きました。最後に順位を確認してみると、トイデジカメ部門の2位になっていてビックリ。応援クリックして下さった皆様、有難うございました。より有効なランキングの手法が開発された折には、改めて参加させて頂きたいと思います。



その代わりと言ってはなんですが、ボタンの並びが寂しくならないよう「はてなブックマーク」「Facebook」「Google」といったSNS系ボタンを追加してみました。需要があるのかないのか、良く分からないんですけど、よろしければご利用ください。マイナーチェンジを重ねるよりは、いっそブログ全体の模様替えを、とも思ったのですが、そこまでの時間はなかなか捻出できず…。

まぁ、今年も無理せずにぼちぼちとやって行きます。





BONZART Lit

今日も新発売のトイデジカメ、BONZART Lit(ボンザート・リト)によるカラー効果の撮り比べべです。今回は屋外での撮影です。天候はあいにくの曇天、被写体はお馴染みのカエルちゃんです。

Normal mode



Monochrome mode



Sepia mode



Negative mode



Red filter mode



Green filter mode



Blue filter mode



公式にあるような「ほとんど油絵」のような写真は今のところ撮れていません。
光線、距離、色味など、様々な条件が絡むのでしょうか。
色々と撮って試してみようとと思います。

まぁ、油絵云々を差し引いても楽しめるトイデジカメだとは思うのですが。



2012年10月15日 00時51分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第681回

BONZART Litのカラー効果撮り比べ【動画編】

カテゴリ● BONZART Lit 関連タグ● 動画 撮り比べ モノクロ セピア 色効果

BONZART Lit - Movie mode

今回は6種類のカラー効果を搭載した小型トイデジカメ「BONZART Lit」による動画モード試写です。カラー効果ノーマル、モノクロ、セピア、ネガ、赤、グリーン、青の順で再生されます



640x480ピクセルで30fpsの、なかなか滑らかな動画を撮影できます。音声も同時に撮れるのですが、同行者との極めてプライベートな会話が丸々録音されていたもので、フリー素材の曲に差し替えてあります。


2012年10月14日 20時11分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第680回

BONZART Litのカラー効果撮り比べ【静止画編】

カテゴリ● BONZART Lit 関連タグ● 撮り比べ モノクロ セピア 色効果

BONZART Lit

今日のトイデジカメは、前回レビューしたBONZART Lit(ボンザート・リト)です。レビューの方にも書いたとおり、Litにはノーマルモードの他に6種類のカラー効果が搭載されています。以下、各カラー効果による撮り比べです。尚、今回は露出設定を-1.0にしています。

Normal mode



Monochrome mode



Sepia mode



Negative mode



Red filter mode



Green filter mode



Blue filter mode



非常に小型のトイデジカメながら、グリップ部分がボディより一回り大きくなっているので、非常にホールドしやすいです。反面、ちょっと電池持ちは悪い感じがします。静止画数十枚で電池切れ表示が出る感じ。電池切れ表示になってからも暫くは撮れるみたいなので、単に電池切れの表示タイミングが早すぎるだけなのかも?



恒例のトイデジカメ本体レビューです。今回は10月4日にグローバルDC社より発売された、プリティでリトルなトイデジカメ「BONZART Lit」(ボンザート・リト)をご紹介します。



同社のオリジナルトイデジカメブランド「ボンザート」シリーズの第2弾となります。ボディカラーは今回レビューするレッドの他に、ブラックとホワイトがあります。因みに第1弾は言わずと知れた「BONZART AMPEL」。

このレッドの配色ってなんとなくクリスマスっぽい感じがします。今のうちにクリスマスプレゼントとして抑えて置くのも良いかも知れませんよ(笑)。

基本スペック

  • イメージセンサー:30万画素CMOS
  • 焦点距離:50cm~無限遠
  • 液晶モニター:1.44インチ カラーTFT
  • ズーム:デジタル4倍ズーム
  • セルフタイマー:Off、2秒、10秒
  • カラーモード:ノーマル、白黒、セピア、ネガ、赤、グリーン、青
  • 記録メディア:microSDカード(別売) 最大16GB
  • その他の機能:マイクロフォン 有り、三脚穴 有り、連続撮影機能 有り
  • ホワイトバランス:オート / 晴天 / 曇天 / 蛍光灯 / 白熱灯
  • EV値:±2.0 (0.3EV step)
  • 言語設定:日本語 / 英語
  • 静止画解像度:3M(2048x1536)、1M(1280x1024)、VGA(640x480)
  • 動画解像度:640x480、320x240
  • 電源:内蔵リチウムバッテリー(充電時間:約90分)
  • 本体サイズ:W66xH43xD20(mm)※突起物を除く
  • 質量:33g


パッケージ

相変わらず気合の入ったパッケージです。マットな質感の紙製のウィンドウパッケージになっています。液晶画面付きであることをしっかりアピール。



セット内容

カメラ本体の他に、モノクロ一枚刷りの取扱説明書、USBケーブル、ハンドストラップが付属します。



ボディ外観

正面から。レンズと左下にマイクの穴があります。AMPELのようなマグネットマウントはありません。Litのロゴが良いですね。これも「ラ○カ」を意識したデザイン?「BONZART」のロゴが配されたペンタ部分には特に何も仕込まれていません。


背面には1.44インチのTFT液晶。この価格帯での液晶搭載に拍手!操作系は左右+OKボタンと独立した上下ボタンというちょっと特殊なレイアウト。


左側面は何もなし。右側面の下端にストラップホール。


上面。ペンタ部分を挟むように左側が操作確認LED(赤)、右側が充電確認LED(青)。その横に電源ボタンとシャッターボタンが並びます。


底面。樹脂製の三脚穴、USBポート、microSDカードスロットが並びます。小さいながらに三脚穴があるのはポイント高いです。ご参考までに「TF CARD」はTransFlashカードのこと。この表記は珍しいかも。


付属のハンドストラップを付けると、こんな感じになります。


MicroSDカードは少しはみ出します。プッシュロック方式なので、取り出しやすいように配慮されているのでしょうか。


余談ですが充電確認用のLED(青)がめっちゃ明るいです(笑)。



モニタ表示内容

表示内容は全体的にAMPELを踏襲しているようです。
左:起動時に表示される、お馴染みの「BONZART」ロゴ。
右:静止画撮影画面。左ボタンでセルフタイマー、右ボタンで露出補正、上下ボタンでデジタルズームが可能です。


左:静止画撮影用メニュー。画素数、画質、測光方式、ホワイトバランス、露出補正、シャッターモード(セルフタイマー、連写)、カラー効果の設定が可能。
右:カラー効果の設定メニュー。ノーマル、白黒、セピア、ネガ、赤、グリーン、青から選択可能。


左:本体設定メニュー。操作音、電源周波数、パワーセーブ、表示言語(日英)、USB(ストレージ、Webカム)、フォーマット、初期化設定が可能。
右:動画撮影画面。左ボタンで記録サイズ(640、320)、上下ボタンでデジタルズームが可能。右ボタンは機能せず。ここはフレームレートあたりを割り当ててくれれば嬉しかった。


左:動画撮影用メニュー。動画サイズ、フレームレート(30fps/15fps)、測光方式、ホワイトバランスの設定が可能。なぜかカラー効果が表示されませんが、静止画モードで設定したカラー効果が引き継がれるのでモノクロ動画やネガ動画などの撮影も可能です。
右:再生モードではサムネイル表示も可能。Vマークが付いているのは動画です。尚、動画再生時には音声は出力されません。


左:再生用メニュー。保護、消去、スライドショウ、回転、サイズ変更、ボイスメモの設定が可能。
右:電源OFF時に表示されるByeBye画面。こちらもお馴染みですね。



作例

カラー効果を切替えながら、屋内で撮影。カラー効果以外の設定は全てデフォルトです。
先ずはノーマルモード。



白黒モード。


セピアモード。


ネガモード。


赤。フィルターを掛けたみたいに、元の色が少し残ります。


グリーン。こちらも同様。


最後に青。



まとめ

サイズ比較用にVQ1015R2と並べて撮影。Litのサイズ感がお分かりいただけるかと。
EXIF情報を見ると、どうやら「FUUVI PICK」あたりとエンジンは同じみたいです。が、やはり液晶画面搭載のおかげで使い勝手は格段に良くなっています。撮像素子についても堂々とネイティブ30万画素と明かしている点が好印象。ソフトウェアによる画素補間なのを隠して「200万画素」「300万画素」のように表記しているトイデジカメも多く存在しますから。



Litの液晶モニタはほぼ正方形に近いのですが、撮影される静止画データはアスペクト比4:5だったりします。このため、液晶モニタ上では左右が切られた状態で表示されるので、撮影データの両端に思わぬものが写り込んだりすることもあります。写り自体も正直いって30万画素なりではあります。

・・・が、全ては3千円を切る低価格で許してしまえる気分になるので不思議です(笑)。これが1万円近くしたら小言を言いたくなるところでしょうけど。絶妙な価格設定ですね。むしろ、この価格で音声付きの動画が撮れて、カラー効果も搭載して、外部記録メディアにも対応というのは、かなり頑張っていると思います。

以前はトイデジカメ業界を牽引していたビスタクエストやエグゼモードがすっかり元気を無くしてしまった(或いは撤退してしまった)昨今、グローバルDC社の「BONZART」シリーズには心の底からエールを送りたいです。第一弾のAMPEL、第二弾のLitと続けてグッとくるトイデジカメがリリースされていますので、今後の展開にもおのずと期待を寄せてしまいます。


2012年09月11日 21時42分
twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 リンクをシェア

第661回

ViviCam T135で中央線

カテゴリ● Vivitar ViviCam T135 関連タグ● 色効果 鉄道

Vivitar ViviCam T135 - 3D mode

アナグリフ(赤青メガネによる立体視)方式の写真撮影が可能なトイデジカメ、「ViviCam T135」で撮影。





このトイデジカメで3D的に取るコツは、近景すぎず遠景すぎずといった被写体を狙うこと、のような気がします。単に私が3Dマニュアルシフトを使いこなせていないだけかも知れませんが。


Welcome!
ご訪問ありがとうございます。



新着記事
タグ一覧
全記事表示リンク
カメラ本体レビュー(新着順)
GEANEE ドーナツデジカメ

モッチリ触感に5種類の色効果、スクウェアフォーマット撮影


PLAZA CREATE D1650 WIDE

Lomoモードを搭載した多機能お手軽デジカメ


Vi-You CJ-0523

180度回転可能な目玉を持った小型トイデジ


Qlix QLD001

写真の楽しさを求め続け、シンプルと感性に辿りついた野心作


BONZART Lit

プリティリトルな30万画素トイデジカメ


minimo-x (新ファーム)

新ファームウェアについて知っておくべきこと


BONZART AMPEL

チルトレンズを搭載した二眼レフ風トイデジカメ


Polaroid E10

AGFAでYASHICAなPolaroidのトイデジカメ


Kenko DSC mini

クラカメ風デザインで動画もOKな小型トイデジカメ


Eazzzy Rotatory Camera

真四角ボディに4種類のカラーモードを搭載


FUUVI Bee

8mm映画風の動画撮影が可能な、ノスタルジックムービーカム


Vivitar ViviCam T135

赤青メガネ方式の3D撮影が可能なトイデジカメ


ウルトラ・コンパクト・カメラ

ダイソー・カメラくん以来、驚きの100円トイカメラ


AIPTEK slim3200

思わずビジュアル・ブックマークしたくなるトイデジカメ


minimo-x (旧ファーム)

シンガポール発、二重露光撮影が可能な小型トイデジカメ


MINI DIGI GH-TCAM30C

クラシカルなデザインの30万画素機、レザーストラップ付き


gizmon HALF D

豊富な色効果・アスペクト比、GIZMONレンズマウント搭載


VistaQuest VQ8950 Sport

1万円を切る3メートル防水仕様のトイデジカメ


LEGO DIGITAL CAMERA

レゴブロックで組み立てたようなカラフルなトイデジカメ


DSC-V6

強烈なビビッドモードを搭載したコンパクトなトイデジカメ


NeinGrenze 5000T

チルトレンズ搭載、ミニチュア風撮影が可能なトイデジカメ


PLAZA CREATE D1000

タッチパネル搭載、街の写真屋さんが本気で造った野心作


ViviCam8027(新ファーム)

スマイルキャッチにViviLink、新ファームの追加機能とは?


MINOX DCC Lieica M3(5.0)

親譲りのギミックが楽しい名門ライカのトイデジカメ


FUUVI PICK

冷蔵庫にもくっつく!動画撮影も可能な小型トイデジカメ


Polaroid a200

内蔵メモリオンリーのポラロイド製200万画素機


MyCA DC-500A

今は亡きシーグランド社の500万画素機


Groovy EMDC-113

グルービーな300万画素トイデジカメ


ViviCam8027(旧ファーム)

クラシカルなトイデジカメの初期ファームウェアの能力は?


VistaQuest VQ5015

多くのOEM機が存在する300万画素トイデジカメ


Voigtlander Vitoret RM6.0

ビビッドモードを搭載した独フォクトレンダー製のコンデジ


ポケデジ SQ30m

光沢ボディが美しいSQ28m後継機


FS-MD200

モーションセンサー搭載の超小型トイデジカメ


Xiaostyle TDG-501

根強い人気を誇るトミー製の真正トイデジカメ


VistaQuest VQ7228

青み掛かった独特な発色のビビッドモードを搭載


MINI DIGI GH-TCAM30

一眼ライクなデザインの30万画素機


EXEMODE DC318

フェイスプレート交換可能な着せ替えトイデジカメ


VistaQuest VQ1015 R2

ファームウェア交換で複数のシャッター速度やカラーモードに対応


ダイソー カメラくん

100円ショップで売られていた正真正銘のトイカメラ


NHJ 400万画素デジカメ

NHJの忘れ形見の「名無し」のデジカメ


EXEMODE DC132

Exifに「SQ Tech」を冠するVQ10X5の兄弟機?


ポケデジ SQ28m

ほぼ真四角な写真が撮れる小型トイデジカメ


Genius G-Shot P5143

ビビッドモード搭載の隠れた「天才」


大人の科学 二眼レフ

懐かしいのに新しい、組立て式の35mm二眼レフカメラ


YASHICA EZ F521

デジタルフィルタが充実したクラシックなトイデジカメ


AGFA sensor 505-D

真っ赤なシャッターボタンの独アグファフォト製トイデジ


KingOcean Z520

RGB調整機能と4種類のゲーム機能を搭載


VistaQuest VQ3007

まん丸ボディと青被り気味の発色が特徴


Polaroid a520

未だ根強いファンを持つ旧日本ポラロイド社の名機


VistaQuest VQ1015 ENTRY

ファームウェア交換が楽しいVQ1005後継機


VistaQuest VQ5090

ビビッドモードを搭載し、防水ハウジングにも対応した500万画素機


VQ2000

赤青黄色の小さなボディにCSTN液晶を搭載


VQ1005 (2008年型)

ビスタクエスト製定番トイデジカメの2008年モデル


プロフィール

FOX

不肖写真サイト"Stroller"を数年ぶりに再開いたしました。セカンドシーズン突入です。少数精鋭の選りすぐりの写真とはいきませんが、右のポッケにトイデジカメ、左のポッケに乾電池をつめこんで、何てことない日常の中でも気軽に撮影を楽しみながら、ゆったりまったりと続けていきます。(FOX)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。